19065157 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

THIS IS U… New! はまゆう315さん

「ハマー」からむ事… New! クルマでEco!さん

抹殺>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「天気の子」 New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2009年01月12日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
ドラマ特別企画『そうか、もう君はいないのか』
 ~五十億の中でただ一人でただ一人“おい”と呼べるおまえ
  最愛の妻との50年間の軌跡


内容
故郷の名古屋から茅ヶ崎に移り住み、
暮らしていた三郎(田村正和)と容子(富司純子)
ある日、体調不良を訴えた容子が病院でみてもらうとガン。
娘・紀子(壇れい)だけには、、余命3ヶ月であることが伝えられた。
しかし、ガンという病状と容子の具合から、気になって仕方がない三郎。
そして、、、、2ヶ月後。買い物から帰ってきた容子は倒れる。
医師からは、意識が戻らない可能性が伝えられるが、
数日後、意識が戻り、病院での生活がはじまる。
毎日のように通い看病する三郎と紀子。
そんななか、紀子は、両親が恋愛結婚だったことを知るのだった。

名古屋の図書館で、まるで運命に導かれるかのように出会った、
三郎(中村勘太郎)と容子(長澤まさみ)


敬称略


公式HP
http://www.tbs.co.jp/mou-kimiwa/




作家の城山三郎さんが書き残した妻・容子さんとのことを綴った本

そのドラマですね。


ま、、、細かいことは良いだろう。

簡単に言えば、、、
ガンになった奥さんとの最後の日々を描いているだけ
そこに、過去の思い出をいろいろ。。。

そんな感じだ。

ある種、定番ものである。


でもまぁ、、一番、気になったのは、
内容よりも何よりも。

昨年の11月に他局で放送された『告知せず』と
完全にかぶっていますよね。
あのときは、渡哲也さん。

そのうえ、その他局では、田村正和さん、SPドラマ三昧だし。

たった2ヶ月でやるのは、、、ねぇ。。。
いくらなんでも、記憶から削除できるワケじゃないし。。。。(苦笑)

ま、それはいいとして。


このドラマ、展開で気になったことがあります。
それは、『過去』を思い出話として入れるのは良いことなのだが、

それが長すぎて、現在の主人公・三郎の気持ちが
『恋愛』に見えてしまうところでしょうか。

いやまぁ、、『愛』が分からなくもないが、
でもそうなってしまうと、葬儀の時のあれこれに対する説得力が
薄くなってしまっていますし。

どうも、バランスが悪いんですよね。
この点は、前出のドラマの方が、時間を絞り込んでいるために
分かり易くできている。

それならそれで、
思い出話という手法もあるだろうが、
時系列で並べ直し、『人生』を描いた方が、シックリ来たと思います。

コレは、好みってのもあるでしょうが。
結構気になってしまいました。
かなり割り込んじゃってますからね。。。。

もったいないことをしている印象があります。







最終更新日  2009年01月13日 17時24分39秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.