19609030 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

470円で天国へ? 今… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ビバ!大阪新生活>… New! ひじゅにさん

今日は「なつぞら」… New! クルマでEco!さん

今日の収穫 (10月1… New! BROOKさん

シカゴ・メッド2 … New! はまゆう315さん

ラグビーW杯、日本、… New! ショコラ425さん

長かった一週間 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2008年08月16日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『元ヤン同士の純愛は傷だらけ!!』

内容
ある日のこと。
突然、椿純(大倉忠義)が訪ねてくる。
ヤスコ(多部未華子)は、大喜びだったが、よく聞くと。。。
目的は、兄・ケンジ(松岡昌宏)
『生き方を学ばせて欲しい』と言うことだった。
一瞬ショックのヤスコだったが、
予備校から帰れば、家には大好きな純がいる!!!
そんなヤスコ。
数日後、かおり(山口紗弥加)が、男性と親しくしているのを目撃する。
その男性は、商社マンのサトシ聡(宅間孝行)
実は、男運の悪いかおりは、銀行員とウソをついてまで、
必死に幸せを掴もうとしていた。
エリカ(広末涼子)は、それで良いのかと指摘するのだが。。。。
一方、アジダス(渡部豪太)も、純が見習いを始めて気が気でない。。
なのに、アジダスは、ケンジからは怒られてばかり。
辞めさせられるのでは。。。と言う不安感でいっぱいに。
そんな日の夜。かおりのデート現場を目的したアジダス。
元々幼なじみと言うこともあり、路上で口げんか。
そのうえ、アジダスは、
チンピラに絡まれ利き手の右手をケガしてしまうのだった。
翌日。
ケンジから怒られるだけでなく、編集の星川(櫻井淳子)からも怒られ。。。
その日、モス(内山信二)に愚痴をこぼしていると、
その店に、サトシが現れかおりが騙されていることを知ってしまう!!
かおりに注意しても、受け入れてもらえず、、、
アジダスは辞表を残し出て行ってしまうのだった。



敬称略




↑7割くらい。。。


今回は、かおりとアジダスの恋バナ。
そこに
アジダスへの『家族』としてのケンジの気持ちを描いた


そういうことのようです。



ま、、、あきらかに、サブキャラの話なのだが。
エリカにとっての、かおりという存在。
ケンジにとっての、アジダスという存在。

2人にとっては、家族同然。

エリカ『自分が好きな相手にウソついてごまかして。
  それで本当に幸せになれると思ってるの?
  かおりの良いところは素直で真っ直ぐなところだろ
  今のあなたはウジウジねじ曲がって、見てらんないんだよ

ひとりの『女』として、本当に良いのかと親身に思う姐さん。

そして、、ケンジもまた
本心では、何とかしてやりたいと思っていても。

ケンジ『それでもプロか』と
ケガした手を指摘する。。。
ハッキリ言わないのが、ケンジらしさ。。。。


そんな2人。
かおりは、男に騙され。
それを救おうと、プロとして迷惑をかけないために
仕事を辞めてまで、かおりを救おうとするアジダス。

ベタな展開ですが。
お互いに、『幼なじみ』であるという『ネタ』がありますので。

結構良い感じで、盛り上げて行っていると思います。

かおりにとっては
ウソをついてる男に対して、自分を出せるアジダス。

口げんかしてばかりでも、
本当はかおりのことが、大好きなアジダス。

それぞれの気持ちを上手く表現しているからこそ。
たとえ最後に
かおりと2人、ぼろぼろになったとしても。

良い感じの『愛』を描けていると思います。



最終的には、ケンジなんだけどね(笑)
モスもまた、良い感じ。

モス『バカ野郎、何心配かけてんだ
   総長に謝れ

ケンジ『俺から離れようなんざ、100年早ええわ
  いいか、オレは、てめえらバカども2人とオレの3人で
  初めて桜葉れいかだと思ってる
  てめえもオレの家族なんだよ  
  文句あんのか?この野郎


この姿を見たからこそ、『生き様』を感じ取った純が
次回予告のような行動に出るわけだし、
純『あの人たちにはかなわないよ。今のオレじゃ

と、存在の必要性に疑問もありましたが、
繋がりも見せて、良いオチだったと思います。

ネタフリも詳細だし、テンポも良かったし、
流れも、ほぼ完璧と思われるくらい作り込まれているのを感じましたし。
面白かったと思います


もうちょっと、と言うのもありますが。
特に、エリカとケンジ。


ですが
結局のトコロ、
ケンジVSエリカの代理戦争の雰囲気もありますよね。

途中のアジダスVSかおりのにらみ合いなんか、
完全に、コピー状態だし。

山口紗弥加さんの『ステキな感じ』からの、豹変なんて、
本当に良い感じでした。
もちろん、渡部豪太さんの松岡昌宏さんを写したような『顔芸』も
良い感じでした。


コピーになっているために、
物足りなさは、解消されている感じだ




おかげで。。。ヤスコ。。。存在感がほとんどありませんでしたけどね。

こういうお話もあるってことですね。
結構面白かったと思います


久々の、大暴れは、、、なんだか新鮮(苦笑)



これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2008年08月16日 22時12分25秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.