000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

結婚できない男  … New! はまゆう315さん

綾の光✴️通信、秋の… New! 鹿児島UFOさん

ラグビーワールドカ… New! クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ビバ!大阪新生活>… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (10月1… New! BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

長かった一週間 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2009年04月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『知りたい…好奇心という名の罪・アラフォー女刑事、走る!』


内容
特別犯罪対策室のBOSSとなった大澤絵里子(天海祐希)
エリートは名ばかりの、ダメダメのヤツらばかり。
そんななか、
花形(溝端淳平)から犯罪系サイトの書き込みで報告を受ける。
“神”と名乗る人物が、警察発表の前に事件の詳細を描き込んでいるという。
過去にも2件同じような書き込みがあり、
“連続殺人”の可能性を視野に入れ、現場に向かった大澤と、真実(戸田恵梨香)
一方、過去2件の事故として判断された事案。。
科捜研の奈良橋(吉瀬美智子)は自宅での変死を事故と断定。
岩井(ケンドーコバヤシ)山村(温水洋一)もまた、水死を事故と断定する。
そして、、現場では、小野田(塩見三省)の班が調べている中、
真実は、状況から自殺の可能性を示唆する。
殺人という書き込みは、すべて事故なのか??
サイトは、“神”への殺人依頼が舞い込み。。。。。23件、、、、
そんななか、小野田は“神”。。。藤原優(浅利陽介)を逮捕する。
消防無線を傍受するマニアによるものだった。
カラクリは解けたが、、、事件が発生する。
“神”と名乗った男の服装で、2件の殺人事件が発生する。
それは、保護できなかったターゲットにされた人たちだった。
あきらかに、模倣犯的な妄想が具現化した“怪物”の暴走。。。。。

そこで、大澤は、丹波(光石研)屋田(相島一之)に
自分がおとりになり、おびき出すと提案する!


敬称略




ネットに書き込まれた事件の情報
その即時性から『神』と名乗った男。
だが、そこには、カラクリがあった。
事件は解決したかに思われたが、
『神』が現れ。.....



って感じだ。

大澤『ネットにウソを書き込んだすべての人間が、この犯罪を犯した

そんな雰囲気ですね



ただまぁ、小屋爆発をした時点で、
『ドラマ』としては、バレバレで。。。。

う~~ん。

たしかに、1つのオモシロ味にも見えるが、
結局、主人公が前に出たかった。。。。

そう言っちゃうと、元も子もないくらいの展開だ(苦笑)



一応、演出的に、真犯人・井上を見せないようにするなど
一定の緊張感はあるんだけどね
。。。。靴だって.同じ。
ネタフリが見えていますよね。

だから、物語は、作られている。
面白くないわけじゃない。。。


ただ、そんなことよりも気になったのは

この展開に持ち込むために、10分程度“鬼ごっこ”

完全に、引き延ばし作業だよね。。。。

ここまで主人公がくどいほど活躍されちゃうっていうのは、
ホント良かったことなんでしょうかね??
緊張感もキレちゃってるし。。。

途中に表現されていた、片桐のことをもっと前に出せば良かっただけなんじゃ?

前回とは、全く違う“ドラマ”になってしまった感じだ

登場人物の使い方も、ほんと、、、“使っていない”に、等しいし。。。。


前回の雰囲気は、どこに行った???

結局、この程度なのか???


これまでの感想
第1話







最終更新日  2009年04月23日 23時59分57秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.