19979581 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

おっさんずラブ in … New! はまゆう315さん

金運万倍カレンダー … New! クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

秋ドラマ最終回予定… ショコラ425さん

離しません>『スカ… ひじゅにさん

今日の収穫(ブルー… BROOKさん

その2)映画「蘇生2… 鹿児島UFOさん

おすすめいくつか 俵のねずみさん

ONE TEAM YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2008年04月16日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
司法修習を終えたばかりの新米弁護士・堂本灯。
憧れの女弁護士のいる、
大手弁護士事務所・エムザ法律事務所に入所する。
そして、弱者救済を夢みてプロボノセクションと呼ばれる、
『公共の利益のための社会奉仕』をメインとする部署に配属される。
が、、初日。
先輩弁護士、セクションリーダー杉崎忠志は、
仕事をする感じでもなく。
灯に命じたのは、『大量にある弁護依頼を断れ!』
疑問を感じ、反発した灯は、
やってみればと言うことで、離婚相談をすることに。
が、
数日後。『現実』を知ることになる。
世間の常識と、法律の常識の違いを。。。。


公式HP
http://www.ntv.co.jp/hokaben/





あ!続き物なんですね!

こんな事に、驚いた私です。
いや、、、

今回の事件を放置したまま、終わっちゃうんじゃないかと
本気で心配しましたので(^_^)b

それについては、後述



さて。
今回は、人物紹介も、そこそこに。
夢を見て弁護士になった女性弁護士が、
いざやってみると、そこにある現実。
甘くはなかった。。。
が、それ以上に、
処置の誤りで、クライアントが事件を引き起こすというおまけ付き!

夢どころか、究極の挫折を味わった。。


っていう感じだろうか。



お話とネタ自体は、結構おもしろく、
展開自体も、良い感じだった。


ただなぁ。。
『はじめに事件ありき』『挫折ありき』
で、物語が進むため、
灯と依頼者との会話もすくめて、

灯の希望、、、いや、、妄想のようなモノしか見えていません。


どうもねぇ。
たしかに、事件は大切だし、会話は大切なのだ。
でもね。

たとえ新人とは言え、
もう少し詳細な会話をさせないと!!!
いくら何でも、話を聞かなさすぎにしか見えない。

結局出たのは、クライアントの名前、娘の名前
それくらい。。。
あとで詳細を聞こうと思っていた。
とも言えますが、

こんな状態で、どれだけ灯が夢を見ても、
弁護士モノ、裁判モノとしては
中途半端な印象をぬぐえません!

『離婚したい』だけですからね。。

それで、、事件発生!


『夢』を見るのは良いのです。
走り回ったり、挫折したりするのも良い。

他の弁護士の仕事の話などを入れるくらいならば、
せめて、メインの事件くらい、
詳細に描かないと!


いや、、ハッキリ言おう。
他の弁護士、必要なし!!


所長だけで十分である。

で、、いきなり、DVって。。。

これって、テンポが良いと言うよりも、
中途半端に話を進めているだけですよ!



最終的に、良い感じの盛り上がりを見せていただけに
本当にもったいないことをしています。









法律に、必ずなんかないんだよ
法律が弱者を守ることなんかない


世間の常識と、法律の常識は違う


優秀な弁護士にかかれば、母親だって監禁罪が成立する


法律は武器なんだよ
人が人のために作った、
強力で都合の良い武器なんだよ
弁護士はその武器を使って、戦う


池上享子が求めているのは同情じゃない。
勝つことだ。


っていう感じで、描き込んでいるんだけどね。
こう言うのも、バラバラにし過ぎちゃって、
間延び感と中途半端さに
繋がっていますよね。

もったいないことを。。。。






最終更新日  2008年04月16日 23時29分16秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.