19853489 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

世代交代>『スカー… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

同期のサクラ  第… New! はまゆう315さん

ホンダ・パワーユニ… New! クルマでEco!さん

新作映画「ターミネ… 鹿児島UFOさん

ドリス>ジョンソン… YOSHIYU機さん

おや?いつの間にか… 俵のねずみさん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2008年08月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『衝撃の夜~火花散らして
『負けたくない女はいませんか?

内容
満希子(寺島しのぶ)は娘・ゆかり(夏未エレナ)と
息子・明の家庭教師、大森基(崎本大海)との関係を疑いはじめる。
そんななか、詩文ネリとの食事の後、
偶然、大森と出会った満希子は、迫られ。。。。。そして、、
デートの誘いを受けるのだった。
翌日。。夫・武(渡辺いっけい)には美波をしのぶ会だとウソをつき、
デートに出かける満希子。
大森の積極性に圧倒されるも楽しいひととき。
そして、、告白をされるのだった。。。。。

そのころ、ネリ(高島礼子)は、詩文(永作博美)から
父・禮一郎(品川徹)の施設のことで相談にのっていたが、、、、
英児(勝地涼)のことは話さずにいた。
すでにネリにとっては英児のアパートを訪ね、
食事を作ることが日常になっていたからだった。
そんなある日のこと。
ネリはマンションに帰宅すると、部屋が荒らされていた。。
空き巣なのか?それとも、ネリを知る人間なのか??
不安の中、ネリは、英児に来てもらい。。。。
『今夜はココにいて』と。。。

そして、、詩文は、、、満希子が男といる姿を見たり。
ネリの変化に気付きながらも、
自分が生きることで精一杯だった。
父が通う歯医者・澤田(石黒賢)という男と出会ったが。。。。
そんななか、父・禮一郎を、施設へつれていく。。。。。
別れ際、父から。。。
『2人でする貧乏は耐えられるが
 1人でする貧乏は耐え難い
 イイヒトがいたら、一緒に生きることを考えた方が良いぞ




敬称略

↑7割くらい。。。。ですね。



とんでもないラストですね。。。。ほんと。。
次回予告から、分かっていたとはいえ。

徐々に『女』に変化していくネリ。満希子。

パートナーとなっている
英児、大森が、どこまで『本気』であるのかがよく分からないため、
そこの部分が、少し謎ではあるが。

これはこれで、
詩文がラブホでバイトを始めたというのもあり、
なかなか良い感じでオモシロ展開ですね。

3人の女性の間にはぶつかり合いはなかったが、
それぞれ『変化』しはじめているのは確かであり、

次のステップのためのお話だったと言えるだろう。


『女としての本能に目覚めていく』。..と言う感じだろうか。



今回、ドラマとして大きく動かすために
いつもとは違うことをしていましたね。

これまでは『メインの主人公』=『詩文』だったわけです。
だから詩文を中心としたドラマが描かれていた。

が、、今回は違います。
サブからメインに格上げの満希子とネリです。

その2人を詳細に描きながら、
『2人の友人が女へ変化する姿』を
詩文が見ているというカタチになっている

そのことにより、サブの話がメインとなるだけでなく
詩文自身にも影響を与えるという
面白いカタチになっている。

前回とは別ドラマを見ている印象であっても、
このカタチにより、
『主人公が3人である』と言うことが明確となった。と言えるだろう。

そのため
3人のドラマがハッキリしはじめ『次』へと繋がる。
面白いことをしていますね。。。

なんだか、納得感が出てきた印象です。




それにしても、
いまだにどこに向かっているのかがよく分かりませんが、
盛り上がってきた感じです!!



これまでの感想
第4話 第3話 第2話 第1話 








最終更新日  2008年08月07日 22時07分33秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.