20758681 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

美容院へ行きました♪… New! ショコラ425さん

プレバト2020春のタ… New! はまゆう315さん

今日はこんな事があ… New! 俵のねずみさん

お父さん>『エール… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

首都封鎖のタイミン… 鹿児島UFOさん

日本国内でもようや… クルマでEco!さん

制作中です シュージローさん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

2009年04月17日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『闇の襲撃者』

内容
豊後関前藩・現家老、坂崎正睦(平泉成)の嫡男でありながら、
事情により関前を出奔し、江戸にやってきて数年。。。
様々な苦労を体験しながらも、
江戸暮らしのきっかけを作ってくれ、
最も懇意にしている女性・おこん(中越典子)と
ついに、夫婦となる契りを果たした坂崎磐音(山本耕史)

その許嫁となったおこんの気鬱を安らかにするため、
磐音とおこんは二人、、湯治に出かけていた。。
その出発から3ヶ月。

金兵衛(小松政夫)の長屋では、騒ぎが起きていた。
はつね婆さん(石井トミコ)が、首をつろうとしているのを救った長屋の一同。
親しくなった安五郎(有吉弘行)という男に金を預けたまでは良かったのだが、
預けた金が戻らない!!だまされたのだという。
金兵衛が、地蔵の親分・竹蔵(山西惇)に相談すると
“騙りの安五郎”という有名な詐欺師だという。
たまたま、幸吉(田中壁海)が顔を見ていたため、人相書きで
安五郎の正体が判明する。
各地で詐欺を働いているだけでなく、
殺しまでやっている無宿の一蔵という男だった!

そんななか柳次郎(川村陽介)は、長屋の磯次(中本賢)徳三(深沢敦)たちが、
走り回っているのを見かける。。。
すると、長屋には、子供達の面倒を見ているはつね婆さんだけで、
誰ひとりいなかった。
そこへ、竹蔵、松吉(内野謙太)がやってきて、長屋のみんなで
犯人捜しをしていることが判明する。
勢津(西尾まり)おいち(悠木千帆)に後を任せ、磯次たちは竹蔵を呼びに行く。
が、2人は逆襲に遭い人質に。
駆けつけた竹蔵、武左衛門(宇梶剛士)らも手も足もでない。
その危機一髪のところ、磐音、おこんが通りかかるのだった。

磐音により助けられた一同。
長屋に帰って皆、無事で大喜び。。。。
ウナギ割きの鉄五郎(河西健司)からも祝い。。。

『いつものあたたかい場所に帰ってきた』
そうつぶやく磐音であった。


その後、両替商『今津屋』におこんを送りに行き、
今津屋吉右衛門(渡辺いっけい)内儀・お佐紀(北川弘美)
元締・由蔵(近藤正臣)らに報告する磐音とおこん。
おそめ(瓜生美咲)は、2人の事に感づくが、、、
吉右衛門らは、夫婦となるならばと協力を申し出てくれるのだった。

その帰り、事件が起きる。。。
妙な一団に襲われる磐音!!!


敬称略


↑ちょっと、ワザといろいろ盛り込みました。
いつもなら、この半分くらいだけど、第1回なので。



公式HP
http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/kagerou3/


ついに始まりました、第3シリーズである。


サラッと序盤で、磐音のことを表現しながら、
今回は、人物紹介である。

とはいえ、
ほとんどの部分は『江戸のネタ』いや、、正確には『金兵衛長屋』である。

やっぱり、こう言うことですよね。

どこかに絞り込まないと、
物語が散漫となり、オモシロ味が無くなってしまうと言うことを
『第2シリーズ』の経験が、生かされている感じである。


登場人物の紹介をしながら、事件発生!
今回は、サスガに、主人公特権ではあるモノの
“居眠り剣法”健在である。

まぁ、相手が相手だけに、
切り刻んでいるわけじゃないけど、
相手によって“斬りわけ”をするのも、磐音ですから(笑)


ということで、
長屋で発生した詐欺事件は、磐音の活躍と
長屋の人たちの“あたたかさ”により、解決。。そして、見事にフォロー。

まさに“陽炎の辻”の一面を見た物語でしたね。

ネタとしては、万人向けで、インパクトは弱いですが、
初見の人でも、雰囲気だけは伝わった感じでしょう。



最後に登場の今回の敵も、このあとどう関わっていくのか?

そして、次回から始まる柳次郎、お有のことも含め
磐音、おこんのことは、どうなるのか??

と、見どころもキッチリ提示された感じである。



基本的に、磐音の活躍する“舞台”は、いくつか存在する。
その1つが“長屋”である。
これから、このバランスをどうやって保ちながら、
いろいろなネタを展開していくのか?

そこが、今回のシリーズの、一番のポイントになるでしょうね。
だってネタフリが、かなり多いですから!!




そういえば、先週と今週の“プチかげ”が、来週なんだね。。。
僅かであるが、隙間を埋めているようだ。


NHKワンセグ2 プチかげ 陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙~
第2回 第1回






最終更新日  2009年04月17日 18時49分21秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.