19644644 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

HERO 第2シリーズ… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

来年の鳴尾浜にワク… New! YOSHIYU機さん

【スカーレット】第4… New! ショコラ425さん

ムニー専用 ドリンク… New! クルマでEco!さん

いろいろの巻 New! 俵のねずみさん

引き抜き>『スカー… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (10… New! BROOKさん

失われた20年? 先進… 鹿児島UFOさん

制作中です シュージローさん

2008年04月27日
XML
内容
捕虜となった、黒の騎士団の処刑宣言を行ったギルフォード。
救出作戦を決行しようとする中
ルルーシュは、ロロと出会ってしまう。
ロロもまたギアス能力者。
そこで、ロロに取引を持ちかけるのだった。
そして、、処刑の時間。
C.C.、カレンたち黒の騎士団は
中華連邦総領事館の星刻により、足止め。
ロロによる監視の中、
孤立無援のゼロは、処刑場の前に姿を現す。。




ギルフォード『奇跡を起こそうとしないゼロならば
    民衆の支持は得られない

まさに、その通りに奇跡を発生させた。
それはギアスとルルーシュが、
やっと一体化したお話でした。



ルルーシュの張り巡らされた策略と
ギアスを使わなくても
人の心を利用できる能力。

そして、、、実行力。


孤立無援とはいえ、
完全に、状況を把握した上での作戦だった。


おもしろいのは、
租界の地盤の崩壊もであるが、
それ以上に、

中華連邦を利用したことだろう。

そこにある治外法権領域。
もしもがあれば大戦争勃発となるため

いくらギルフォードとはいえど、
それ以上の行動を起こすことは出来ない

星刻による高亥の始末という
かなり意外なものもあったが、

これらのことも含めて、
独立宣言に『政治』が絡み始めたのは、
かなり面白いポイントであろう。

中華連邦というものを前作以上に組み込みそうな今回だからこそ、
今回の救出作戦は、いろいろな意味でおもしろい作戦でした
ネタフリと言うことを考えても、
これから楽しそうな展開が期待できそうです




そしてロロ。。
『お前が弟だからだ
 植え付けられた記憶だったとしても
 お前と過ごした時間にウソはなかった
 最初からブリタニアにはやすらぎはなかったんだ
 お前の居場所はココにある

とギアスを用いずに、ロロの懐柔に成功したルルーシュ。

『時を止める』と言うことではなく
『体感時間を遅らせる』ということだそうで、
この事も含めて、

これからおもしろそうなネタの登場を期待させます。




まぁ救出作戦はともかく。
わたし的にポイントは2つ。

その1
ヴィレッタ『扇要、これでおわりになる
 どうもこの事も、これから重要になりそうですね。
 ルルーシュの言葉を借りるならば
 記憶がもどっても『過ごした時間にウソはない』
 ですからね(^_^)b

その2
ギルフォードが
コーネリアが生きていることを口にしたこと。
 もしかしたら、皇帝がどうとか、言う前に。
 この存在が、この先、大きな意味があるのかも知れませんね。
 本当の意味で、独立などに関わってくる
 サプライズ的な要素の可能性が高いですね。
 個人的にも、嬉しい限りです。



と、、、
30分に、良くもまぁ、これだけのこと詰めこんだものです。
そして、上手くまとめ上げた。

前回、アレだけネタフリしているのにね。。。。
ホント、驚いてしまいました!!


これまでの感想
第3話 第2話 第1話







最終更新日  2008年04月27日 17時47分37秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.