15579260 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

ちょっと残念なニュ… New! みやさとver.さん

【ご挨拶】贈答コン… New! 簡単支払さん

冷やしあめ『わろて… New! ひじゅにさん

AKB48「11月のアンク… New! BROOKさん

カラダにいい事 あ… New! 俵のねずみさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

民衆の敵  第5話 New! はまゆう315さん

綾の光時通信:人の… New! 鹿児島UFOさん

19年春NHK朝ドラ『夏… New! ショコラ425さん

吉木りさ VS 女… New! YOSHIYU機さん

ニューストピックス

2008年08月04日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『死なないで、お兄ちゃん・・・まさかの船上大手術!
 海の上で初めて明かされる熱血教師の過去』

内容
神谷理事長(小日向文世)は、
川辺英二(山本裕典)が、3年になってから急激に成績が落ちていると指摘する。
そこで、副担任の榎戸若葉(北川景子)と洋貴(岡田将生)、凛久(北乃きい)
3人は英二の家を訪ねる。。。
すると、家はメチャクチャで、あばれる結花、涼太、小雪の弟妹3人
英二の話で
母が病気で入院しているため、春からずっと独りで面倒見ていたことが判明する。
翌日、朔太郎(織田裕二)の授業中、結花、涼太が乱入してくる。
朔太郎は、子供2人から一番下の小雪が預けられたことを聞き出す。
そして2人も預けられるというのだ。。。。

その話を聞いてしまった朔太郎は、英二に問う
『1人で頑張ってた
 でも、つらいことだけだったか?
 今をいつか後悔することはないか??


敬称略


今回は、少し。感想が違います。。。。




『ありがとう』
『マハドゥ サニ』


そういうことで、良いの?かな。。。


実のところ。
結局、何がしたかったのかが、本当によく分かりません

『見落とし』があったのか??と
いくつかのポイントを再視聴。
そして、ついでに初めから、早送りで再確認。

英二のこと。。。。
若葉のこと。。。。

ほんとはどちらをしたかったのだろうか??
そして、、考えました!!


先ずは英二、

朔太郎『あの目は、お前を信じている目だ
   お前もあの子たちを信じろ
   自分を信じろ
   
   ひとりでがんばってんのは、おまえひとりじゃない

   お前みたいに勘張っている人は、世界には大勢いる
   1人1人だけど、1人じゃない
   1人1人離れてても、決して1人じゃない

と、、、弟妹たちとのことも、
結果は同じなのだが、納得の別れとなっている??

と言うことのようだ。
一応、若葉、洋貴、凛久、灯里、八朗も感動。。です。



だったら、、、若葉は??
母・杏花から、櫻井の過去を聞かされる。

以下、抜粋です。


地位も名誉も経歴もすべて投げ打って、教師になった

ありがとう。。。

ありがとうというと海を渡る魚になれた気がする
ありがとうというと空を飛ぶ鳥になれた気がする

それが勉強することなのか。。。とおもった。

アミーンは死んだ

僕は不幸だと言われる子供達を大勢知っています
だけどある意味、日本の子供達は今
世界中のどんな子供達よりも、哀れなのかもしれません


と、、何かを感じさせようとした母・杏花

それでも
事故が起きたとき、何もしないという若葉。

若葉『私は責任とりませんよ

朔太郎『責任は何かがあってからとるもんじゃない
   何かがおこる前に動くことだ。
   誰もやりたがらないことはあるよ
   だけど、誰もやらないことは
   誰かがやらなきゃいけないんだ。

と、、熱血です!

そして最後は。。。『ありがとう』につづく。





結局、考えてみれば、
『2つの異なる立場のテーマ』を繋げようとしているために、
不思議なドラマになってしまっているのだ。


ほんとは
前者の英二は、『1人じゃない』って諭したお話で。
後者の若葉は、過去を知って朔太郎に少し共感したお話


ということなのである。


広義で捉えれば
今回の事故処置からの朔太郎の言葉、行動は

『勉強』と考えられなくもない。
それは、生徒たちにとってだけでなく、若葉にとっても

だから『生徒たちに訴えかける朔太郎を見て感動』する若葉。
教師として共感する、、、朔太郎の意味を知る、、

と、言うことを、きっと表現しようとしていたのだ。

ほんとは、きっとそういうことなのである。



でも、ナゼ、そんな風に感じることができなかったのか???
である。


私は、最大の問題は、
最も盛り上がっている?部分であろう朔太郎の言葉における、
若葉の立場だったと思っている。

この映像を見ていて感じたのは、
『若葉も生徒と同じ立場』であり、
『教師として共感している立場』ではないということなのだ。

生徒と同じ立場で納得するのは良いのであるが
教師という立場の表現でない以上、

朔太郎から教えられた生徒としての納得なのか?
教師としての姿を見ての納得なのか?
と言う疑問が生まれ

たとえ『過去』を知っていたとしても、
最後の部分へ繋がった瞬間『教師』という立場になるのだから、

異なる立場を切り替えた若葉の表現が、違和感になってしまっているのだ。
杏花との会話では、反朔太郎の教師。
事故の件では、みんなと同じ。。。生徒
最後は、教師である。

確かに、その瞬間、朔太郎から学んだ生徒なんだけどね。。。
もう一カット必要だったろう。

もしも、納得する表現があったとすれば、
朔太郎の言葉に感動しても、教師であると言うこと
それは、『生徒を見ると言うこと』であろうから、
その事を強調すべきだったのである!!!

そうすれば、流れはスッキリし、
全体として『ドラマ』が成立するのである。


だからこそ、今回は、若葉を最初から前に出していたのだ!!


細かい部分は捨てておくとして。
お話は、悪くないと思いますけどね。。。。
どうもね。。。。

サプライズなコトばかりの積み重ねだけでも違和感があるのに。。。

俳優さんをアップにすれば、それで良いって言うことではないんですけどね。。

もう、、いいや。。



これまでの感想

第2話 第1話 






最終更新日  2008年08月04日 23時14分13秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.