19638179 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

シカゴ・メッド2 … New! はまゆう315さん

歴代GT-Rテールラン… New! クルマでEco!さん

令和最初の『紅白』… New! ショコラ425さん

失われた20年? 先進… New! 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「マレフィ… New! BROOKさん

ストッキング>『ス… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

初めての海ほたる 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2009年04月17日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『冤罪』

内容
源太(大倉忠義)が死んだ。
それでも仲間たちの暮らしはいつも通り。

ある日のこと、筆頭同心・坂本(宇梶剛士)に率いられ、
捕り物に参加する小五郎(東山紀之)伝七(福士誠治)たち。
相手は、大店ばかりを狙う大泥棒・石川六右衛門(本田博太郎)
結局、あと少しというところで、取り逃がしてしまう。
その捕り物を見ていた涼次(松岡昌宏)は、
自分の手で捕まえて役人の鼻を明かしてやろうと
お菊(和久井映見)に持ちかけるが、聞こうともしない。

一方、小五郎たち同心は、赴任してきたばかりの南町奉行・矢部忠孝(小林稔侍)
そして筆頭与力西山右近(上杉祥三)吟味方与力・遠野兵衛門(片桐竜次)らに、
町奉行の面目にかけて捕まえるよう厳命されていた。
大店ばかりを狙うため“義賊”という、妙な評判まで立っていたからだ。

そんななか、小五郎は、
財政難のためある藩を御役御免となった長田清兵衛(松村雄基)を、
巾着袋の盗みの疑いで偶然捕まえてしまう。
こう(野際陽子)ふく(中越典子)は、初手柄と大喜び。
白洲で奉行の矢部は情状酌量で無罪放免とし一件落着。
情け深い名奉行の評判はあがるのだった。
そして
長田の妻・さと(渋谷琴乃)は、今のままで良いと清兵衛に。。。。

そのころ、六右衛門が新たな盗みをする。
そしてついに、見張りの小僧を殺してしまう。
だが、西山の元に、六右衛門のアジトを知らせる投げ文。
坂本らが、アジトに乗り込み捕まえたのは、清兵衛だった!!

小五郎は、清兵衛がそんな大それたことをする者ではないということ。
そして、あと一歩で取り逃がすことから、奉行所内に手引きする者の可能性
を考えはじめるのだが。。。。

そして、獄門となった刑場に現れる、本当の六右衛門こと、、為蔵。。。


敬称略




“本当の悪党というのは、あんがい善人面だと言うだろ”


『役人が腐ってるのは昔っからだ
 だから、コレから大掃除しようってんじゃねえかい


この2つのセリフだけで、十分話しが成立する今回のお話。


前回。仕事人をひとり退場させたことで、どうなるかと思いましたが。
やはり、予想どおりというか、、、、

逆に、人数が多すぎていたことを、証明したような感じだ

まぁ前回は、それでも、上手く描けていたけどね。


と言う事で、『同心』がふたりになってしまうと言う
妙な構成の『仕事人グループ』ではありますが、

今回は、それを活かしたと言って良いでしょうね。

敵方が、南町の内部にいるというのもそうであるが
立て続けに発生する事件や、人情モノとしての“お白州”など、

人情モノと、悪意を見事に融合させている。
そして盗賊の物語。。そして、義賊の種明かしと考えれば、

“あんがい善人面”という言葉が示すように、
役人という役割を上手く利用した物語だと言って良いだろう。


結局、1人抜けて、バランスが良くなったと言うこともあり
物語としては、よく描けている状態に“近い”。

ま、そういうことだ。

ホントは、どれだけ出せばいいのか?
出さなくて良いのか?
を今までも考えるべきだったんですけどね



今回だって、本当は、もう少し清兵衛であれこれすべきだったでしょうけどね。
ちょっと、このあたりが、甘い部分でもある



とりあえず、物語の散漫化だけは、防ぐことが出来ているようで



それにしても、ラストは、、、首にヒモの跡。。。。
“道具”を誰かが受け継いだ?
それとも、ライバル?
まさか、生きてる?


最後にもうヒトコト。
今回は、死ぬ人が今までで一番豪華に見えたのは気のせいかな(笑)



これまでの感想
第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話







最終更新日  2009年04月17日 21時58分11秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.