20529850 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

SCANDAL  第9話 New! はまゆう315さん

開幕ローテ予想承り… New! YOSHIYU機さん

隠し味>『スカーレ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

映画「AI崩壊」の感… 鹿児島UFOさん

冬ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

宮本浩次 SONGS クルマでEco!さん

帰ってきました! 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2009年02月10日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『理人が抱きしめた』

内容
ルチア(山田優)が、メイ(榮倉奈々)たちのクラスにやってきたと同時に、
ルチアの執事・忍(向井理)が、メイも本郷家の後継者候補であると発言する。
そのうえ理人(水嶋ヒロ)が、1年前までルチアの執事であったことまで。。。
メイのヒミツが分かり、クラスメート達は、動揺しはじめるのだった。
そのことで、リカ(大政絢)不二子(中別府葵)凛(忽那汐里)たちは、
メイが何も話してくれなかったことに、反発する。
また、泉(岩佐真悠子)は、太陽生達から学力テストを命じられていた。
徐々に追い込まれるメイ。
泉は、メイの勉強を応援するしかない状態となってしまう。
一方、ルチアの傲慢な態度に反発したみるく(吉田里琴)。
そのみるくと執事・大門(鈴木亮平)の前に、謎の男達が現れていた。
みるくは、防衛省直轄のある研究所で研究者として働いていたのだった。
2人の行動を監視すると。。。。

次々と難題が発生する中、
ルチアの理人への想いが、すべての元凶であると
剣人(佐藤健)は、理人に怒りをぶつけていた。

そんななか、みるくが姿を消してしまう。
大門を中心に、メイたちが探しても見つからない。
すると。。。。やっと、姿を見せたみるくを連れ、メイは。。。。
そのことで、追い詰められていく理人、大門。そして、、メイたち。



敬称略



まぁ、、、こんな事言っちゃ、元も子もないのだが。
ルチアが、クラスにやってきたことを

何一つ利用していませんよね。

だって、みるく&大門を混乱させ、
理人&メイを追い詰めるくらいならば、

ルチアが、いてもいなくても同じような(苦笑)

コレまでのお話と、『違い』はありません!

最後には、クラスじゃないモン!!




それはさておき。ドラマ。

今回は、みるく&大門である。
みるくとメイを必死にサポートする剣人。
その一方で、みんなの引き留めにあってしまう理人&大門

みるく『初めて名前を呼んでくれた
  そして、人間として、子供として扱ってくれた
  私の家族になってくれた
  私のそばにいない方が、大門のためになる。
  だから、、あきらめる。
メイ『あきらめたら、それで終わりなんだよ
  一緒にいたいんでしょ。
  なら、必死に頑張れば良いんだよ

全ては、大門のため。
一番大切な“家族”だから、、、自分を初めて“人”として扱ってくれた大門。
そのためなら、、、自分は。。。


って感じである。



ドラマとしては、
メイからみるくへの気持ちが、ちょっと甘いために
大門と理人を重ねるという作業を行ってしまった。


そのため、若干、ぼやけた印象がある。
ここは、仲本家に連れて行くなどをしたメイなのだから、
“執事”で、重ねるのではなく
『人として扱ったこと』で、重ねるべきだったでしょうね。

どうも、みるくへの気持ちが弱いため、
ちょっとねぇ。。。。


その流れの中で、理人とメイの『恋バナ』というネタだからね(苦笑)
いまだにハッキリしない、理人からメイへの気持ちの“ワケ”があるために
この、、、恋バナだって、流れは悪くないが
中途半端に見えてしまっている。


確かに、執事達を必死に振り切るなど
理人の気持ちは、表現されているんだけどね。

最終的に、陰(オンブラ)というオチもあり、
ドラマとしては成立していますけどね。

嘆願書もベタだしね。
大門とみるくの関係だって、結構良かったのにね。



ドラマとしては、悪くないが。
少しだけ、弱さがある部分が。。。モヤモヤした気持ちにさせている感じだ。


しっかし、雰囲気が、陰湿すぎるんですよね。
これも、少し足を引っ張ってるかな。
その雰囲気に引っ張られすぎないようにするために、
執事、生徒、、それらを使って小ネタがもう少し必要かな。。。
キャラだって、あまり活かされてないしね。。これだけの人数がいるのに。

中心だったキャラ以外で印象に残っているのって、
泉、くらいだしね。。。。。


これまでの感想

第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2009年02月10日 21時58分22秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.