19052744 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

綾の光時通信、、、… New! 鹿児島UFOさん

日曜日>『なつぞら… New! ひじゅにさん

仮面同窓会  第6… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2009年03月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
フジテレビ開局50周年記念ドラマ特別企画 黒部の太陽・後編
『史上最悪の難工事!!
 男達の執念が不可能を打ち破る!ついに感動のクライマックス!!


内容
黒四計画における重要な“大町トンネル”のトンネル工事で
ついに、破砕帯にぶつかってしまった
現場の倉松(香取慎吾)らは、崩壊を止めることしかできない状態で、
遅々として掘削が進まない。
木塚(ユースケ・サンタマリア)らも、専門化を招き対策を練るが
なかには、掘削自体に反対する専門家までいた。
進まなければならない気持ちで倉松らは、進めていくが、、
抗夫たちのいらだちは、募っていくばかりだった。
そのうえ、現場の状態を知った抗夫の家族達から、電報が届き
帰っていく抗夫たちもいた。。。。
それでも、前に進む意志だけは揺るがない倉松。

そんななか、関西電力の太田垣社長(中村敦夫)がやってくる。
現場の状況を見た太田垣は、熊谷組の大牧専務(津川雅彦)に直談判し、
新しい工法を含めた決意を語り出すのだった。
その太田垣の決意と熱意は、社員達にも伝わりはじめ、
マスコミにより計画失敗が報じられても、社員達は一丸となっていく。

一方現場では、滝山(小林薫)が、娘のこともあり
必死になり始めていた。。。。どんな手を使ってでも、勝つ!
だが、破砕帯における水の流出は止まらず増していくばかり。

ついに、心が折れはじめた抗夫たちのリフレッシュも兼ねて、
倉松は木塚に、このままでは大事故が起きかねないと“休み”を提案する。
だが、それは大きな“賭け”でもあった。。。


敬称略


公式HP
http://wwwz.fujitv.co.jp/kurobe/index.html




倉松『俺達が降参すれば、他の工区で戦ってる土木屋が全員
  この黒部から撤退するハメになる
  敗戦を迎えるんだ
  この国の電気は、消えちまうよ
  どんなに恐ろしくても、このトンネルから、逃げるわけにはいかねえんだ


そんな決意と、『勘』もあり、
運を味方につけ、見事にトンネル工事を成し遂げた男達。


以上である。




まぁ、トンネル工事と、倉松の話だけを見ていると
結構いい感じのお話ですよね。

香取慎吾さんの熱演だけでなく、
男たちの『思い』も、見事に描ききっていましたし。

そこに、細部にわたる工事の描写など
ドラマとしての面白さだけでなく、

『人間の凄さ』を見たような気がします。




ただまぁ、前編でもそうでしたが、
『ダムの絵』だよね。...絵。。。

こう言っちゃ何だけど、
主人公が恋をしていた女性の妹であり
現場責任者の娘ではあるんだけど。

1つのエピソードとしては、成立していますが、
ドラマにとって、必要だったかどうかは、かなり疑問です。

だって、唐突に、登場したような印象が強すぎて
意味不明なんですよね。


滝山が主人公のひとりであるのは認識していても、
滝山という存在が、それだけ強く描かれているわけでもない。

あくまでも、主人公は倉松に近い感じなので、
『絵』を前に置いてしまったことで、バランスの崩れがあります。

おかげで、結末を見ればどっちつかずの物語になりかけている状態に、
だれが、主人公なのだ??である。

たとえば、滝山が娘に対して、それだけの行動をしている部分も存在しないし。
『絵』を出すならば、もう少し、滝山を描くべきでしょうし。
ここがかなり中途半端

もしも2人を主人公にするならば、
逆に他の人で描きすぎている部分もあるわけである。

なんか、大雑把に見れば、感動的なお話であっても
全体の流れの中で見れば、
細切れのドラマを見ているような印象となってしまっています。

これ、、一部のセリフにも、不自然な部分がありますしね。。。
前後を間違っているようなトコロね。

そして
私の中で一番不満だったのは、
貫通で、感動場面の次に、いきなり、葬式だったことだ。


部分、部分を見れば、良いお話だったのになぁ。..
どこかに絞り込めば、きっと、もっと面白く見ることが出来たでしょうに。

結局、『絵』を強調して『黒部の太陽』が、消えたような気がしてならない









最終更新日  2009年03月23日 00時06分05秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.