000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

Dr.コトー診療所20… New! はまゆう315さん

最新 UFO映像8連発 … New! 鹿児島UFOさん

なつよ、千遥よ、咲… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

石川ひとみ スペシャ… New! クルマでEco!さん

今日の収穫 (9月… BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

鍛えないと・・・ 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2008年11月11日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『小説家デビュー決定!?夢とチャンスは80万円


内容
日本グロワール映画祭主演女優賞を最年少で受賞した杏(吉田里琴)
その一方、カニブックスの仕事も上手くいかず、
希望のケータイ小説もダメな耕太郎(速水もこみち)
そんな耕太郎の携帯に電話がかかってくる。
以前応募した小説を出版することになったという。
大喜びの耕太郎は、緑優社編集・朝倉ユカリ(岩崎ひろみ)と会う。
応募小説を修正し出版するが、保証金80万が必要だというのだった。
期限は一週間。
『夢が叶う』、、そう思った耕太郎は、
原稿を書きながら、保証金のお金をかき集める。
本を売り、消費者金融から金を借り、アルバイト三昧。
そして、タンカを切ってやめたカニブックスの菅原編集長(古田新太)から、
金を借りて、80万そろえるのだった。

心配する杏や峰子(加藤ローサ)であったが、耕太郎を応援する。
そして、朝倉に金を渡した耕太郎が帰宅すると、
峰子から、うわさ話を聞かされる。
それは、出版を装った詐欺。。。そんななか、出版社が倒産したことを知り。。。



敬称略




耕太郎の目の前に『夢』
金を用意するが、騙されていた!!

それを見た、杏ちゃんが。。。。

と言う感じだ。



まぁ、、なんというか

盛り上がりはあるんですけどね

杏『耕太郎の本ができました
  私が作ったの。ちょっとだけ峰子さんに手伝ってもらったけど
  結構いいでしょ
  耕太郎は、小説家になるんでしょ
  それで私においしいモノたくさん食べさせてくれるんだよね
  前にそう言ったよ
  約束守ってよね
耕太郎『わかったよ。
  僕は、小説家。おまえは。。。
杏『ハリウッド!

と、、『杏ブックス』を渡し、少ししんみり。

そのあと
耕太郎を支えてやっている菅原編集長

『ウチでただ働きをしてもらう
 ガンガン働け
 そして書け


と、、悪くない感じなんだけどね。


どうも、『先』が見えすぎているために、
『盛り上がり』が『盛り上がり』に、ならなかったんですよね。。。


たしかに、細かくネタフリをされている。
途中、騙されているんじゃないか?

というのもあれば。

菅原編集長が、なにかわかっている感じなのとか。

杏ちゃんが、応援してあげたい。。とか

いろいろあるんですよね。

でも、『見えすぎ』が、盛り上がりを消しちゃってます

これ、もう少し『もしかしたら、本当なんじゃ』というのがあれば、
きっと、それぞれのネタフリがミスリードかも知れないという感じになるし。

杏ちゃんの行動が、ラストだけでなく
他に、もっとあれば、違った印象だったでしょうに。

今までで一番、物足りなく感じてしまいました。

悪くないけどね。。もうちょっと『隠して』欲しかった感じです




にしても
これだけ、あれこれあって、一番存在感があるのが、、古田新太さんというのが
まぁ、、、仕方ないって言えば、それまでだが、
主役たちを食っちゃってますよね(^_^)b


これまでの感想
第4話 第3話 第2話 第1話








最終更新日  2008年11月12日 00時19分39秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.