19612049 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

ラグビーワールドカ… New! クルマでEco!さん

結婚できない男  … New! はまゆう315さん

聖徳太子-番外編 そ… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ビバ!大阪新生活>… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (10月1… New! BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

長かった一週間 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2008年05月03日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
南町の奉行・鳥居耀蔵にはめられた、藤堂逸馬!
首謀者となってしまうのだった。
それもこれもすべて、遠山金四郎をおとしいれるための罠。

白州に出された逸馬、仙人そして百姓たち。
そのとき、北町奉行・遠山の使いとして信三郎が現れる。
その側らには、ニセ長尾半兵衛すなわち、
鳥居耀蔵の家来・中西嘉平がいた。
首謀者が、長尾であるため、逸馬と仙人は解放される。
が、本物の長尾が、脱獄中。
それでは、百姓を解放できぬと。
そこで、仙人が、逸馬の切腹を条件に
本物探しを提案するのだった。
覚悟を決めた、逸馬!





前回のお話の結末ですね。

長尾が出頭すれば、百姓は救われる
だが、長尾は牢抜けをしているため、死罪。

その葛藤の中、長尾は決断する

『わしの首ひとつで、大勢の百姓の命が救われるなら
 喜んで差しだそう。


まぁ、基本的に、その部分だけなのだが。

というのも
今回は、あまり逸馬と信三郎が暴れてないんですよね。
目立ったのは、
お白州に颯爽と登場した信三郎くらい。

そこがね、、
主人公としては、どうか?

と言う疑問は少しあります。

ですが、
それを補って余るくらいの面白さ。

1人は、仙人、もう1人は、遠山である。

仙人と呼ばれる男は、
明らかに、聡明なのだが
これまで、ほぼ活躍がなかった。

しかし、今回。
鳥居耀蔵に、提案したり。
茜のことを気遣ったり


『本当に聡明だったこと』を表現した。

実は、、、藤村俊二さんということもあり、
結構微妙な演出だったんですよね。

なのに、今回
いきなり主役の座を、持って行った感じです。


そして、、もう1人の主役、遠山金四郎

逸馬たちの活躍がなかったので
最後は、
鳥居VS遠山

結構良い感じのやりとりで
最後には

自らのことを『妖怪』と呼び、覚悟せよという鳥居
それに対する遠山が、『物の怪の類は信じぬ』

完全に、2人でまとめ上げちゃいましたからね。
ココがなければ、
ナニを書いて良いか分からないくらいでした。

でも
ホント、この2人のやりとりがおもしろく、格好いいんですよね

鳥居『片岡鶴太郎さん』vs遠山『柴田恭兵さん』


見ていると、徐々に
逸馬たちのことよりも、この2人の方に目が行ってしまっていますよ!




それぞれのキャラを上手く使い
結構おもしろいお話でした。

1時間を、通して見れば、もっと面白かったかも知れませんね。
そこだけが、少し残念な部分です。

まぁ30分だから、仕方なし。


これまでの感想
第3回 第2回 第1回 






最終更新日  2008年05月03日 18時01分23秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.