20299616 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

駐在刑事2 第1話… New! はまゆう315さん

穴窯を作ろう>『ス… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「キャッツ」 New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

明日1月25日(土曜) … New! 鹿児島UFOさん

冬ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

今日はいろんなこと… 俵のねずみさん

大坂なおみ 2回戦突… クルマでEco!さん

マルテ>糸井>福留… YOSHIYU機さん

2020年謹賀新年 鉱泉さん

2008年06月28日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『ヤンクミ最後の涙の叫び…命を大切にしろ!!』

内容
もうすぐ夏休み
夏休み前の期末テストで赤点なら、補習授業!
猿渡教頭が、決めたことだった。
そんなある日のこと。
郷田隆二(松田悟志)が、路地から飛び出してくるのに遭遇する、
廉(三浦春馬)、大和(高木雄也)たたち。
数日後、警察の話から、
白金町で発生した強盗事件容疑者であることが判明する。
その目撃情報を刑事たちに話すのだった。
しかし、そのことを知った郷田たちは、
ヤンクミを学校外に誘い出している間に、赤銅学院を襲撃する!!
メチャクチャになった、赤銅。そして3Dの教室。
仕返しを口々に叫ぶがヤンクミは、無意味な争いはするなと。
だが、郷田たちの執拗な好機は止まない。
廉、大和たちに、仲間になれば見逃すというが、
断ると、連れて行かれた倉庫でリンチ。
そのさなか、崩れてきた資材の下敷きになってしまう廉。。。。。

そして意識不明の廉。
3Dの生徒たちは、郷田に報復を!と病院を飛び出していくのだった。




敬称略




というわけで、
今回は、『ごくせんらしく』、乱闘三昧です。



いろいろあって、今回は、郷田の復讐戦

本日の殺陣は、、、ちょっと、スピード感がありませんよね。。
そこはかなり気になりますが。..


『お前は気に入らないモノ、ぶち壊して生きていくつもりか
 お前がそうやってぶっ壊してんのは
 お前自身の人生なんだぞ
 誰だって過去は変えられない
 けど、未来は変えられるんだよ

 私は、お前たちに、どんなに失敗しても
 間違ってもやり直せると、言ってきた
 でもな、やり直せないことが、たった1つだけある
 命だ

 風間の命も、お前たちの命も、郷田、お前の命も
 同じだけの重さがあるんだよ
 こんなくだらない争いで、消えても良い命なんて、1つもねえんだよ
 
 お前も、歯食いしばって、前向いて生きろ』

郷田『未来は、変えられるんだよな
ヤンクミ『ああ、変えられる


というわけです。

すべてが終わりかと思ったら


今さら、集団乱闘事件でマスコミを騒がすってのもねぇ。。。

だって、
今までだって、アレだけ乱闘してたのに!!!

この部分は、無視なのでしょうか???




あとは、、、
最終回の定番、ヤンクミの『お言葉』です

『退学して責任とったつもりになるなら大間違い
 おめえらは、まだ自分で責任もとれねえ様な未熟者だ
 けどな、それがいけないわけじゃない
 これからいろんなコト学んで一人前に成長していけばいいんだよ
 途中で投げ出したり、あきらめたり
 感情を爆発させたり、人を傷つけたりしないで
 どんなに苦しくても辛くても
 踏ん張って前見て生きていけばいいんだよ
 
 私はどうなっても構いません
 ですが、生徒たちは切り捨てないでやってください。
 こいつらは、まだまだ、学ばなきゃいけないことが
 山ほどあるんです
 これから、いろんなコト学んで、少しずつでも変われるんです
 こいつらが真っ直ぐ歩いていけるように
 どうか、力を貸してやってください』



2週間の停学
赤城理事長『しっかりと、悔いて反省してください

ヤンクミ『私の処分は?
猿渡教頭『あなたが辞めたら、誰が彼らの指導をするんですか
   卒業するまで見届けるのが、あなたの責任です。
   ヤツらがあんな風に笑うのは初めて見ました
   『人は変われる』
   ウソじゃないのかも知れませんね


と、、、それなりに良い感じ。

最後は、、、
卒業式ではないけど『贈る言葉』

これからの長い人生
苦しいことや辛いことがあって
何度もつまずいたり、転んだりするかも知れない
けど何度つまずこうが、転ぼうが
何度でもたちあがりゃ、いいんだ

お前らのそばには、支えてくれる仲間と、私がいるんだからな






と言うわけで
いつもよりも、大幅延長の今回。

前回までと違うのは
変わったのは、マスコミ大騒ぎ。。だけかな。

後は定番。
別に言うことなし。
クマ公も、上手く利用して、ヤンクミに知らせてたしね(^_^)b


とはいえ、、、気になる部分が1つ。
廉が気がついたとき。
薫子『先生呼んできます

。。。。それ、、本当なら、肉親じゃない、ヤンクミの仕事じゃ?



ま、いいです



あーだ、こーだと書いていますが、
『責任』『命』と、2つのテーマを描いた感じでしょうか。

この番組的にはベタな流れですが、
普通に面白かったです。あくまでも、普通です。


ただ、、気になるのは
乱闘、乱闘、また乱闘で。
ずっとヤンクミが走ってばかりだったコト!!

場面転換の違和感はありませんが、
ココまで走られてしまうと、

見ていて、疲れてしまいました。。。




とはいえ、まとまった最終回だったと思います


で、、、映画ですか?SPですか?
わたし的には、
これまでのシリーズとは違う『オチ』となったので、

09年1月期に、連ドラが一番いいですけどね(^_^)b
そして『卒業』『就職』に、真っ向勝負!!です。




ドラマ全般を考えて。
過去に2度もやっていますので、
特に、目新しいことはなく。
ある意味『定番行為』ばかり。
そこを、『面白い』と捉えるか、
『同じネタ』と捉えるかの違いだけでしょう。

とはいえ、
一部の演出さえ気にしなければ、
ある程度の安心感で見ることが出来るドラマあるのは確か。

ただし、、どうしても納得出来ないことも多々ある。
その1番手は、やはり『同じネタ』なのだ。

そろそろ『目新しいこと』をやってみてはどうですか?
犯罪、殺陣、などを無くしてしまうお話があってもいいと思いますけどね。
そこだけかな。。不満点は。
ッてか、、このドラマの基本をぶっ壊す行為ですけどね。



これまでの感想

第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2008年06月28日 22時41分55秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.