19456199 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

林部智史 5thシング… New! クルマでEco!さん

オトコマエ  第9… New! はまゆう315さん

体に良い話 今日教え… New! 俵のねずみさん

大摩邇さん 転載です… New! 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「アナベル … New! BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】最… ショコラ425さん

家政婦>『なつぞら… ひじゅにさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2008年11月20日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『西陣織殺人連鎖!祇園町から丹後半島へ』


内容
12年前、一枚の帯が掛けられた遺体が発見された。
被害者は、杉田帯店に勤める志村美智子(田村友里)。
不倫の噂のあった社長の杉田浩司(本城丸裕)が容疑者としてあがった。
だが、杉田は、祗園で馴染みの芸妓・花蝶と立ち話をしていたとアリバイがあり。
事件は、迷宮入りした。

そして、時は流れ、ある寺の境内で、その杉田浩司が絞殺体で発見される。
遺留品として、銀色の糸。。。。
おみやさん(渡瀬恒彦)は、手の甲にある傷を見て、なにかを思いつく。
そして当時の事件を思い出し、
丹後の帯職人・志村誠三(春田純一)の元へ向かうのだった。。
知らないという志村であったが、、なぜかそこに、見覚えのある女性が現れる。
それは、、、花蝶。。。いまは、小料理屋を営んでいる河原冬美(野村真美)
12年前は気付かなかった繋がりが、そこにはあった。
そこで、杉田帯店へ向かったおみやさん。
すると
西陣織のコンクールで大賞を取った若手職人・掛井夏子(黒川芽以)がいた。
夏子は、誠三の一人娘。事件後、、、家を出て職人となっていた。、
そして今は、杉田がスポンサーになっていたのだった。

妙な繋がりが分かる中、
誠三、美智子、冬美が幼なじみであったことが分かってくる。



敬称略





ふたりの母とひとりの父
そして、そこにある友情。

それは、お互いに助け合うことで生き抜いた思い出の証。

様々なことを隠すことで、お互いに助け合うことができた。。

それが、女同士の意地でもあった。


最後は、、、離ればなれになっていた親子が。。。。。
当分会えない、親子の『再会』

と、、かなり複雑ですが、面白いお話でした。

途中犯人が分かっても、
2つの事件が存在するのが、このドラマの特徴。
どこに、動機があるのか??
そして、、真相は?

盛り上げ方も、定番モノだけあって完璧です。
月とウサギも、良い感じだったのに。。。。




が!!!
ヒトコト。。

仕事人か!!!

もう、、そんな感じですよね。。。ラスト
いくら何でも、それは、ないんじゃない?

どうも、コレが強すぎて、
お話をぶちこわしてしまったのは言うまでもない


男と女の関係とか
友情とか。
親子関係とか
いろいろ描いているのに。。。。。う~~~ん。。。何をしてくれるんだ(苦笑)

なんでこんな事をしたかなぁ。ほんと。


これまでの感想
第2話 第1話







最終更新日  2008年11月20日 20時58分25秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.