19859199 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

大草原の小さな家 … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

綾の光時通信 11月2… New! 鹿児島UFOさん

壇蜜 結婚 w(゚ロ゚;w… New! クルマでEco!さん

君のことをまだ何も… New! YOSHIYU機さん

世代交代>『スカー… New! ひじゅにさん

おや?いつの間にか… 俵のねずみさん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2009年02月24日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『隠された遺言状の謎』

内容
遠峰一青(田辺誠一)と実の兄弟と分かった雫(亀梨和也)
お互いに認識し合い、決意を新たにした2人。
勝負は、再開される。

『第五の使徒』が発表
 暗闇、孤独、弥勒菩薩。。。。愛という言葉では言い表せない

一青、雫の戦いはじまる。

雫は、みやび(仲里依紗)の協力を得て、
父・豊多香(古谷一行)の本を参考にして、ワインを探す。

一方、目に異常を感じていた一青は、
医師から失明の可能性を告げられながらも、
ワイン探しをはじめる。

そんななか、雫は、豊多香のイメージの“孤独”が気になる。
“ほんとうに孤独だったのか???”
そのことを、弁護士の涼子(戸田菜穂)に、聞く雫であったが、
『何も分かってない』と言われてしまう。
そして、、、豊多香の本の中から、、ついに、店を探り当て。。。
1つの真実に気付く雫。


敬称略



今回のお話、
極端に言えば、オモシロ味自体は、それほど無い。
1つのことが足を引っ張っているからである。。。

豊多香の目的の謎である


実際。前回で、兄弟が分かってしまっているので
ドラマとして考えれば、次の展開。。。は、、戦いしかないしね!

が、そこに、1人の女性の思いを入れた今回のお話。

女性ネタだからこそ、既視感があるんですよね。。。


だからと言って、ドラマが描かれていないわけじゃなく
そう言う部分を気にしなければ、オモシロ味のあるモノには仕上がっています


一青の母でもなければ、雫の母でもない人物
最後の最後まで、寄り添うようにいた女性。
ただ、、、ただ、、、自分の思いを口にせずに。。。

でも、神咲豊多香は、ふたりの女性に感じていた『愛』ではなく
自分自身に向けられていた『愛』を感じ取っていた。

そして、、その献身的な気持ち。。。。への
せめてもの、、、気持ち。。。『感謝』


っていう感じですね。


ま、、自分のことであると認識し、遺言状を読まなかった。
と言うネタからはじまっているので。

勝負としては、本当にどうかと思いますが

豊多香という男に関わった人物。
その『微妙な人間関係』『距離感』は、表現されていたと思います



とはいえ、
基本的に、ワイン当てですので。

一青は、、自分の病から、、
 暗闇それは絶望
 病に冒された人間が、生への渇望を知るように
 絶望という暗闇に包まれてこそ、ヒトは初めて光の存在を知る
 光を、、弥勒菩薩にたとえた。

とした

雫は、豊多香のシチュエーションから、、、まるで、探偵ですが(苦笑)
 光とは希望
 ヒトは悩み苦しむ存在で、時に暗闇に包まれる
 そんなとき、希望の光を照らしてくれるヒトがいる
 父はそれを弥勒菩薩にたとえ、このワインを表した。 

不完全な問題から、同じ答えを導き出した。


そう!
ワイン当てだけを考えれば、
アプローチの仕方の違いや、ネタの違い。
考え方の違いをキッチリ表現しているのだ。

その部分を丁寧に描いていると言えば、そのとおりである。

もちろん、そこに、
父が感じていた孤独が、自分の責任であると
雫自身が感じているのも

親子関係の修復の1つのドラマとしても、描いている。

様々な要素を組み合わせ、
最終的に、マキが無言の圧力で退場させられるなど

多くの人間関係の整理がなされた印象であり、
全体としては、オモシロ味はあるのだ。

そこに先ほどの、、『もう1人の女との関わりの話』
その“切ない”お話なのだ。

様々なことを
“第5の使徒”から、描ききったのは
本当に良くできていると思いますし、
人間関係だけでなく、キャラ表現も含め
繊細に描いていると思います。




ただし、そのようなドラマとしての、作り、展開の納得感よりも、

なぜ、今さら、他の女性なのか??
結局、豊多香は何をさせたいのか??

と、
根本的に存在する、演出の微妙さが
陰を落としているような気がします。


だって、、女性ということでは、
ココまで、同じネタを何度も繰り返しているわけであり

豊多香の目的と言う事では、
ここまで、なにひとつ表現されていないのだ。
なんとなく、、はあるけどね。


このアタリの曖昧さが、モヤモヤした気持ちを発生させているのも事実だ



ドラマとして、
気持ちも表現され、ワイン当ても絡めて
そこそこ、悪くない感じなんだけに

そろそろネタバレをしないと、、、、、ほんと、イライラします。


これまでの感想

第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2009年02月25日 18時04分06秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.