19612815 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

スカーレット  第… New! はまゆう315さん

ラグビーワールドカ… New! クルマでEco!さん

聖徳太子-番外編 そ… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ビバ!大阪新生活>… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (10月1… New! BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

長かった一週間 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2009年05月02日
XML
『ママもカラスもみんな、がんばってる』

内容
ゴールデンウィークに突入しても警戒を怠らないレスキューファイアー。
街を歩いていたタツヤ(久保翔)は、
カラスに石を投げようとしている少年・シンゴに注意する。
ゴミを荒らすカラスが悪いというシンゴだが、
人間がきちんとしないのが一番悪いとタツヤ。
でもなぜカラスはゴミをあさるんだろうと、タツヤは疑問に感じ始めるのだった。

そんななか、あるキャンプ場で火炎魔人カラスエンが出現!
大河隊長(藤重政孝)は、レスキューファイアーに出場を命じる。

現着し着装するタツヤ、ユウマ(川田裕)リツカ(中村優)たち。
すぐに消火活動を開始するのだが、
そこに、サカエンが現れるのだった!
森の中には要救助者。。。。。。
2は、1,3に援護され、要救助者の救出に成功する。
が、、まだ、シンゴくんが残されていると知るのだが、
火炎魔人がシンゴを連れ去ってしまうのだった!!


敬称略




ママが必死になって仕事をする意味を、
少年は、カラス親子の姿を見て気付くというお話だ。


結構、強引な展開ではありますが
お話としては、少年というモノ。。
そして、『現代社会における家族』というモノを、

キレイな流れの中で描いたと思います。


現場での着装の違和感はありますが(苦笑)

こまかい、特撮モノとしてのドタバタや、戦いは、、
定番だし“3がメガホンで子どもカラス”の部分をのぞけば
ベタな内容だ。

ま、、、なぜ、メインだったはずの1がメガホンじゃない?
と言う疑問
は存在しますけどね。。。


そんな中にも今回は、
今までの不満を払拭するような面白かった部分が多数存在した。

・着装後にすぐに周辺の消火活動をはじめたこと。
・サカエン登場後は、13の援護で2が突破し救助活動。
・1がサカエンに対応している間、3は周辺の消火。
・サカエン撃退後、1も周辺消火に加わった。
・火炎魔神へ対応指示する大河隊長。

以上である。


“火災”への対応がメインの物語なのだから、
“消火活動”は、絶対に表現しなければならないこと。

その部分を、今回は、細かく入れた。
それもチームとしての連携を見せるなど、

意外と“真っ当な対応”だったと思います。

単純なことであるが、
いままでは、この“当たり前のこと”を、ほとんどやらなかったんですよね。

だから、どうしても、違和感が存在した。
結局、“火炎魔人と戦ってるだけじゃ?”という。。。

本来は、“超火災”に対応するチームなのだから、
消火活動こそが“本職”なのである。

これこそが、レスキューフォースから受け継がれた“レスキュー魂

戦いは二の次で良いのだ。


細かいことであるが、
今回、やっと、“普通”になった感じである。

勿論、物語としては、“ゴミあさり”を正当化しているという
妙な部分は残っているのですけどね(笑)
それ以外も。。。


今までのお話と比べると、
物語も、チームとしての活動もそれなりに描けていたので、
満足度は高くなった感じである。

まだまだ、始まったばかりなので、
細かい部分に“こだわり”ながら、
物語を描いていって欲しいモノだ。



これまでの感想
第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2009年05月02日 21時34分29秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.