21080829 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

路(ルウ)~台湾エ… New! はまゆう315さん

【エール】第10週(6/… New! ショコラ425さん

機動戦士ガンダム40… New! クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

劇場鑑賞「ブラッド… BROOKさん

中二病>『エール』… ひじゅにさん

携帯スマホと銀行口… 鹿児島UFOさん

昨日見つけたお気に… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

悩ましいマスクです… うさこ(^o^)さん

2009年02月13日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『因果応報』

内容
小五郎(東山紀之)は、こう(野際陽子)とふく(中越典子)に連れられ、
子宝観音が奉ってあるという正閣寺にお参り。
そこでは、公方様の遠縁という住職の大僧正の正円(平幹二朗)により、
“子宝大仏”の寄進が募られていた。
そんななか、町では、大仏建立のために寺社奉行の名で『商い税』が決定する。
その建立にからくり屋の源太(大倉忠義)の知人であり、
江戸一ノ宮大工と言われる棟方宗兵衛(堤大二郎)が、
大仏建立の采配を握る棟梁の一人に選ばれたようだった。
寺社奉行取次役・田上重太郎(藤田宗久)が集めた棟梁の中には、
宗兵衛の兄弟子・佐平(徳井優)もいて、
さながら“先代・棟方宗兵衛”の弟子達が建立という“カタチ”になっていた。

その一方で、全てを取り仕切る材木問屋・松木屋(谷本一)の話から、
お上からはほとんど金が出ずに、手抜き工事と知り怒る宗兵衛。
参加を見合わせ、寺社奉行所に訴え出ようとした矢先、
宗兵衛宅は、押し込み強盗に遭い、、その上、付け火まで。
作太郎(前田航基)と同じ寺子屋に通う宗兵衛の娘・お千代まで。。。。。


敬称略





大仏建立をネタに『商い』をする寺。。そして、寺社奉行取次役、材木問屋

そんななか、棟梁の一人が殺され。。。。


って感じだ。




香典が、100両なのに5両しか、使わないのはなぜ?
と言う基本的な疑問は捨て置くとして。

物語としては、
かなり、ギリギリではあるが、作られている。
ほぼ“ベタ”名内容だし。。。特にあれこれ言う必要はないだろう。
悪を表現し、悪人退治である。

こう言っちゃなんだが。
究極のアイテム『子供』を使っちゃいましたからね。

子供の涙には勝てません!!
と言う事にしておきましょう。、、、、反則だけどね。ほんとは。



ただやはり、
仕事人が多いために、登場人物が多いんですよね。
そのため、視聴者的には『物語』は完成しているが、

仕事人たちの関係だけを考えれば、
それぞれに『恨みを晴らそう』という気持ちが、
本当に芽生えているのかどうかは、かなり微妙である。

実は、ココが一番大事なところですけどね。

ココを表現しないから、
“違和感”が発生しているわけです。


勿論、表現しすぎは、くどくなるので辞めた方が良いですが、
せめて、誰でも良いから、メインの人間を決めて、
物語を作るべきだったでしょうね。

その方が、分かり易いし!

今回なら、、、さしずめ、源太。。。と言うところでしょう。



ま、いろいろ書いていますが
悪人の悪事を含め、ギリギリ表現はされているので、
納得出来ないわけじゃないですけどね



それはさておき。
今回。..源太。。。。仕事が違いましたね。
確かに、分かり難いモン。..
今までの“方法”では、首を絞めているように見えません!
キッチリと、突き刺すことで、“トドメ”である。
コレは大切なことであり、納得感が生まれた感じだ


もう一つ、、小五郎。
東山紀之さんということもあるのだろう。
ザコキャラでしたが、大人数を斬って捨てる!!
これくらいの“魅せ場”はあっても言いと思いますので、
これもまた、1つの納得出来る部分。
最後に、、親玉だけじゃ、、、強引ですからね。。。。。。。。

涼次については、こんなトコロでしょう。
準備もしてましたし。
なぜ、見られない?というのは、言ってしまうと野暮というモノです。

主水もまた、、、こんなトコロだ。

さて、最後に。。。小五郎、ふたたび
“障子”に“血のり”、、、、やって欲しかったなぁ。..
ヤリスギはダメなのは分かるが、なんかねえ。。。。



少し、ゴチャゴチャしている“物語”ではありましたが、
全体としては、ギリギリ成立。。。ってことで。
まだ、、、マシな方ですよね、、、これくらいならば。
僅かではあるが、、バランスが良くなっている感じですね




これまでの感想

第4話 第3話 第2話 第1話

スペシャルドラマ 必殺仕事人2009(2009.01.04放送)
感想







最終更新日  2009年02月13日 21時56分59秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.