21402535 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

轢き逃げ 最高の最… New! はまゆう315さん

球児で一勝を得ず New! 虎党団塊ジュニアさん

綾の光時通信 白峰先… New! 鹿児島UFOさん

その12>『エール』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「WAVES/ウ… New! BROOKさん

新型コロナ、東京都2… ショコラ425さん

お昼ごはんとコロナ… 俵のねずみさん

F クルマでEco!さん

制作中です シュージローさん

『2020年 春・夏終… くう☆☆さん

2008年11月23日
XML
『将軍フッカツ』

内容
突如、石となった炎神大将軍が現れた
そして、サムライワールドから来たという少年、晴之助、昭之助
ふたりによると、持ってきた剣は
烈鷹の魂の一部であり、炎神大将軍を操れるという。
だが、そこに現れた烈鷹に似た青年。。
サムライワールドの雷々劔、獄々丸にそそのかされ、
剣は奪われてしまうのだった。
ホームレスとなり、自暴自棄の青年の心を映し出すかのように
剣の力で復活した炎神大将軍は、復活し街を破壊しはじめる!!!!

止めようとするゴーオンジャーであったが、
その強さ故に撃破されてしまうのだった。

青年にも、烈鷹の魂があると。走輔は説得するのだが。。。。




前回の、グダグダ状態が、嘘のように

『正義の心』というモノに的を絞り込んだ良質のお話。

そんな風に感じ。


一番良かったのは、
走輔が、烈鷹を説得しようとする部分でしょうか

結局できないわけですが

『烈鷹の心は、決して滅びない』

この『熱血ぶり』が、『赤』の本当の姿であり、
やっと、『普通の戦隊モノの姿』を、
この『ゴーオンジャー』に見たような気がします


そして、
少年『どこの世界でも、変わりないと。

と、、あとは、炎神大将軍の復活と。
まぁ、

映画で使われた『アイテム』の使い方としては、
最も適切なカタチだったと思います。

1回限りの復活なのかどうかが、少し気になりますが。
帰ったのだから、、、、ないかな。。


にしても、それ以外にも、
アイテムのオンパレードでしたね。。。。

サスガに、『そういう時期』と言うこともありますが、
その事をさておいても、物語自体は、
上手く作られていましたので、それはそれでokです



最後にヒトコト。
ホントは、今回のような。『他の世界からの来訪者』の物語を
もっと積極的に作るべきだったんですよね。。。。

もう、手遅れだけどね

それにしても、そうだけど。
今回くらい、『赤』がハッキリしていれば、もっと違ったんでしょうけどね。。


これまでの感想
第39話 第38話 第37話 第36話 
第35話 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 







最終更新日  2008年11月23日 08時59分57秒
[アニメ特撮系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.