20735039 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

青春の蹉跌 New! はまゆう315さん

ゲリーボネールさん … New! 鹿児島UFOさん

香取慎吾 NHK SONGS New! クルマでEco!さん

ちょっと言わせて!… New! 俵のねずみさん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

楽譜と古今和歌集>… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

宮藤官九郎さん、新… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

2009年02月21日
XML
カテゴリ:映画感想
内容
電話会社に勤めるクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、
女手ひとつで、9歳になる息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と
平和な日常を送っていた。
ある日。同僚の頼みで、休みを取りやめたクリスティン。
息子ウォルターに約束のお出かけが果たせないことを謝罪し、出勤する。
忙しさのため、通常より遅れて帰宅すると息子の姿はなかった。
家中探してもいない。街に出て子供達に聞いても知らないという。
すぐに、警察に連絡してみると
『子供のことだから、翌朝には帰ることが多い』
と告げられ、不安を胸に抱きながら翌朝まで待つしかない状態になってしまう。

が。。。翌朝になっても、ウォルターは帰らず。
警察がやってきて、ついに捜索は開始されるのだった。
1日。。。1週間。。。1ヶ月。。。見つからないウォルター
自分なりに、各地に電話をかけてみても連絡はない。

そして、、5ヶ月が過ぎたある日。
会社に警察のジョーンズ警部(ジェフリー・ドノヴァン)がやってくる。
イリノイ州で、ウォルターが見つかったと。

大喜びのクリスティンは、到着するという駅に向かい
ウォルターの到着を待ちわびる。。。
そして、、、ついに、、、到着。
しかし、列車から降りてきたのは、見たこともない“少年”
即座に、ロス市警のデイヴィス本部長(コルム・フィオール)に
『息子じゃない』
というのだが、受け入れてもらえない。
5ヶ月もたったから、“変わった”のだと告げられる。


内容2
“別人”
その事告げるために、警察のジョーンズ警部を訪れるが、
専門家が、“本物”だと言っていると、、聞こうとしない。
様々な、証拠を並べても、“変わることもある”という。
挙げ句の果てに、『母としての責任から逃げようとしている』とまで。。。
そして、ジョーンズの紹介でやってきた医師もまた、
同じようなことを告げ、警察の言葉を追認するばかり。

『違う』

クリスティンの心の叫びは、誰にも届かないまま、
新聞には、警察の発表や、医師の発表が踊っていた。
そんななか、1本の電話がかかってくる。
長老教会の牧師グスタヴ・ブリーグレブ(ジョン・マルコヴィッチ)であった。
グスタフは、新聞を見て、その行間にある『真実』を見抜いたのだった。
全ては、腐敗した警察によるものだと。
市長が替わり、本部長が入れ替わってから、警察の体質は変わった。
警察は、街を牛耳るた平気で銃器を使い、市民を黙らせる『凶器』となっていた。
警察には向かう者は、真実がナニであっても『敵』
多くの人間が、殺され、投獄されているという。
話をする内に勇気づけられたクリスティンは、
息子のことを知る、歯科医や、教師の証言を取り付け
警察の不正を訴えるグスタヴのラジオ番組への出演を決める。

これで、、、真実が明らかとなり、捜索が再開される。。。。
そう信じていた矢先、ジョーンズ警部に呼び出されるのだった。
改めて、捜索再開を訴えるクリスティンであったが、
『警察にダマされた』という主張を繰り返し混乱を引き起こしたと
精神病院へと強制的に送り込まれるのだった。


内容3
ナニもしていないクリスティン。
ただ、息子を捜して欲しい...その訴えだけで病院送り。
理不尽さを抱えたまま、病院での辛い暮らしがはじまる。
そんななか、クリスティンと同じく『警察の逆鱗』に触れたため
強制収容となった女性達が多くいた。
治療と称する医師たちの行動に従うしかない状態。
そして、解放の条件はただ1つ。
『自分が間違いである』と認めること。。。。。

そのころ、警察では、不法滞在するひとりの少年が騒ぎを起こしていた。
担当となったヤバラ刑事(マイケル・ケリー)は、
その少年の証言に衝撃を覚えていた。
20人以上の少年達を殺したという。。。。。。。
真偽を疑うヤバラであったが、
もっていた行方不明となった少年達の写真を見せると
次々と、、、選んでいく、、、そのなかに、ウォルターの写真も。...




敬称略


↑だいたい5割くらい


簡単に言えば、

行方不明となった息子。
5ヶ月後発見されたけど別人

敵は、警察。。。
そんななか、発覚する、連続殺人事件!!

って感じだ。



この映画、、ほぼ、実話だそうだ。

だからこそ、衝撃を受けるというのもあるが。
しかし、

ちょっとしたことがきっかけに、すべてが変わっていく。
人間の悪意は、真実を求めようとする正義をも壊していく。

そんな、“日常の中に隠れている、非日常”を
映画として、様々な角度。
それも、母から子への想いを中心にして見事に描ききったと思います。

実話だからこそ、より一層
そこにある“闇”恐怖感が引き立っていった感じだ。

そして、映画全体を引き立てていったのは
アンジェリーナ・ジョリーさんの演技に他ならない
そこにある、“母”という部分。
その事を強調するかのように、繰り返される
“子供を取り戻したい”
というセリフ。

だからこそ、逆に引き立つ“悪”である。

そのほか細かい流れにしても
かなり丁寧に、無理がない状態で描かれている。

ほんとうに丁寧なため、
逆に先が見えすぎている部分があれこれあるのは、少し気になりますが

ドラマもまた、描かれているため、それほど気になら無い感じだ。

2時間を超える映画であっても、
途中から殺伐とした気持ちになってしまう部分があっても
最後には“希望”を見せるなど

飽きの来ない映画となっている。

そして、最終的に訪れる“2つの裁きの現場”
緊張感だけでなく、オモシロ味もある“結末”だったと思います。


ホント、実話であるかどうかを気にしなくても
1つのエンターテインメント作品として、成立しています。

それほど、丁寧に描かれた映画であり、
アンジェリーナ・ジョリーさんの見事な演技でした




ただ、、不満点が1つだけある
全ての部分に不満はほぼ感じていないのだが、

あまりにも、残酷な結末があるために
映像として挿入されていなくても、
どうしても、想像するし、病院での扱い、警察の態度などもあり

若干、母の気持ちが弱くなっている部分があるんですよね。
それだけの扱いであっても
“強い母の気持ち”があったと言えば、それまでなのだが。

どうしても、それよりも、目移りする部分が多くて。。。。
そこだけは、事実かどうかよりも
“母”をもう少し見たかったと思います。


とはいえ、全体として
ほんとうに良くできている作品で、かなり面白かったと思います

ちなみに、、クリント・イーストウッド監督と言う事もあり
若干、ある種の“クセ”がありますので、
その部分の“好み”というモノは、ありますから。

そこが、評価の分かれ目かも知れませんね。



最後に、どうでも良いことですが

思っていた以上に、年齢層が高いのに、ほんとうに驚いてしまいました。
“おくりびと”、、、、の時以来かな。。。こんなに高いの。。。








最終更新日  2009年02月21日 16時15分47秒


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.