22348679 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

【おちょやん】第2週… New! ショコラ425さん

海外はオーガニック… New! 鹿児島UFOさん

大山「岡本はライバ… New! 虎党団塊ジュニアさん

風が吹く 第8話「… New! はまゆう315さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

普通の子>『おちょ… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

鬼滅の刃 最終23巻ゲ… クルマでEco!さん

貴方はどっち??? 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2008年11月01日
XML
カテゴリ:映画感想
内容
漢帝国の丞相となった曹操は、
天下統一の最後の仕上げとして、
宿敵である劉備軍、孫権軍に対して攻撃を開始する。
先ず向かったのは、『徳』により人民を掌握する劉備軍。
その劉備の人徳に導かれるかのように、曹操に追われた多くの民達が
劉備は従えていた。
だが、実際に闘える戦力は小さく、
一騎当千の関羽、張飛、超雲らによって、かろうじて保たれている軍であった。
そんななか、曹操軍による追撃戦が開始される!!
民の逃走を優先し、自らの妻子まで置き去りにするしかない状態。
数少ない軍勢を盾にすることにより、敗走は完了する。。。。
このままでは、多勢に無勢。一気に殲滅されるも時間の問題。
軍師・孔明は、孫権軍と同盟を結ぶことを提案する。
そして、、曹操軍撃退の先に、、、、天下を三分することを!!

内容2
孫権の元に交渉に訪れた孔明であったが、
その側近達の保身の態度により、
徹底抗戦派と降伏派に別れ呉国は分裂状態。
また、孫権自身も、偉大な父兄の影に自らの力を計りかねていた。
そんなとき、軍師・魯粛により、
孫権軍の総司令官である周瑜と面会する孔明。
言葉を交わさずとも、互いを感じ会った2人。
そして、周瑜は、親友でもある孫権をうながすべく虎狩りに誘うのだった。

内容3
曹操による降伏勧告を無視した孫権。
そして劉備軍と孫権軍は同盟を結んだことを知った曹操は、
ある目的を胸に秘め、大軍を動かしはじめるのだった。

80万の軍勢を率い向かったのは、周瑜のいる砦のある『赤壁』

『赤壁』にて迎え撃つ、劉備・孫権連合軍5万

ついに、決戦の火蓋は切られる!!!!



↑9割くらいかな。。。
一部、分かり易くしています。



お話自体は、まあまあ。。。かな。

実際。予備知識を無くて、楽しむことができるのか?

と、言われれば。
サスガに、登場人物が多いこともあり、
少し、難しいかも知れません。

たしかに、
基本的に、『演義』の味を出しながら、
独特の面白さを随所に見せ、
ほぼ7割を占める『戦い』は、見ていて圧倒されるものがあります。

それは、
軍師達による『戦略』の映像。
そして
武将達による『戦術』。。。キャラの格好良さ。

と、、戦いの魅せ方も、もの凄いモノがあるのである。

また、その一方で、
登場人物達の『キャラ』も、そこそこ描かれているし、

きっと、メインであろう。周瑜関係は
かなり詳細、、、イヤ詳細すぎると言って良い状態。

そこに、曹操の野望があるから、
分かり易いと言えば、分かり易いんですよね。

そのあと『後編』のための展開のためのネタフリも
いろいろやってますしね!

ただし、これ。。
あくまでも、主人公が『周瑜』であり『孔明』であることを
少なくともそれだけは、認識した上です。


逆に言えば、
その認識がない上で見てしまうと、
たとえ『三国志』であることを認識していたとしても、
いや、認識すればするほど、
物語としてみた場合、意味不明に見えるかも知れません。


それだけ、
登場人物が多いし、物語もあれこれやってるんですよね。
とくに、最初の追撃戦(あくまでも)なんて、
入れる必要があったのかどうかさえ、分からない状態です。


だから、

もしも『三国志』を知らずに、観てしまうと
実際のところ、オモシロ味を感じるのは『戦闘シーンだけ』になります。




さて、、ココからは、『もしも』です。
『もしも、三国志を知っている人』が観た場合。

全般的に、
戦いの見せる場面だけじゃなく、ネタフリも含めて
結構、面白く見ることが出来たと思われます。

まぁ、細かすぎる部分は、『好み』ですし。
基本的に『演義』と考えれば、オモシロ味も分かってくる感じです。

これ、、、

知っているか、知らないかで、
かなり印象の違う映画となってしまっています。


そこがねぇ。。。
この映画、、、感想に『差』が出る部分でしょうね。
だから
『オススメ』か?。。。と聞かれれば、

知っているかどうかを、逆に聞くべきかも知れません


説明なども、結構あるんですけどね。。。
なぜ、そこまで、強調されているキャラがいるのかは、
きっと、分からないでしょうね。。。。


わたし的には、満足ですけどね。






最終更新日  2008年11月23日 08時55分46秒


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.