19416862 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

ノーサイドゲーム … New! はまゆう315さん

最新 UFO映像8連発 … New! 鹿児島UFOさん

なつよ、千遥よ、咲… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

石川ひとみ スペシャ… クルマでEco!さん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

鍛えないと・・・ 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2009年04月15日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
アイシテル~海容(かいよう)~
『すべての母親へ捧ぐ家族愛の物語』

内容
野口和彦(山本太郎)さつき(稲森いずみ)
そして、、小5・智也(嘉数一星)
小沢秀昭(佐野史郎)聖子(板谷由夏)美帆子(川島海荷)
そして、小2・清貴(佐藤詩音)

平凡な2つの家族、野口家と小沢家

ある日の夜。。。息子・清貴が家に帰ってこない。
知り合いの家に電話してもいない。。。
父・秀昭、母・聖子は、警察に連絡し、ただ待つしかなかった。
そして、、、、刑事の電話が鳴るのだった。

そのころ、塾をサボった息子・智也を叱る母・さつき。
『何してたの
『人。...殺してた。
反抗期のため仕方がないかと思っていた。。また、、バカにしてる。。と
翌日、TVでは少年が殺された事件が報道されていた。
和彦とさつきは、近くで起きた事件だけにいたたまれなくなる。
そんなことよりも、今日こそはと、夫に息子とのキャッチボールを勧める妻。
“コレで少しは心を開いてくれる。”


静まりかえる小沢家。警察が被害者家族を支援する団体を紹介していた。
ほんとうに“明かり”が消えてしまった小沢家

聖子『私さえいれば、死なずにすんだのに。。。。。。。』


そんななか、智也を塾へ送り出したさつきに声をかけてくる男たち。
刑事だった。。。。そして、小泉刑事(小松和重)は言う。。
『息子さんは清貴君を殺害した疑いがあります』
すでに智也は、菊池刑事(ダンカン)により保護され、証言どおりに
証拠の血のついたジャンパーも発見される。

さつき『何かの間違いです。。。ありえない。。。。。』


敬称略



公式HP
http://www.ntv.co.jp/aishiteru/


当然、原作は未読である。

さて、お話の方は。

平凡な2つの家族に訪れた大事件。
加害者のいる家族。そして、被害者のいる家族。
こわれる家族。。。そして、こわされた家族。

事件をきっかけにして、『家族』を再構築していく。。。

そして、家裁調査官が関わっていく。。。

と言う感じらしい。。。。



そんなお話だそうだ。

とりあえず、『ドラマ』としては、
衝撃的なはじまりであり、『ツカミ』は万全である。

が、、ここで致命的なのは、
この殺伐とした“事件”で幕を開けたことでしょうね。

もう、、この時点で、見る人と見ない人が、分割でしょう。

物語としては、、
次回予告にしてもそうだし、、

“いろいろなこと”を、被害者、加害者で描いていくようだ。

じっくりと見ていく、、、、そう言うドラマのようですね

私の中では、結構楽しみなドラマになりそうである。




気になることと言えば。

“事件”による“被害”というのは、“永遠”に続くわけであって、
それも、今回のような事案では、両者に。。。。

その事をどこまで表現するのか??
結局のところ、キレイ事じゃないのか??

そんな不安は、あります。

その意味で、“過程”も重要であるが、“結末”に注目したいと思います。



最後にヒトコト。

HPなどにかいているように、

『無意義に感情を煽るサスペンスじゃなくて、ヒューマンドラマ』

『心理描写を丁寧に、真摯に綴っていく』


だそうである。
って、
そんなことわざわざ書く必要はないと思いますけどね(苦笑)
もうなんか、この“文字”を見ていると、、

スタッフの気迫と言うよりも、不安を感じるんですけどね。。。
“こんなドラマで、本当に良いのか?”と。。

でもね、思うわけです。


選んだテーマなのだから、数字など気にせずに
丁寧に描いて欲しい!!!


とね。。。。
ほんと、同局の前期“銭ゲバ”のように、キッチリ描いて欲しいモノである。

私が望むのは、ただそれだけである。








最終更新日  2009年04月15日 23時19分19秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.