19454341 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

サギデカ  第2話… New! はまゆう315さん

体に良い話 今日教え… New! 俵のねずみさん

大摩邇さん 転載です… New! 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「アナベル … New! BROOKさん

パーソナルモビリテ… New! クルマでEco!さん

ネタバレ【なつぞら】最… ショコラ425さん

家政婦>『なつぞら… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2008年04月12日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『許さねえ』

内容
北町奉行・遠山金四郎(柴田恭兵)の秘蔵っ子といわれる
吟味方与力・藤堂逸馬(福士誠治)は、
親友で、評定所勤めの武田信三郎(斉藤工)とともに寺子屋・一風堂にいた。
そこに逃げ込んでくる1人の男・伊三次(半海一晃)。
追いかけてきた南町定町廻り同心・黒岩辰兵衛(嶋田久作)によると、
大盗賊・葛籠の半蔵を殺したのだという。
逸馬は、『やっていない』という伊三次の言葉を信じ、
北町奉行所に独断で持ち帰ってしまうのだった。
当然のように、遠山の元には、
南町奉行・鳥居耀蔵(片岡鶴太郎)から抗議が届く。
そんな中、取り調べをはじめた逸馬だったが、
伊三次は供述を翻し、自分がやったと言い始めるのだった。
遠山は、それとなく逸馬に助け船を出し、
調べていくウチに、伊左次の娘(星井七瀬)の存在に気付いた真犯人が、
伊三次を脅していたことにたどり着く。
そしてその真犯人は。。。。。。。
(敬称略)


公式HP
http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/otokomae/


ここ数年移動し続けてきたNHKの時代劇枠。
ついに、土曜日になっちゃいました。

そのうえ、30分枠に短縮!!

なのに、クオリティは、ほぼ変わらず。
それどころか、
30分とは思えないほどの、ネタの詳細さ!!

時間の経過が早いです!!


見終わったあとの、第一印象は。

人物紹介をこれだけしておきながら、
良くもまぁ、これだけのドラマを描くことができたと
本当に感心するばかりです!!!!


素晴らしい!


その言葉に尽きるかもしれません。





ざっと言っちゃうと
結局のトコロ、遠山VS鳥居の戦いに巻き込まれている、
いや、自然と入ってしまっている、
元町人の正義感強い同心・藤堂逸馬の物語なのだ。

そんな風に書いてしまうと、
普通の時代劇なワケだ。


が!
今回のサブタイトル『許さねえ』とあるように、
明らかに、ターゲットが、若者向けにつくられている!!!

たとえば、
逸馬と信三郎の友情なんて、おもしろい部分だし。
あまり目立たない2人の奉行も、ナイスな演出。
それでいて、結果的に奉行の関係が分かるのだ。

また、展開の早さは、30分というのもあるが
それ以上に、作り込まれたテンポの早さが存在する。
詳細なネタフリなんて、ドラマの展開に織り込んでいるのだから
違和感を感じさせません。

そして、、時代劇と言えば『殺陣』
今回は、特に刀を使いませんでしたが、
逸馬、信三郎ともに、良い感じの画面割で
魅せる演出も施されている。

秀逸なのは、音楽だ。
まさに『時代劇』という感じなのに、現代風。

そんななかに、
普通のドラマにある、ちょっとしたオモシロや人情話を入れているのだから

その作り込みのスゴサが分かるだけでなく、
本当に楽しく、おもしろい、

『痛快時代劇』

に仕上がっている!

最終的にアッサリだけど、遠山裁きってのも、ナイス!



NHKとしては、かなり挑戦的とも言える時代劇だが、
本当におもしろい!

時代劇好きだけでなく、
今まで『時代劇?』と敬遠していた人にも
十分に楽しめるドラマとなっている。


次回が楽しみです。



ちなみに、、、、最後にヒトコト
現時点で、今期最高傑作かもしれませんね
リアルタイムに切り替えようかなぁ。。。。







最終更新日  2008年04月13日 01時19分23秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.