19825200 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

群れ猫カレンダー New! クルマでEco!さん

おや?いつの間にか… New! 俵のねずみさん

おとなの土ドラ  … New! はまゆう315さん

『魔人探偵脳嚙ネウ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

劇場鑑賞「ブライト… BROOKさん

合同引退試合 YOSHIYU機さん

とても大事な話「ゲ… 鹿児島UFOさん

制作中です シュージローさん

2009年05月01日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『武士の異常愛』

内容
ある日の夜のこと。唐がらし屋“江すみ屋”のおゆう(井上和香)が
何者かに追われ逃げていた。
そこに南町同心・森岡安之進(山口馬木也)伝七(福士誠治)小五郎(東山紀之)
らが通りかかり、ひと安心。おゆうは、そのまま森岡に送ってもらう。
翌日、、おゆうが、ふたたび妙な男に襲われるところを、
森岡、目明し・聖天の権三(谷口高史)、手下・鮫七(岩佐好益)に助けられる。
それからというもの、おゆうのいるところ、いるところに姿を現す森岡。
おゆうは、その行動に妙なモノを感じ始めるのだった。

そんななか、権三は、お菊(和久井映見)の元に姿を現し、
腕のいい仕立屋を紹介しろと、意味深なことを言い強請ってくるのだった。
しかたなく仕立屋の匳(田中聖)を紹介したお菊。
“白無垢”を依頼されたようだった。
お菊に相談された主水(藤田まこと)も、必要悪だというばかり。。。

そのころ、森岡の行動に言いようのない怖さを感じているおゆうであったが、
母・おかね(烏丸せつこ)は、イイヒトに見そめられたと、、、、、
思い切っておゆうは、心に決めた人がいると言うのだが、
全く聞き入れようとしない森岡。

そして、、事件が起きる。
おゆうが許嫁で幼なじみの徳次郎が、
何者かに殺された。。。。物盗りだと思われたが。。。。


敬称略



しかしまぁ、ほんと、強引に如月入れましたよね。
それに、涼次だって。。。

この『強引さ』が、物語全体の違和感に繋がるのに。。。。

さて、お話の方は、
シリーズ的には、定番の物語なのであるが、

今回は、異常愛を示す同心。。。
それを知らずに喜ぶ母。。悩む娘。。
と、人間関係を描きながら、

その異常性を、同心の行動だけでなく、
その手下達の行動でも、ある意味面白く表現したと言える。

そこにある『必要悪』

主水『ああ言う手合いがいねえと。町方は手がまわらねえんだ』

悪だからこそ、裏の世界にも顔が聞く。

そう言う“世界観”を表現しながら、異常愛まで。。。
シリーズとしてのベタな展開というだけでなく、
時代劇的にも、定番モノ。


ほとんど“私怨”に近い状態で、
“仕事”を依頼するほどのことでもないような気もするのが
最大の問題点ではあるが、



その部分さえ気にしなければ、
物語としては、先日の南町奉行のお話(第12話)よりも

分かり易いお話だったと思います。


権三というキャラが、強敵って言うのも
“仕事”を盛り上げる、オモシロ味になっていますよね。

とりあえず、
今回は、権三vs涼次+匳+お菊

どんだけ強敵なんだよ(笑)

でも、こう言うのも見たいと思っていただけに、
悪くなかったと思いますよ。





ただまぁ、先ほども描いたように
強引に差し込まれる涼次。。。そして、如月。

涼次と匳の因縁作りも兼ねているのでしょうけどね。

なんかほんと、強引だよね
これがなければ、妙な物語の“途切れ”も無くなり
もっと面白く見ることが出来たと思いますけどね。


最後にヒトコト。。
なぜ、花を手向けるのが如月?
確かに、知り合いだったから、、、それは良いけど。
母は?
店を畳むのは良いけど、、、花を手向けて欲しかったモノです。



これまでの感想
第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2009年05月01日 21時55分47秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.