19862124 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

Hey Buddy>『相棒s… New! ひじゅにさん

ハル  総合商社の… New! はまゆう315さん

劇場鑑賞「アナと雪… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

綾の光時通信 11月2… New! 鹿児島UFOさん

壇蜜 結婚 w(゚ロ゚;w… New! クルマでEco!さん

君のことをまだ何も… YOSHIYU機さん

おや?いつの間にか… 俵のねずみさん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2009年03月09日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

通常版とは違いますので。念のため。

実を言うと、
OPに“名前”を見た時、今回、、、覚悟したんですよね。
また、“アレ”をやるのか??でも、
戦いになれば、出来ないはず。
なら、何をやるのか???と。
すると、少しだけ、本感想で触れましたが、
止め画、フェードイン、アウト。。そして、画面に暗幕
そうなのだ。。。このひと、やっているのだ。ほんの少しだけ違うだけ。
私自身は、個人的見解として、
そう言う演出もアリだと思っている。だから、気にしない。
やっていることも、やっているので、
よっぽどのことがない限り、気にならない。
ま、、その“よっぽどのこと”=“無駄キャラ”は、かなりありますけどね。
だから、そこは、どうしても許せない。
実は、問題は奇抜そうに見える演出ではなく、
展開に繋がりのない点だと思っている。
無駄をてんこ盛りにして、細切れにしていることね!!

ただまぁ。それは、もうどうでも良いんだよね。
ただ単に、あと少し無駄を省いて編集し直せば良いだけだから

というより
今回見ていて、一番感じたのは、
演出手法なんですよね。疑惑が確信に変わったと言った方が良いかな。
これ、舞台と違いますよね。
細かいことは書きませんが、“オマージュ”ですね。
簡単に言えば、大昔の映画の手法であるということ。
当然、それだからこそ、舞台から通じるものがあるわけです。
以前、“武蔵”で、いろいろあったんだから、
その事をハッキリと言ったほうがいいんじゃ???
最近あまりやらないからって、やっちゃうと逆に気になります。
この事が、2度見したあと、、、ずっと引っかかっていたんです。
でもね、ならば、足りないものがありますよ。
それは“音”
その部分をもっと強調してこそ、
そして、登場人物のアップをもっと入れ込んでこそ
意味があると思いますけどね。。。。

まいいや。
書いてしまうと、スッキリしてきましたので。






最終更新日  2009年03月09日 22時04分21秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.