19456311 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

林部智史 5thシング… New! クルマでEco!さん

オトコマエ  第9… New! はまゆう315さん

体に良い話 今日教え… New! 俵のねずみさん

大摩邇さん 転載です… New! 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「アナベル … New! BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】最… ショコラ425さん

家政婦>『なつぞら… ひじゅにさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2008年09月27日
XML
カテゴリ:映画感想
内容
超天才発明家でもあり、実業家でもあるトニー・スターク
軍事企業スターク・インダストリーズのオーナーでもあった。
ある日。トニーは、親友でもある軍人ローディとともに
自らが開発した、
新型ミサイル兵器・ジェリコの披露のためにアフガニスタンを訪問。
大々的なデモンストレーションを行い、上々の感触を得るのだった。
が、、、その帰り、事件が発生する。
トニーが乗っていた軍用車が、ゲリラの襲撃を受け、
彼もまた、自社の兵器により傷つき、誘拐されてしまうのだった。

内容2
気がつくと、、トニーは、洞窟の様な暗い場所にいた。
そのうえ、胸には、謎の物体が埋め込まれている。
取り外そうとすると、1人の男が声をかけてくる。
心臓付近にある爆発物の破片を移動させないようにする装置だという。
その男・インセンもまた、誘拐監禁されている医師だった。
どうやら、命拾いしたことを知るトニー。
そこに、組織のリーダーと思われる男・ラザが現れ
様々な部品を集めてあるので、それから『ジェリコ』を製造するよう命じられる。
その部品、、いや武器、兵器には、『スターク・インダストリーズ』の刻印。
母国を守るため、愛国者気取りで
どこにも負けない兵器を作っていたのに。。。。敵の手中にも。。。。
衝撃を受けるトニー。。。。。
ジェリコを作らねば命はない。
そこで、トニーは、インセンの協力を得ながら、
隠れて1つの物体を生み出していくのだった!!!

内容3
仕事を始めて、すでに3ヶ月。
トニーの仕事の進み具合に不信感を抱いたラザは
明日までに作り上げろと期限を区切ってくる。。
そこで、最後の仕上げに入り始めたトニー。
翌日。。。。。
そこには、金属の鎧。。パワードスーツを着用し、、
自らの心臓の補助ともなっている『アーク・リアクター』を利用した、
トニー・スターク、、、その人がいた。
起動も最終段階に入るが、ラザの動きは速く
突如、部下達が部屋へ突入してくる。。。。
インセンは1人、命がけでトニーのために抵抗をし落命。。。
パワードスーツのトニーは、脱出に成功!!!
砂漠地帯に不要となったスーツを捨て、、、、救助。。。帰国を果たすのだった。

内容4
命がけの脱出。。。
そこにあった、自社の兵器。
トニーは記者会見を開く。。。。。発表されたのは、、
『兵器産業からの撤退』
腹心の部下オバディア・ステインは、反対。。。。。
ずっと身近にいた秘書ペッパー・ポッツも驚くしかなかった。。。。

そして、トニー・スタークは、会社をオバディアに任せ
自宅の研究室で密かにパワードスーツの開発をはじめる!!!

自社兵器により苦しんでいる人たちを助けるために。。。。




↑だいたい、、、5割くらい。


当然、、原作は、マーベルのアメコミだ。
先日上映されていた『インクレディブル・ハルク』のED付近にカメオ登場した
トニー・スターク。。。ロバート・ダウニーJR.さん、、、、が主人公。

このアタリは、、、『サスガ、マーベル!!』と言うべきでしょうね。


物語は、

簡単に言えば。

自分が作っていた兵器が、
自国の兵士を守るのではなく、、、傷つけ。。。
悪に渡り、、、多くの関係ない人たちを傷つけていた!!

と言うことに気付き、
自らが、ヒーローとなる!!


と言う感じのお話である。


この主人公。。重要なのは
他のアメコミヒーローとは違い、『特殊能力』が備わっているわけではないこと。

そう!
そこにこそ、このアイアンマンの特殊性と面白さが備わっている。

主人公は、『普通』なのだ。

彼は自分の行いを恥じ、そして悩み、、、改心する。
そして、、ヒーローたらんとするわけである。

だからこそ
『特殊能力』による不自然さはなく、
アメコミであるという偏見さえなければ、普通の物語として受け入れられるのだ。

このアタリ。。。
見ているほうに、1つの許容力の大小が求められる部分でもある。
でも

『理由』がハッキリし、そこから派生した『目的』がハッキリしているため
かなり分かり易く。。。気楽に楽しめる映画であるのも確かなのだ。

結局、、人間らしく、改心ですからね(^_^)b


その流れの中で誕生する『アイアンマン』

一方は、兵器の破壊のため。
もう一方は、兵器として。

こう言う部分もまた、アメコミ流の相反する『力』というモノを表現する
面白さの一端であろう。
実際、『力は使い方次第』というのは、
他の同じ系統の映画でも取り上げられている点でもある。


そして、、
やはり、見せ場は、、、アイアンマンVSアイアンマン(←わざとです)

そのドッグファイトも面白さの一部ではあるが、
わたし的には、その部分ではないと思っている。

メインはきっと、『アイアンマンの製造過程』だろう。
というのも、
そこにこそ、『オモシロ』としての、コミカルな面白さだけでなく、
トニー・スタークが必至になっている『意味』も表現されていると思いますから!

そのため、、、本来の見せ場は、
苦しんでいる人々を助けに行き、そして、アメリカの戦闘機との戦い!!!

私は、そう思っています!!

かなり良い感じで、アイアンマンの実力が発揮されているだけでなく、
そこにある、、トニーの心。
そして、、、戦闘機とは、、、対決というより、
機能がどれだけ凄いかの表現と言えるだろう。

だから、、最後の戦いは、、私に言わせればオマケ!!

でも、全般的に戦いも魅せていましたし面白かったと思います。
『氷結対策』なんて、、、いいアイデアだし!




お話も作られ、見せ場もあり、
まあまあ満足の映画だったと思います。


ただ、、マイナス部分も多々あります。
一番のマイナスは、戦場で行われていることの現実を知り、
アイアンマンを開発するまでの、
トニー・スタークの心の変化が、本当に表現が少ない

最も重要なハズなんですけどね。。。
どうも、
ロバート・ダウニーJR.さん、グウィネス・パルトローさん
そして、、テレンス・ハワードさん、、、ジェフ・ブリッジスさん。

この4人の力に丸投げされているような。。。。。印象

ここが、、
中途半端と見るか、どうか。。。評価がかなり分かれてしまう部分。

これと同じような場面があと数カ所あるんですよね。

繋がりに違和感を感じてしまうような部分が。。。。
ま、、許容範囲かな(苦笑)

楽しかったし。



ちなみに、、、私が、一番驚いたのは。
アメコミファンなら、知っているあの人が、ついに登場したこと!!!

シールド司令官 ニック・フューリーである!!!

当然、、、サミュエル・L・ジャクソンさんであるのは言うまでもない!!

そう!!『インクレディブル・ハルク』と同じく、
『宣伝』の一部であるのは言うまでもありません!!!
う==ん。。。サスガ、マーベル!!!


この部分で驚いて、、『おおお!!』と声を上げてしまったのは、
同じ上映中で私だけなことに、、、、
登場の感動だけでなく、アメコミの現実を感じた瞬間でした
m(__)m



そういえば、、、スタン・リーさん、、、、短すぎ!!






最終更新日  2008年09月27日 19時23分26秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.