20551055 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

長い一日>『スカー… New! ひじゅにさん

NHK福岡ドラマ「とな… New! はまゆう315さん

劇場鑑賞「エスケー… New! BROOKさん

冬ドラマ最終回予定… ショコラ425さん

コロナウイルスで東京オリンピッ… 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

1/10 電動RC ルノー… クルマでEco!さん

開幕一軍予想承ります YOSHIYU機さん

塩だれを作ってみま… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2009年03月15日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『東京裁判の陰に昭和最大の夫婦愛があった
 軍部と戦い続けた男の生涯とその家族の絆

内容
戦争が終結し、極東軍事裁判において、
タダひとり文官として、処刑された人物がいた。
元首相・廣田弘毅(北大路欣也)である。

戦前、ソ連大使をしていた廣田は、
大陸での戦局の拡大に従い、日本に呼び戻される。
そして、外務大臣に就任しても、
軍部の高圧的な態度に臆せず、友好的な政策をとり続ける。
そのながれのなかで、首相となり、
それでも、軍部と対立し、失脚させられるまで、
対外的には、軍の行動がエスカレートしていても、
何とか押さえ込もうと努力はしていた。。。

その後、失脚し。。。。
そして、、終戦。

そんななか、、、廣田は逮捕され、裁判へ。。。



敬称略


↑かなり、大雑把ですが、
こんな雰囲気です。

細かくは、、、↓

公式HP
http://www.tv-asahi.co.jp/rakujitsu/


ラストのアタリで
ナレで、

『あなたは廣田弘毅を知っていますか』

その事を表現したドラマだったと言えるだろう。


唯一の文官として処刑された廣田弘毅
裁判では、一切の弁明もせず。。。。
信念を貫き通した。
その気持ちは、死後、、遺骨のことでも、
子供達に伝わっている意志。。。


そう言ったお話ですね。

だから、ドラマとしては
廣田という人物の、政治的にどんなコトを行っていたのか
そして、家族との関係は。

ッてなことを中心に描いている。

すべてが、史実、事実ではないだろうが

政治における人間関係を吉田に絞り込むことで
家族とのことも含めて、
見事に描ききっていると言えるだろう。

軍に対する強さと、家族に対する優しさ。

そのために、結構テンポも良く、面白く見ることが出来た感じだ。

その秀逸さは、吉田への絞り込みなのだ。
たしかに、
キャラとして登場人物は、かなり多い!!!

だが、描き込みをしないことで、
廣田の立場だけをしっかり描くことが出来、

ドラマとして、キャラが際だった印象だ。

ま、、
この手のドラマとしては、ベタな部類であり、
当時の状況を知っていれば、
特に、あれこれというようなこともない。


そのなかに流れている『信念』が、描かれているので
ほぼ問題がない感じだ。


『良心に恥じることはない
 だが、弁解をするつもりはない

『この裁判で、文官の誰かが殺されなければならないとしたら
 私が、その役割を担わなければならないだろう

『戦争に関わった1人として、無罪とは言えない

バラバラだったんですけどね。。


歴史的な事象については
そこは、過去の映像で補強されているので、okだろう。


わたし的には、もう少し描くことがあったかも。。。
と思ったのは、

妻との関わり、家族との関わり。。なんですけどね。

物語が淡々と進む場面がいくつかあるのだが、
家にいても、吉田との会話。
と言うモノが多かったので、

ちょっと、曖昧な印象なんですよね。
無かったわけでもないし、
北大路欣也さんの演技により、『差』もわかるし、
良いって言えば、良いんだけどね。

若干、夫婦愛って、、、、言われてもねぇ。..ッてのがあります



全体としては、そこそこ面白く見ることが出来た感じかな。
カッコ良かったし。








最終更新日  2009年03月16日 17時51分42秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.