21128676 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

翼よ!あれが巴里の… New! はまゆう315さん

【エール】第11週(6/… New! ショコラ425さん

再掲と 動画を追加し… New! 鹿児島UFOさん

レゴ LEGO ランボル… New! クルマでEco!さん

一番大事なこと>『… ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

やっとやっとやっと… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2008年12月03日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『最後の砦』

内容
被害者は女性、刃物で斬りつけ、スクーターで逃げ去るという
連続スクーター通り魔事件が発生していた。
数日後、辻正己が任意同行を受け、所轄へ。
野村修司警部補(金山一彦)が取り調べ、
取調監督官・下柳努(鈴木浩介)が見守る中、、、被疑者の辻は急死する。
野村、下柳ともに、違法な暴力的な取り調べはなかったと証言。
本庁の内村刑事部長(片桐竜次)も、穏便に済ませようと、
伊丹(川原和久)らに、被疑者が犯人であることを確定するよう命じる。
そんな話を、小野田(岸部一徳)に聞かされた、右京(水谷豊)は、
亀山君(寺脇康文)とともに、調査を始めるのだった。

中園(小野了)による発表により、違法捜査なし。被疑者死亡で
解決したかに思われたが。。。。。右京は調査を続ける。。
調査が進むにつれ、長時間の取り調べ、暴力的な取り調べだけでなく、
通り魔事件の捜査そのものが、ズサンであったことが分かってくる。
そんななか、スクーターが使用された事件であるのに
タイヤ痕の照合などを行っていないことが分かり、
野村を問い詰めると、、採取できなかったと証言する。

だが、野村は、証拠品などを置いてある倉庫へと向かい、
採取されたタイヤ痕を持ち出そうと、、すると、、、そこに伊丹。。
そして、、大河内(神保悟志)まで現れる。
しかし、、、隠していた『事実』に堪えかねた下柳が、
その場で拳銃により。。。。。。

右京は、、、もう1人の、怪しい人物。。
辻と同じマンションに住む日下部裕に事情を聴きに行き。....


敬称略




今回は、取調監督官制度。。の運用を前に、
そこに存在する『穴』を描いた、、、

『相棒』らしい、問題提起の話でしたね。


取り調べる警官。
監督する人物も警察官。

そこにある『仲間意識』

そこにこそ問題があると、明確に表現したお話である。



ドラマとしては、
プレッシャーによるずさんな捜査など、
別な面での問題点も表現しているわけであるが、

それも含めて、今回は、
小野田による陰謀もあり、、なかなか面白かったと思います。

全ては『タイミング』であると。

警察が傷つかない方法。
それには、
警察という組織を気にしない右京を使うのが『便利』。

小野田の陰謀は、真犯人の逮捕により終結する。



その一方で、
『相棒』としての緊張感も、久々に投入!

シリーズを知っている人ならば、何ともないことですが。
知らない人なら、ドキドキしたでしょうね。

亀山『俺たちが追い詰めたんです
右京『それだけのことをした人です
亀山『俺たちの目の前で、死んだんですよ
右京『彼は警察官なんですよ。そしてわれわれも
亀山『強いですね、右京さんは。そして、、、正しい。..

この会話、、、これまでも何度も出ていますしね(^_^)b

でも、久々に、面白い緊張感だったと思います。


そして、、右京の気持ちを知る亀山

『なぜ、警察官が市民を拘束して取り調べができるような
 大きな権限を持っているか、分かりますか
 警察官は、自らを犠牲にして
 市民を優先するのが当たり前の人間だからです
 大きな権限を持つモノは、同時に大きな責任も持っているんですよ

全ては、真実を求めるため。
そして、それこそが警察の責任。



最終的に

亀山『右京さんが違法捜査したら
  きっと、そうしなきゃならなかった
  そういう事情があったんだって俺は考えると思います
  右京さんは、俺の上司で、相棒ですから
右京『だろするならば、諸刃の剣なのかも知れませんね
  警察官の仲間意識というモノは


たとえ、『特命係』であっても、
間違いの可能性を提示したのは、面白い部分でしょう。


警察官の仲間意識というモノを。
今回のゲストである2人だけでなく、

様々な部分で発生している『陰謀』にも適用し
最終的に、特命にも適用するなど

シリーズ上、一番徹底していたような印象ですね。

刑事部長の陰謀、大河内の仕事、小野田の陰謀
物語の重ね方も、いい感じだし
取調監督官に、、異動するのも、面白い部分である。


結局、警察を守るための『最後の砦』であるとともに、
その運用によっては『諸刃の剣』になることを明確にしたと言えるだろう。


ま、、、ドラマとして考えれば、
若干、同じような『仲間意識』『陰謀』が重なっているため、
分かりにくさと、イライラ感はあるかも知れません。
それこそが、一般市民から見た『権限』を持つモノに対する『目』なんでしょうけどね



にしても、この時点で、このネタかぁ。...
今シーズンの最終回、、来年の3月か、、正月だと思ってたんですけどね。。。
早いなぁ。..


そのうえ、驚きは、次回!!!

なんと。

今年の5月3日に放送された、『相棒、特別版』
記念すべき、第一話を使った再放送+アルファ版ですね

この時に登場した、、、『ヤツ』が登場!!!


ッてか、、、コレ、、知ってなければ、楽しめないんじゃ???


これまでの感想
第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話








最終更新日  2008年12月11日 02時00分47秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.