20522052 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

絶対零度  未然犯… New! はまゆう315さん

映画「AI崩壊」の感… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

スペシャル・サニー… New! ひじゅにさん

冬ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

劇場鑑賞「スマホを… BROOKさん

宮本浩次 SONGS クルマでEco!さん

帰ってきました! 俵のねずみさん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2009年03月10日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『死なないで、理人』


内容
理人(水嶋ヒロ)と剣人(佐藤健)の戦いは決着。
メイ(榮倉奈々)のそばを離れないと誓う理人。
リカたちクラスメイト達も、同じ“オンボロ寮”となり、
新しい学園生活がはじまった。
そのころ、理人を失ったルチア(山田優)は荒れていた。

そんななか、金太郎(津川雅彦)は、メイを呼び出す。
そこには、ルチアこと詩織もいた。
金太郎は、後継者に詩織を指名するのだった。
そして、メイは、学園に残るも、本郷の名を捨てるも自分で決めろと言われる。

全て、終わってしまったメイ。
でもこれでは、やっと再会できた理人とも離れなくてはならない。
悩み続けるメイは、ローズ(堀内敬子)を訪ねたのだが
そこにいたルチアから、衝撃の事実を知る。
メイの母・ユウ(山下容莉枝)が、
ローズの婚約者だった周太郎(橋爪淳)を奪ったという。
ショックを受けたメイは、姿を消してしまうのだった。

泉(岩佐真悠子)たちは、必死に探すが見つからない。
そんなとき、剣人の前に、金太郎の執事2人が現れ。。。。。

敬称略



まぁ、簡単に言えば、
メイが追い詰められ、覚悟を決めるよううながされる。
そんなとき

両親からの『遺書もどき』

ルチアにデュエロを申し込むという、起死回生の攻撃!!

そんな感じだ。



確かに、今回だけを見れば
悪くないんですよね。

金太郎だけでなく、ルチアにも追い込まれているし

その一方で、ルチアの暴走は止まらないし。

描き方として、キッチリ対比をつけているため
分かり易い。

そんな流れの中で、両親からの手紙で
覚悟を決める!!


まぁ、、ローズがはじめから、手渡しておけば良かった。。。
と、、それを言っちゃオシマイだけど
どうしても、思っちゃう部分だ。

そこは、無視するとして。


物語としては、良く描けていたと思います。
ただし、今回に限ってですけどね。

一応。『友人』たちとのことも描いてきたからこそ
ラストのこともあるし。

悪くない。



でもどうしても引っかかるのは。
『メイの悩む姿』を、いまさら出してきたことだろう。

正直言って、
今までも、ずっと悩み続けてばかりだったのに

まだ、悩むことがあるのか???


どうしてもね。。これが。。。。。
だから、今回だけを見れば、そこそこ良くても

連ドラとして考えれば、
モヤモヤした感じがあり、『悩み』=『ダラダラ』にしか見えない。


こう言うのって、もったいないことですよね。
毎回のお話の中で
一定の決着と、爽快感を見せておけば
こんな印象にならなかったでしょうに。



とりあえず。。最終回ですか。。。


これまでの感想
第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話








最終更新日  2009年03月10日 22時08分34秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.