20707021 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

やめるときも、すこ… New! はまゆう315さん

初めてのエール>『… New! ひじゅにさん

志村けんさん死去、… New! ショコラ425さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

緊急~ビックリ情報… New! 鹿児島UFOさん

訃報 志村けんさん… New! クルマでEco!さん

不要不急の外出はや… 俵のねずみさん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2008年01月31日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
鹿に印をつけられた次の朝。
鏡で自分の顔を見た小川孝信は愕然とする。
そこにいたのは『鹿』
藤原たちには見えないらしく、自分にだけ見える『鹿』
悩んだあげく、『しゃべる鹿』に元に戻して欲しいと。
逆に、『サンカク』を『鼠』から取り戻せと言われるのだった。
そして、小川は鹿から、
60年ごとに行われる儀式のことや、300年前の富士山の噴火のことを聞き、
ようやく『自体』を理解した小川。
しかし重要なサンカクは、奈良女学館を含む姉妹校で行われる大和杯。
そこで行われる剣道部の優勝プレート。
校長や、京都の長岡から、サンカクの在処を聞くと。
大阪の南場が修理するため持ち帰ったと言われる。
優勝なんて不可能な状態の奈良の剣道部。
仕方なく、小川は大阪に乗り込み、奪い返そうと。。。。







今回は、すべての謎が明かされた。

そんな感じか。
60年ごとに、狐、鹿、鼠が
『目』をつかってナマズを封じる儀式が行われる。

それにより、地震などの災厄が免れる。
だが、今までも、鼠の行いで
富士山が噴火したことなどがあり、
狐、鹿にとっては嫌われ者。

そんな鼠から、重要な『目』を取り戻さなければ

大変なことが起きる!!!!!!!!!!


そんなところだ。
まぁ、細かい部分は別として、理解しやすいネタですね。
一部、関東での出来事を入れて、
『神』が不在の時に起きた事件を入れるなど、
信憑性を増す言葉もありましたし。

面白いのが、『八百万の神』という言葉を
OPアタリで軽く触れるだけなのに、
『眷属』(いわゆる『神の使い』まぁ一種の『神』です。)
という言葉は、かーるく藤原から述べられたりとか。。

意外とセリフの細かいところにネタを仕込んでいますよね。
ただ、、、何度も『大阪の鼠の話』を繰り返すのは、
どうかと思いますがね。。。。時間稼ぎだな


でも
ファンタジーというか、
こう言った分かりにくいことを『天変地異』などの『事象』と重ねて
分かり易く、面白く。

ドラマの中の『オモシロさ』がやっと分かった感じです。

最後の、堀田イトの登場は、
突然すぎるが、突然だからこそ『意味』があるのだろう。
剣道部が優勝するかどうかと言う、そんな事だけじゃなく。
物語の『本質』である『第1話の頭』にあったあの部分。
そんなところに関わりのあるお話になるのだろう。




ただし。
ドラマとしては、『藤原に熱く語る小川』
と言う部分だけが目を引いたドラマのような部分

あとは、、、、、、有っても無くても良いようなお話

そこがね。。。
ネタフリなどは、私のような人は大好きなモノだから!!!
許容範囲なのだが。


ドラマとしては、若干ダラダラした感じがあったのは事実。

『鹿がしゃべる』などと言うことをやったり、
『第1話』などでは、オバカなことをやっていたんだから
せめて『サンカク探し』で、もっとオバカをやって欲しかったところだ。

どうも、『オモシロ』が空回りしている感じがする。

真実を語るのは良いことだし、ネタバレも良いこと
でも、ドラマで、もう少し盛り上げを作って欲しかったです

ネタが面白いのと、ドラマが面白いのとは
『別物』ですから!!!

『奇跡??オレの人生の中で最も関わりのない言葉』
でしょ??????
だったら、もっと遊ばなきゃ!!!





これまでの感想

第2話 第1話 






最終更新日  2008年02月01日 17時55分29秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.