19964677 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

ニューアムステルダ… New! はまゆう315さん

今日の収穫(ブルー… New! BROOKさん

世界が広がる>『ス… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

その2)映画「蘇生2… New! 鹿児島UFOさん

おすすめいくつか 俵のねずみさん

こしがや完熟 いちご… クルマでEco!さん

ONE TEAM YOSHIYU機さん

【スカーレット】第10週ネタハ… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2009年04月29日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『告白…少年の殺意』


内容
智也(嘉数一星)との面会にやって来たさつき(稲森いずみ)
優しく話しかけるのだが、
ウザイ。。と、、すぐに出て行ってしまう智也。
家裁調査官の富田葉子(田中美佐子)は、
“辛抱強く見つめてあげて下さい”と慰めるしかない状態。

そして葉子は、度々、智也と面談を重ねるウチに、
息子・健太(吉川史樹)との話で盛り上がり、、、少しずつ打ち解けていく。
ある日。。葉子の智也のことを知りたいと思う気持ちが伝わったのか、
ついに、事件の日のことを話し始めるのだった。
いつもとは違う道を通っている時に、清貴(佐藤詩音)と出会ったと。。

一方、夫・和彦(山本太郎)とさつきとの間に溝が出来はじめていた。
会社から自宅待機を命じられた和彦は、引っ越し。。。
そんななか、学校に呼び出されたさつきは、今後のことがあると。。。
そして、担任の高橋(金子貴俊)から、
智也がカブトムシのことを研究していたと初めて知る。
そこには、さつきの知らない智也がいた。
“もっともっと智也のことを知らないと

そのころ、“私のせいで”と自分を責め続ける聖子(板谷由夏)
夫・秀昭(佐野史郎)娘・美帆子(川島海荷)らに、
慰められるのだが。。。。。

そんななか実家に帰ったさつきは、
母・敏江(藤田弓子)妹・彩乃(田畑智子)にまで、
被害が及んでいると、知り始める。。。。


敬称略



事件があり。
次に進む。。。。そのとき。
それぞれに、考えなければならないこと。
気付かなければならないこと。

そして、これからのことを、それぞれが考えはじめる。




ということ。。。だ。。。


今回感じたことは2つ。

自分自身に被害がないためか、立ち直りが妙に早いさつき。
落ち込んだままで、何の進展もない聖子


以上の2点である。


家裁の調査官の存在はともかく。
さつきの面倒をばかり見ているような印象があるんですけど。。。

何度も書くようですが、
“両方を描くんですよね???????????”

ホント、バランスが悪いんですけど!!


最も奇妙なのは、
たしか、初回。
警察か、役所の人が、被害者の小沢家訪れ言ってましたよね。

カウンセラーが、どうとかこうとか。

心に傷を負っているのはさつきだけじゃないのに、
このドラマで面倒を見ているのはさつきだけ。

これじゃ、聖子、、、子どもを殺されているのに、、立ち直れません!



いろいろと気付きはじめるさつき。

それは良いですけど。

わたし、、“不公平感”しか、感じていません


もう一度書いておきますが、

“両方”を描きましょう!!!

たとえ、一方を丁寧に描いているのは理解できても、
どうしても、納得出来ません!!

加害者家族は、笑顔になりかけて
被害者家族は、悲しんでいる姿。。。


これで良いの?????


これまでの感想
第2話 第1話






最終更新日  2009年04月29日 23時01分33秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.