000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

オトナの土ドラ『真… New! くう☆☆さん

SALA旅するHAPPY SAL… New! クルマでEco!さん

森友学園問題点・・… New! 鹿児島UFOさん

今日の収穫 (3月… New! BROOKさん

べっぴんさん  1… New! はまゆう315さん

ネタバレ【べっぴんさん… New! ショコラ425さん

毎日が最終回>『べ… New! ひじゅにさん

ばらかもん Act.112… みやさとver.さん

早口言葉 俵のねずみさん

ふすまいれてみまし… えびねえさん

ニューストピックス

2009年03月29日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『潜入!武田の陣』


内容
春日山の上と下で対峙する、景勝(北村一輝)と景虎(玉山鉄二)
そんななか武田勝頼(市川笑也)は、景虎を支援し軍勢を動かしはじめた。
それだけでなく北条の軍勢も越後に迫る。
栗林政頼(平泉成)深沢利重(鈴木正幸)は、上田庄に入り
北条の軍勢を押さえるというのだった。

追い込まれていく景勝勢
御館の仙桃院(高島礼子)は、
北条、武田は景虎のために動いているのではない。と注意するが。
今の状態があるのは、“遺言”のせいであると。。
そして、華姫(相武紗季)からも、
兄・景勝が、夫・景虎を信じなかったせいだと告げられ、
完全に板挟みの仙桃院はショックを受ける。

その景勝の陣では、上田の若者達は、
“敗戦”の覚悟を決め、談笑をするしかない状態であった。
その姿を見た兼続(妻夫木聡)は、何とか打開策を練るが思いつかない。
そこへ、兵糧を調べていた父・惣右衛門(高嶋政伸)から、
『今一番大事なのは、己の力の限りを尽くすこと』
と助言されるのだった。

考える兼続。。。“敵の意表を突き、形勢を逆転”という故事。。。
近くにいた、弟・与七(小泉孝太郎)は、ふと口にする。
“武田を味方にでもつけなければ、形勢は変わらない”
その言葉を聞き、ひらめく兼続は。
翌日の軍議で、景勝に“武田との和議”を進言する。
吉江(山本圭)ら重臣達は猛反対するが。
信濃、上野の一部を譲ることを条件にすれば、可能性はあると。
だが、謙信の遺志にかなうのかどうか。..。“無理じゃ”と反対する景勝。
それでも、兼続は、殿は殿であると。勇気を出せと言い放ち。
説き伏せられた景勝は、武田に使者を送ることを決断する。
自ら使者に志願した兼続は、与七、泉沢(東幹久)とともに、
武田の陣へと赴くのだった。


敬称略



兼続の起死回生の“策”で、
武田との和睦することを決めた景勝。
そして、使者として赴く兼続。

そんなお話である。


景勝『上杉が武田に屈するなど、到底出来ぬ
兼続『それでは、すべてが水の泡
   ここで我らが負ければ、この越後。北条、武田のものになってしまいます。
   それを止めるためには、何としても!
景勝『兼続。御屋形様がお許しになると思うか
   御屋形様は、この越後をわしに託したのじゃ。
   このご遺志をわしに曲げろと申すか。
兼続『殿は殿。御屋形様ではございませぬ!
   殿には、自ら立つ勇気がおありにならぬのですか!
景勝『おのれ。。。。。
   。。。。
   武田に使者を出せ。
兼続『ありがとうございまする。
   殿。武田には私が参りまする。早速支度を。
景勝『兼続。
   万に一つの危うい賭じゃ、抜かるなよ
兼続『殿を残し、先に冥土には参りませぬ
   必ずや、吉報と共に戻りまする。


ここが、一番かな。

流れがいいよね。流れが。

まずは、軍議で披露する“策”
これがあってこそ、“他の家臣との違い”がハッキリします。

そして、それでも食いついていく兼続で、上のくだりである。

メリハリがハッキリするだけでなく
割譲しても良いと言った土地が、
重臣達が苦労して手に入れたと、言う事で
“過去”まで、表現しています。

だから、“御屋形様”という言葉を出してくる景勝までが、
スッキリした流れが表現されているのだ。

ドラマを表現しながら、
主人公である兼続というキャラをキッチリ表現
その中に、“歴史”まで入れ込んでいます!

そして
景勝とのやり合いで、妻夫木聡さん、北村一輝さんの演技力!


その流れから、高坂登場で

高坂『武田は、上杉に味方する
  上杉謙信公は、亡き主・信玄が、この世で一番と見込んだ男児におわした
  この和議をなすことは、信玄公へのわしの最後のご奉公となろう
  よくそこまで思いきられた
兼続『上杉家を守るため、ひいては越後を守るため
  我が主、ギリギリの決心にございます。
高坂『謙信公は、よく若者を育てられた。
  和睦まとめましょう
  摩利支天に誓って疑いなし。

ここで、ふたたび『歴史』を出し、、そして『未来』を表現した。

良いですね。こう言うのって。

こんなやりとりだけが、『ドラマ』というわけではありませんが
『歴史』を扱っているドラマなのだから、
ある程度の表現は必要です。

それをどれだけ“魅せる”ことが出来るかが、“大河の醍醐味”なわけである。


当然、そんな中にも上田衆の気持ちも入れ込んでいる。
宿敵達のやりとりも、すこし入れているしね!

私の中では、今までで一番ですね。




ただね。。ひとこと。
お船と信綱のお話。。。。これ、、、いるのか??

気持ちは分かるんだけど。
こう言うのって“独身時代”に表現して下さい!!

本気で必要性が意味不明である。

そうでなくても、、信長まで入れちゃってるんだから(苦笑)




これまでの感想
第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2009年03月29日 19時03分07秒

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.