19625594 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

実名が報道されない… New! クルマでEco!さん

相棒18  第2話 New! はまゆう315さん

変容シンロの波に乗… New! 鹿児島UFOさん

対戦相手>『スカー… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

初めての海ほたる 俵のねずみさん

今日の収穫 (10月1… BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2008年07月12日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『アニキは元暴走族!妹を守る…それが俺の正義だ!!』

内容
普通の女子高生の沖ヤスコ(多部未華子)には、兄がいた。
態度、声、背の高さ。。。
何もかもがデカイ、妹溺愛の兄・沖ケンジ(松岡昌宏)。
ヤスコにとっては、ただただウザイだけの兄。
10年前両親を亡くしてからは、なんでも干渉してくる兄。。
でも、そのケンジには秘密があった。。。
奇妙な同居人が2人。
それは、元暴走族総長だったケンジの舎弟
モス(内山信二)、アジダス(渡部豪太)の2人をアシスタントにして、、

ケンジは、売れっ子少女漫画家『桜葉れいか』だったのだ!!!

もちろん、正体不明。..未公表.


そんな兄に干渉される日々を送るヤスコ。
ある日の登校中、イケメンの少年と出会う。
学校に行って、分かるヤスコ。
イケメン男子は、特Aクラスの転校生・椿純(大倉忠義)だった!!
高嶺の花と言うこともあり、一目惚れのヤスコ。。。
そんなことがあった学校の帰り、
気になっていた開店したばかりの花屋『つばきフラワー』の前で、
花を見ていたヤスコは、驚く。。。
そこは、、、純の家だった。。
姉・椿エリカ(広末涼子)と、10年ぶりに帰ってきたという。。
ヤスコは純から、一輪の花をもらい帰宅。

が、、、それを見て、ケンジは『恋』を感じ、
門限厳守の徹底を命じるのだった。


一方、、、沖ヤスコが花屋に来たとき驚いていた人物がひとり。
それは、、純の姉・椿エリカ。。。。
初恋の人とのケジメをつけるために、帰ってきたのだった。
その人は。。。。。


敬称略


公式HP
http://www.ntv.co.jp/yasuken/




まぁ、
悪いヤツらと、、、戦っているというのが、
どうもまぁ。。。

ここのところの『ドラマ界』の定番となってしまっているため、
マンネリ気味な印象を受けるが


キッチリと、
『妹想い』というのを前面に押し出し、
妹のためならなんでもする兄!!

と言う感じで、『愛』を表現しているため、
あれこれ言うよりも『スッキリした印象』であるのも確かだ


芯がしっかりしているのは、本当に大事です!


、、、毎回、ネタが同じになっちゃう可能性もありますが。
そこは、エリカという存在がいるため、
ひねりも利くかもしれませんね。


それはさておき。

ドラマ自体は、
今回は、人物紹介を兼ねながら、
『出逢い』『再会』を描いた。

兄が、少女漫画家というギャップもあり、
『優しさ』の表現にも使われるためか、

結構、良い感じのキャラ紹介。

それは、
エリカも同じ。
花屋、、と言うのもあるが
族の血が騒ぐときは、タンカを切るが、
ケンジの前では、基本的に『恋心』。

これもまた、良い感じのギャップである。


そして、、、最も楽しいのは、ヤスコである。。

サスガに、多部未華子さん!!
表情がいいですね。ほんと。

あれこれ、思い出すのは、無視するとして。

全力投球は、本当に好感が持てます。



また、もう1人忘れてはならない存在。山口紗弥加さん。
広末涼子さんとともに、

本当に、良い感じですよね。。。
この2人、本当に光っています(^。^)


さてさて。。。ドラマでした。

ドラマ自体はベタですが。

きっちりと、ウザイ兄を表現しながら。
最終的に。。。
これはもしかしたら『バチ』と。。。

『一人っ子の方が良かった~~

と叫んだためかと。...

『きっと、バチが当たったんだ。。。
 私、あいつのことが大好きだったのに。。
 なのに、わたし。。。。
 おにいちゃ~ん!

で、、、

颯爽と登場する、ケンジである。
あとは、、、
男の殺陣ですから、ま、、良い感じ。



ケンジ『オレをどんなに嫌ってもかまわねえ
   ハナから好かれようなんて思ってもねしな
   けどな
   何があってもお前だけは、絶対にオレが守る
   それが、オレの正義だ

ヤスコ『おにいちゃん。ごめん

ケンジ『いいか、小僧
   ヤスコを守れねえんなら、近づくんじゃねえ

くさいけど、、その後のエリカ登場も含めて

良い感じだったと思います。。


そこそこテンポも良かったし。
気軽に楽しめそうなので。。。ちょっと、安心かな。







最終更新日  2008年07月12日 22時39分27秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.