19458984 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

おしん  第145話 New! はまゆう315さん

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

林部智史 5thシング… New! クルマでEco!さん

体に良い話 今日教え… New! 俵のねずみさん

大摩邇さん 転載です… New! 鹿児島UFOさん

ネタバレ【なつぞら】最… ショコラ425さん

家政婦>『なつぞら… ひじゅにさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2008年06月08日
XML
カテゴリ:映画感想
『太陽が消えてから、
 周辺が暗くなるまでのほんの僅かな時間、
 それがマジックアワー』



内容
守加護の街を牛耳るマフィアのボス・手塩(西田敏行)。
その手塩の女・マリ(深津絵里)といい仲になってしまった備後(妻夫木聡)。
それがボスにバレ、殺されそうになったとき、
備後はふと口にした。
『伝説の殺し屋・デラ富樫を知っている』と。
五日後までに連れてくれば、命が助かる!!と言う条件だったが。
期日が迫っても、そんな人物知るわけもなく途方に暮れる。
そんなとき、ふと気付く、守加護の町並み。
まるで、映画のセットのような光景を見て、ひらめくのだった。
誰も知らないような三流役者を殺し屋に仕立てることを!!!!

そのころ
がんばっても、端役や、代役しか仕事がない村田大樹(佐藤浩市)
しがない三流役者。
有名俳優からは、こき使われる毎日。
でも、夢はあった。昔見たギャング映画の主人公のような男を演じてみたい。
そんなとき、映画監督と名乗る男がやってくる。
村田の映画を観たことがあり、どうしても映画を撮りたいというのだった。
はじめは、男の態度に不信感を覚えていたが、
今やっている仕事が、自分の演技が出来るわけでもなく。どうも面白くない。
そこで、その映画監督と名乗る男の映画出演を決め、
男と供に、まるでセットのような街・守加護へと向かう。

設定はもちろん、伝説の殺し屋・デラ富樫。


命をかけた備後の一世一代の大芝居が始まる!
はずだった。。。。。。


敬称略




脚本と監督は、三谷幸喜さん

当然のことながら、隅々に至るまで、三谷ワールドです。


独特のテンポとセリフ回しは、当然のことですが
最も面白いのは、
この映画の設定でしょうね。

本物のギャングの世界に、それを知らない俳優がギャングとして入っていく。
自分は殺し屋だと、演じきる。
ギャングのボスも、俳優であると。.....

そのアタリの雰囲気が、かなり絶妙で。
緊張感とオモシロが、抜群のバランスで成り立っています。

恐るべきは、やはり、佐藤浩市さん。
いろいろな番宣でも言っておられましたが、

猟奇的な顔は、そういう顔。
次の瞬間。映画と思っているから『カット』の声で
瞬時に、別の顔に変化する。

本物の俳優さんですよね(^_^)b

そのコントラストのメリハリが、ほんとにスゴイです。

彫りの深い顔というメリットでありデメリットであるそれを、
隅々まで顔を動かしておられます。

ものすごい俳優さんですよね。。


その演技力もあり、
映画開始から、ラストまで、爆笑の連続です。

最終的な、『まるで映画のようなオチ』なんか。。。。
老若男女問わず、大笑いすること請け合いです。


まぁサスガに
コメディ映画ですので、その部分の好みって言うのはありますが
それでも、万人が楽しめるエンターテインメントであることは、
確かでしょう。








最終更新日  2008年06月08日 16時22分02秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.