000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ばらかもん Act.115… New! みやさとver.さん

ありがとう第3シリ… New! はまゆう315さん

ビートルズ談義>『… New! ひじゅにさん

New フィット 6月29… New! クルマでEco!さん

春ドラマ視聴率一覧(… ショコラ425さん

細木カズノコ天井 … 鹿児島UFOさん

天才中学生もお好き? YOSHIYU機さん

今日の収穫 (6月… BROOKさん

本を買いました!と… 俵のねずみさん

ニューストピックス

2009年05月10日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『本能寺の変』

内容
魚津城の吉江(山本圭)安部(葛山信吾)に降伏を勧めた兼続(妻夫木聡)
だが、説得及ばず、徹底抗戦に出る覚悟を決めた魚津の兵達。
彼らを残し、景勝(北村一輝)の上杉軍は越後に侵入する織田軍を討つために、
魚津から春日山に引き返すのだった。。。

信長軍に気付かれる前に、奇襲を仕掛け、勝利を得ていく上杉軍であったが、
信濃から入った信長の森長可の軍を、あと一歩でとり逃がしてしまう。
これでは魚津の兵をただ見殺しにしたのと同じと責める兼続。
しかし景勝は、休めと命じるのだった。

そんななか、直江の屋敷に戻ると、与板にいるはずのお船(常盤貴子)がいた。
お船もまた兼続に休むようにといたわる。
それは、2人にとって、初めての夫婦としての時間。
そしてお互いに気持ちを確かめ合う時間でもあった。

2日後。籠城を続ける魚津から密書が届けられる。
信長軍の明智光秀(鶴見辰吾)から、魚津へ密使があったという。
意味深な内容に、兼続は。。。。。。


そして
京・本能寺、信長(吉川晃司)は、光秀の謀反による襲撃を受けていた。
炎に包まれ覚悟を決めた信長の前に、謙信(阿部寛)が現れ。。。。

“天の時、地の利、人の和”


その信長の異変を知らない、上杉、織田両軍。
柴田勝家の攻撃により、魚津では奮戦が続いていた。
だが仕掛けられた総攻撃により、ついに。、、、、魚津城陥落。


敬称略





今回も、てんこ盛りではあるが。

魚津城陥落と本能寺の変

まぁ、そういうことである。



実際のところは、盛り上がりのあるお話で、
絶望感の中、織田軍の異変。。

悔いている兼続や、お船との関係。

いろいろな時の流れを知らないまま発生した悲劇など、

ドラマとしての、オモシロ味はあるんですけどね。

当然、今回だけを見た場合である。



ただまぁ、
吉江に安部って、そんなに目立っていなかったからね(苦笑)

いや、キャラはあったけど、
人間関係がなかったと言うべきでしょう。

吉江はさておき、安部なんて、
本当にもったいないキャラですよね。

ここまでキッチリ描いていれば。。。。。。。あ~~あ。もったいない



何度も書くようだが、
とりあえず、今回だけを見れば、結構面白く見ることは出来ている


当然、“亡霊”の不思議さやある意味亡霊の“某女性”は、無視する。

一応、
人の和の無かった、信長
天の時がなかった、光秀

で、、現在、天の時だけはある、景勝

と、“天地人”にのっとって描いているしね。


ほんと、もったいない。


ちなみに、今回の物語で一番気になったことは、
本能寺でも、魚津でもない。


兼続『そなたにはあってワビを言わねばと。
  そなたの心も確かめずに、直江の婿となったことを。

お船『あなた様は、お家のため
  ただそれだけで夫婦になったのでございますか


そして、てんこ盛り“回想”

もう、ベタベタなドラマが展開されているのですが、
“回想”で展開されている内容が、

あまりにも、お船の偉そうな態度ばかりで、
なんか、、兼続って、年上のお船に脅迫された?

と言う印象を受けてしまったのは、言うまでもない(笑)
いま流行り?の、お船のコンカツだったのかなぁ。。。と


実際、恋バナのようなモノも見えなかったし。。。

お船『もっと偉そうにして下さいませ』
って言うか、、、あんたが、偉そうなんだよ!!



こう言うのもね、“連ドラ”なのだから、、
キッチリ作っていれば、こんな印象にならなかっただろうにと。。。


そういうことである。


まぁ、連ドラだって気にしなければ、
微妙な印象もあるが、楽しめていますけどね。

しかしまぁ、毎回のように
連ドラを意識して作っていれば、、と、思うドラマ。

面白いのに、なんか、盛り上がりに欠けるというか、
サラッと表面的にしか見えないというか、、、

何だろうね。。。

で、ふと思ったのは、今年の後半にある“アレ”

もしも、その事情で、序盤を削ったのだとしたら、
ドラマとしては、このモヤモヤは、ラストまで続くと言う事。

極論を言えば、今回から後の戦いなんて、
関ヶ原にいたるまでは、特に必要のあるようなモノなんて無い。

だったら、そっちを削って、
序盤でドラマを盛り上げるべきだったんですけどね。。。

たとえば、今回。
上田衆なんて、、、良い感じなのに、

なんか、空回りの印象があるのは、
人間関係が描けていないからである。

だって、子供の時の一瞬だけで、
後は、、、、、、、

設定上は親友と分かっていても、
表現上は、親友じゃないもんなぁ。。。。

2度見しても、もったいないという印象しか出てきませんでした。




これまでの感想

第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回






最終更新日  2009年05月10日 20時50分01秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.