20504187 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

亜鉛結晶釉>『スカ… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「ミッドサ… New! BROOKさん

【スカーレット】第21週ネタハ… New! ショコラ425さん

絶メシロード  第… New! はまゆう315さん

「鬼滅の刃」オーケ… New! クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

「経営の神様」船井… 鹿児島UFOさん

帰ってきました! 俵のねずみさん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2008年11月06日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『時をのぼる』

内容
恒介(塩谷瞬)がどこかへ行方をくらます中
七瀬(蓮佛美沙子)は、自分の力に怯えていた
ことあるごとに頭に響く西尾(今井朋彦)の言葉、、、『悪意』
力は、、悩みでしかなかった。
そんななか、漁藤子(水野美紀)に呼び出された七瀬。
『時をさかのぼる能力』が目覚めたというのだった。
そして、、七瀬の前で、実験を開始する藤子。
それは『危険』を伴うモノであったが、、、おこなった次の瞬間。
藤子だけでなく、七瀬まで時をさかのぼってしまう!

そんなとき、恒介から漁に電話がかかってくる。
火田精一郎(小日向文世)のことを調べ、おぎ島という場所にいるという。
藤子に来て欲しいと言うことだった。
そして、七瀬は来てはいけないと!
だが、藤子に言われた『否定的に捉えているだけじゃ、先に進めない』
その言葉により、七瀬もまたついていくのだった。
すると、、、そこに、、、心を読んでいた朗(宮坂健太)、ヘンリー(郭智博)
そのうえ、高村刑事(市川亀治郎)までついてくるのだった。。。。。


敬称略




高村『お前たち、一体、なんなんだ


ということで、
カイブツぶりを多くの人の前で発揮してしまったヘンリー

ってことだな。




っていうか、
今回のお話。
どう見ても、ヘンリーが力を使うんじゃなくて、
『流れ』からすれば、、、藤子でしょ!?

なのに。。。。。う~~~~ん。。

たしかに、『見せ場』という意味では表現をキッチリしていると言えるが

前半戦で、アレだけ藤子のネタフリをしておきながら、
まさか、、、次回へ引き延ばすとは、思ってもいませんでした。

そうでなくても。
藤子の能力をふんだんに描き込んだために、
前半のテンポが、結構悪かったのに。。。。。


まぁ、、『魅せる』という部分では、魅せています。

それに、実験で、2人が同時にとぶことができること。
そのうえ、藤子が倒れていることが表現されているから、
2人で飛べば、連携で救えると言うことですよね。

その意味では、ネタフリはキッチリされています。

藤子『未知能力を否定的に捉えているだけじゃ、先に進めない
  人を幸せにする生かし方だって、きっとある
  影の部分と光の部分がある。

という言葉もあったように、
同じ未知能力を持ったからこそ、

『大人』の存在は、本当に意味があるでしょうしね!

物語を展開する上で、やっと藤子が加わった今回は、
その意味で、重要だったと言えるでしょう。



にしても、
30分で済みそうな内容を、、、引き延ばしましたよね。。。ほんと。


実際、瑠璃(柳原可南子さん)の働く部分なんて、、
なんのために入れているのかも、わからない感じだし。

高村が、あれこれかぎ回るのも
中途半端な入れ方されちゃってるから、
どうも、インパクトに欠ける感じだし。


もう少し、高村を前に押しておけば、
もっと、今回の『事件』も面白かったでしょうに。。。


ま、とりあえず、ドラマが動いていますので
次回こそ、、、


これまでの感想
第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2008年11月06日 18時51分50秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.