19437708 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

これは経費で落ちま… New! はまゆう315さん

さあ、ラグビーワー… New! クルマでEco!さん

劇場鑑賞「アド・ア… New! BROOKさん

顛末>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

UFO目撃、米海軍つい… New! 鹿児島UFOさん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2009年04月26日
XML
カテゴリ:映画感想
内容
ある日のこと。。CIA局員オズボーン・コックス(ジョン・マルコビッチ)が、
“酒”が原因で、CIAをクビになった。
どうにもおさまらないオズボーンは、やることがないと言う事もあり
“暴露本”の執筆に取りかかりはじめる。
だが、そのクビの話を聞いた妻・ケイティ(ディルダ・スウィントン)は、
夫に対してはあれこれと言うものの、、、実は、内心ほくそ笑んでいた。
夫婦どおしの付き合いのあるハリー・ファラー(ジョージ・クルーニー)夫妻。
そのハリーとケイティは、不倫関係であったのだ。
ハリーも、童話作家でもあるいけ好かない妻との別れ話があるというし。。。
コレで、晴れて離婚を有利に進め、新たな生活をハリーとはじめることが出来る!
そう思っていたからだった。

そんな彼らが住むワシントンD.C.のフィットネスジムで事件が起きる。
一枚のCD-ROMが、ロッカールームで見つかったのだった。
そのことを同僚のリンダ・リツキ(フランシス・マクドーマンド)に報告をする、
イケメンインストラクターのチャド・フェルドハイマー(ブラッド・ピット)
その内容を見て、ジムの上司テッド(リチャード・ジェンキンス)らと
驚きを隠せないリンダとチャド。
そこには、様々な機密と思われる情報等が書かれてあったからだった!!
リンダが、整形のために金が必要と知るチャドは、
ある計画をリンダに持ちかけるのだった。
CD-ROMをネタにして、相手から大金をせしめる!!
リンダは、その提案に同調し、相手と思われる男に電話をかけるのだが、
全く聞こうとしない、、相手の男。。。。そこで、リンダ達は。。。。。

そんなリンダが、整形を急ぐ理由が他にあった。
出会い系で連邦保安官を名乗るイカした男と出会っていたからだった。。。
どうしても金が欲しいとリンダ達が駆け込んだのは、ロシア大使館!!

敬称略


かなりまとめていますが、4割弱。


“あの”コーエン兄弟の作品である。

元々評判の高い監督であるが、
ただ、どうしても“クセ”があるために、
万人受けするような作品が、あるわけではない。

今回の作品も、その1つである。


正直なところ、どう表現して良いか難しいんですよね。

シチュエーションコメディのようでもあり
クライムサスペンスのようでもある
そんななかにも、ちょっとした風刺も含めたコメディ要素まであるもんだから、

ほんと、、どういえばいいのか困ってしまいます。

一番適当な言葉があるとすれば、
“かなりシュールなコメディ”

ということでしょう。


大笑いではなく、そんなバカな。。。
ホント、バカなヤツらだなぁ。..

と言う感じの笑いが詰めこまれている。
しかし、そこにあるのは“日常”なんですよね。

その“日常”をちょっとした誤解から、別の“日常”へと転換していく。
本来この転換されたあとの“日常”は、“非日常”であるのだが、

そこが、アメリカらしいところの“日常”なのだ。

そんな“日常”を、
“ワケがわからない”と論じて、真面目に考えて“処理”しようとする政府高官。

実は、この部分こそが、最もシュールな部分であり、
オモシロ味のある“オチ”に相当する部分となる。

そう!小ネタは多数紛れているのだが、
物語自体は、特に奇妙なことを描いているわけではないため(笑)
そこを真面目に考えることへの意味を見いだす難しさが存在するのである。

この部分が、かなりオモシロとしての難しさである部分なのだ。


全体として、積み上げられていくそれぞれの気持ち、シチュエーション。
そして、、発生する“誤解”

かなり複雑ではあるのだが、結構テンポも良い感じで進んでいく。

ただ、問題点は、、先ほども書いた“オチ”
どうしても描いているのは“日常”であるために、
その部分に気付くことがないと、
一体、何をやっているのかが、全く理解不能な物語であるのも確かなのである。


難しいですよね。こういうのって。
物語にオモシロ味があるのに、理解は難しい。


本来、オモシロのギャップというのは、こういう部分なんですけどね。
このギャップこそが、オモシロ味の根幹であり
その理解力が、興味や感じ方の差へと繋がっていくのだ。


個人的には、結構楽しめた映画だったのだが、
まぁ、、俳優さん目当てだと、十中八九、面白くないと思います

コーエン兄弟作品として、見に行けば、
結構楽しめる作品ですよね。


ここが、一番難しい部分ですけどね。。。







最終更新日  2009年05月13日 18時30分47秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.