21398380 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

綾の光時通信 白峰先… New! 鹿児島UFOさん

いつか家族に New! はまゆう315さん

その12>『エール』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「WAVES/ウ… New! BROOKさん

大谷世代のドラ1 New! 虎党団塊ジュニアさん

新型コロナ、東京都2… ショコラ425さん

お昼ごはんとコロナ… 俵のねずみさん

F クルマでEco!さん

制作中です シュージローさん

『2020年 春・夏終… くう☆☆さん

2008年12月28日
XML
『メメントモリ攻略戦』

内容
アロウズの衛星兵器『メメントモリ』へ艦隊を派遣したカタロンであったが、
地上だけでなく、攻撃は艦隊へと向かう。
そして、、ヒリング・ケアのMSガデッサの力もあり、
消滅していく艦隊。。。。
その窮地に、ダブルオーライザーが現れるのだった。
カタロンからの情報、および、留美、、、いや、ネーナからの情報もあり、
メメントモリの攻略ミッションが開始されるのだった!!




こう言うのが見たかったよ!!
ほんと、、ここのところ、
なんだか、停滞気味だったし。。。

ということで、
メメントモリ攻略戦の開始である。



颯爽とダブルオーライザーが到着するのにも驚きましたが、
こういう『魅せる』コトが、大事ですよね。


最終的に
輝き流星となるメメントモリを見てキレイという子供達

そして、
クラウス『少しもキレイなんかじゃないさ
  アレは、戦いの光だ
  きみたちの時代に残してはいけないモノだ

って言うオチも良い感じですし、
このちょっとした部分にこそ、混迷状態だった『00』の未来を表現した。
と言って良いだろう。


さて、戦闘の方は、

メメントモリの射線軸から外れたオービタルリング上を進むプトレマイオス2
GNフィールドを展開しているために、攻撃を無効化しながら強引の突破。
最終的に、射線軸に乗せられるも、
アレルヤのトランザムにより、超高速化により回避。
あとは、、

ハッチを開け、
ケルディムがトランザムを用いながら、
シールドビットを展開し、攻撃防御を使い、
最終的にセラヴィーがハイパーバーストで、
メメントモリの『コア』までの装甲を破壊し、
最後は、ロックオンの精密射撃!!

と、、
見事なまでの流れである。

その一方で、ヒリング・ケアのガデッサを刹那が抑えるなど、

それぞれに緊張感を持ち込みながら、魅せることを徹底した感じだ。

このセカンドシーズンで強調されているガンダム同士の連係攻撃が、
ここにきてスメラギの戦術予報を見事に魅せながら、
ガンダムまで魅せてしまうと言う、
戦略、戦術ともに、見事に描ききったと思います。


ま、、結局、留美、ネーナが、意味不明だけどね(苦笑)

でも、
そこにある『00らしさ』というモノを、
戦闘の魅せ方だけでなく理念まで描いたのは、
かなりの傑作エピソードであるといって良いだろう。

面白かったと思います。




しかしまぁ、
先ほど書きましたが停滞気味だったのが、
嘘のようなほどの、見事さでしたね。

ちょっとした小ネタであっても、もう少し今回くらいの『何か』があれば、
先日のラグランジュ3からの脱出劇を含めて、
もっと面白かったでしょうけどね。


これまでの感想

第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2008年12月28日 17時38分11秒
[アニメ特撮系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.