20521701 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

絶対零度  未然犯… New! はまゆう315さん

映画「AI崩壊」の感… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

スペシャル・サニー… New! ひじゅにさん

冬ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

劇場鑑賞「スマホを… BROOKさん

宮本浩次 SONGS クルマでEco!さん

帰ってきました! 俵のねずみさん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2008年05月17日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『転機』

内容
谷口が、マネージャとなった営業所。
そんなとき、本社から
店頭専門のセールス要員、カーコンパニオンが配属されてくる。
その女性・幸田留美子(浅見れいなさん)は、笑顔で成績を勝ち取っていく。
谷口は、幸田の教育係をしていたこともあり
徐々に、惹かれていくのだった。
しかし営業所で、幸田が、顧客の男性と付き合っているのを見て
谷口は、辞めておくように言うのだが。
幸田は、開き直るだけでなく。
顧客の横山まで、『たかがセールスマン』と。
そのトラブルは本社に伝わることとなり、降格。
が、谷口は、自ら辞表を出すのだった。

そんななか、所長が本社に帰る替わりにトップセールスの久子が、
所長となると思われたが。。。。。





ま、、それぞれの転機ですね。
一応、メインは久子なのだが
正確には『ミヤケモータース城南営業所by岡野所長』

でしょうか。

谷口のことは、事故のようなモノだが
それをきっかけにして、晴美もいなくなったわけだ
いや、、、
崩壊は、岡野所長の死により始まっていたと言うべきか。


谷口が辞め、晴美も辞めた。
営業所の扱いも『女だから』と言うことで、ひどい。

ッてことで、転職を決意!!!!

谷口(鈴木一真さん)と晴美(佐藤仁美さん)の別れのシーンなんて、。
今回、大げんかしているからこそ。

本当に良い感じのシーンでした。

また、、、ラストの『久子の果たし状』も
久子らしくて、これからのことを彷彿とさせ
ホント面白い。

当時の女性の立場、そして扱いなど
かなり良い感じで表現され、ほんと『久子が主人公』という感じですよね



そんなお話でした。


実は今回、それだけではない。
久子の友人たちも、次々と転機が。。。

柴田夫妻、大森、高村。

『時代の流れ』とでも言うべきモノだろうが、

今まで以上に
デトロイトのことや、日本車のことを出すことで
『時代』を感じさせた。



で。ココで気付いたわけです。私。

ほんと
ドラマの中で、完全に『無駄』な役割なんですよね。
『久子の友人の物語』って。
特に、今回なんて、ほぼリンク無し。

営業所の人たちの方が。
人間関係だけでなく、感情も詳細に描いています。

もちろん、久子が主人公なのだから、当たり前だ。


で、、、私が気付いたこと。
『無駄な友人の物語』=『時代』ですね。

そう!
劇中に流れる『ニュース』をドラマにしているだけなのだ。

たしかに、
このドラマにとって『時代』は必要なモノである。

でもね。
主人公のことを考えれば、
今回のような『まったくリンク無しのお話』になるならば、
ほんと、、、時間の無駄なんですよね。


いや、わかるんですよ。
でも。。。。『それなら、ニュース、ナレ、必要ないんじゃ?』


あと数回で、このドラマ終わりですが。
『この友人たちの話』。。。。どうするつもりなんだろう。。。。


メインのドラマが、本当の面白いだけに、
いまだに、納得出来ない友人物語です。



これまでの感想

第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2008年05月17日 19時11分21秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.