20465771 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

NHK大河ドラマ『麒麟… New! くう☆☆さん

孤独のグルメ6 第… New! はまゆう315さん

期間限定アイスクリ… 俵のねずみさん

五万円>『スカーレ… ひじゅにさん

日本 自分 家族を守… 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「1917 命を… BROOKさん

4番は育てられない YOSHIYU機さん

【スカーレット】第19週ネタハ… ショコラ425さん

こまめ40周年アニバ… クルマでEco!さん

制作中です シュージローさん

2009年02月03日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『あなたを求めてる』


内容
メイ(榮倉奈々)と、竜恩寺泉(岩佐真悠子)とのデュエロ。
内容が、ローズ(堀内敬子)により発表される

『宝探し』

泉の執事、木場(夕輝壽太)が一番大切なモノを隠したという
タイムリミットは3時間
メイと泉のデュエロがはじまる!!

そんななか、どうしてもメイのことが心配な剣人(佐藤健)は
メイの後をコッソリつける。。。。
すると、謎の男達の襲撃を受けるメイ!!
剣人は、助け出し、逃走に成功。
すると逃げた先に、泉が現れる。
剣人は、泉のことを疑うのだが。。。。。。

そして、それぞれが“宝”を発見し、タイムリミット。

泉は、木場がいつも読んでいたという『執事教本』をとりだし、
メイは、木場が手入れしていた花壇ちかくで見つけた『蝶ネクタイ』
木場はメイが持ってきた『ネクタイ』を『宝物』だと指さすのだった。。。。。

納得のいかない泉であったが、そこに理人(水嶋ヒロ)が現れ、
竜恩寺家の顛末も含め、全てが解決していくのだった。

全てが丸く収まったかに思えた。
そんなとき、泉に呼び出されるメイ。
忍(向井理)によるモノだと、話が進む中。そこに、忍が現れる。

敬称略




執事とは恋愛禁止

それは、主人からみた執事だけでなく
執事から見た主人もまた、同じ。

お互いに『恋愛』を抜きにして、求め合う。



大雑把に言えば、そんな“基本原則”のもとで、
デュエロが行われ、そしてそれが“戦い”となっていく。


ま、そんなお話。

ただまぁ、、
それをメインのストーリーとしての“戦い”を表現するだけでなく、
“友情物語”にも利用しているのが、このドラマ。

今回は、泉とメイ

理人の機転により、全て解決。
しかし、そのうらに隠れていた陰謀の黒幕は、ルチア!

って感じだ。


基本的に、泉とメイのお話は、ベタである。
最後は、、、、

『メイって呼んでよ!』
ですし、、、
次の瞬間からは、友人だ(笑)


ミエミエではあるが、キッチリ『蝶ネクタイ』もネタフリされているし。
見え隠れする、忍、そのウラにいるルチアの“悪意”も
キッチリ表現されている。

その一方で、金太郎、、そして、左近、右近
金太郎もまた、『意図』を表現したのも
これからのことを考えれば、ポイントとなるだろう。


ただなぁ。。。ドラマとしてみた場合。
序盤から中盤までは、良い感じなんだよね..ベタだし


中盤以降がなぁ。....
たしかに、ルチアを登場させるためには、仕方ないのかも知れませんが
ドラマとして、極端にテンポが悪くなり
ほんの一瞬前までの、良い感じの泉とルチアの話を

ぶっ壊すかのように、、、、、陰険なお話へ

まぁねぇ。。。ドラマだから、そう言うのも良いけど。
暗すぎるんだよね。。。。
そのうえ、根本的に、
理人がメイに仕えている理由や思いもイマイチだし。

ドラマとしての内容も、スッキリ感がない状態に。


『原作』がどうかではなく、
嫉妬だろうが、悪意だろうが
回りくどい言い方をして、暗くしちゃうくらいならば

スッキリと『悪』を出しちゃった方が、
ドラマのテンポが生まれたでしょうに。。。。山田優さんなら、十分だと。

後半は、、、
もうちょっと、何とかしてもらいたかったモノだ。

だって、ルチアが一緒のクラスに来たところで
最高権力者なのだから、それ以上のモノが見えなければ
オモシロ味がないだろうに。。。。。。

このあたりのルチアのキャラの見えにくさも、足を引っ張ってますよね。。。



これまでの感想

第3話 第2話 第1話






最終更新日  2009年02月03日 22時13分38秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.