19052751 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

綾の光時通信、、、… New! 鹿児島UFOさん

日曜日>『なつぞら… New! ひじゅにさん

仮面同窓会  第6… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2009年02月21日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
第32回創作テレビドラマ大賞受賞作
『ガラス色の恋人』


内容
小日向美波(吹石一恵)は、沖縄ガラス工房『蒼風』で働いていた。
きっかけは1年ほど前。。。恋人の笠原英貴(瀬川亮)が死んだ。
水中カメラマンをしていた英貴、、、大好きな沖縄の海で。。。
その日で気が惹かれていたのが、『蒼風』のガラスだった。

そんなある日のこと。
大学生の月野圭介(崎本大海)が、働きたいとやって来る。
親方の高嶺章造(大地康雄)は、快諾する。
一方、高嶺から、“きっかけ”として、
グラスアワードへの出品を勧められる美波。
テーマは“沖縄の命”。。。。。『命』だった。
どうしても、良いモノが出来ない。
高嶺はいろいろアドバイスをしてくれるのだが。。。。
1年前のことが思い出される美波。。。
英貴の母・久枝(永島暎子)と臓器提供で対立していた。
息子の意志を尊重したい母と反対した看護師の美波。
反対すると言う事は、救われる命を絶つと言う事。。。。。
どうしても『命』と向き合うことが出来なかった。

そんなとき久枝が訪ねてくる。
息子の心臓を移植した人の『心音』を手渡しに来たのだった。
“心音”を聞き、恋人を間近に感じる美波。
すると、、そこに、圭介が現れる。
その心音は。。。。。。。。。自分????


敬称略




『ガラスを溶かし、新しいガラスを生み出す
 再生こそが、琉球ガラスの極意』

というセリフがあったように

ガラスのこと。
恋人を亡くした女
命をもらったことで悩む男

3つのことを重ねながら、『再生』そして『再出発』

を描いたドラマのようです。



物語としては、
それぞれが抱える問題を描きながら、
『命の危機』に瀕したとき、
『命の重さ』を感じ始めるなど。

登場人物の葛藤や感情をキッチリ描いている。

だから、多少の強引さはあっても
物語のスッキリ感はあるし、納得出来ているのだ。

そう、、『出来過ぎ』は、気にしません!!



ただ、、どうしても見ていて疑問な点がある。
それは『心臓』というモノを取り上げたことなのだ。

確かに他の臓器に比べれば『命』を感じやすいネタであるし
『心音』をもちこむなど、『きっかけ』作りにも成功している


が、逆に『心臓』だからこそ疑問がある。

最後の方で、
ストレートに言えば、
今の男なのか、昔の男なのか

と言う部分がある。

でも、実のところ、惹かれているところがあまり描かれていないのに
急に、それらの問題が浮上するのだ


きっと、『心臓』があるからこそ、美波に惹かれ
『心臓』がある男だからこそ、その雰囲気に、美波は惹かれた

それが、真実なのだ

この『ネタ』じたいは、先日『某ドラマ』にもあったように
『ネタ』としては、定番モノ。
知っている人は知っていることだ。
だから納得分からないわけではない。

でも
その部分をハッキリさせずに進んでいるため、
どうも、最後の部分。唐突すぎるんですよね。


キレイに、まとまっているから、納得出来ているのだが。
その部分だけは、ハッキリさせて欲しかったモノである。








最終更新日  2009年02月22日 00時41分35秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.