20694537 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

今夜も生でちょっと… New! クルマでEco!さん

幸せ>『スカーレッ… New! ひじゅにさん

不要不急の外出はや… New! 俵のねずみさん

『スカーレット』最終回(第… New! ショコラ425さん

​​​​綾の光時通信(… New! 鹿児島UFOさん

コタキ兄弟と四苦八… New! はまゆう315さん

劇場鑑賞「PSYCHO-PA… BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2009年05月15日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『牙むく敵』

内容
吉原会所の四郎兵衛(綿引勝彦)に呼ばれた磐音(山本耕史)は、
元許嫁・奈緒(笛木優子)の身請けをした、
紅花商人の前田屋蔵之助(山本耕史・二役)が、
山形家中ともめていることを聞かされる。

そんななか
佐々木玲圓(榎木孝明)のもとに呼ばれた磐音。
そこには、将軍御側御用取次の速水左近(辰巳拓郎)がいた。
磐音への仕事の依頼。
将軍家治の嫡子であり、お世継ぎで“西の丸”と呼ばれる家基(中村隼人)が、
お忍びで鷹狩りのため、城の外に出るという。
老中・田沼意次のこと、権勢を振るうために
英邁なる家基の暗殺を企てているフシがある。
そのための、護衛をと佐々木道場を訪れていたのだった。
磐音は、将軍の護衛という大役を了承し、
そのことを、おこん(中越典子)だけに告げ、後は任せると旅立つ。

鷹場にて、家基らに合流した磐音。
だが、昼食をとっていた一行の前に、
雑賀泰造(竹内力)の部下、辰見喰助(魔裟斗)ら雑賀衆が現れる!!

そのころ。街を歩いているおこんは、奈緒(笛木優子)と出会っていた。
奈緒の事情も聞かされていたおこんは。。。。


敬称略




今回は、将軍のお世継ぎの護衛というお話である。

ま、ヒトコトで言えばそれだけなのであるが、

そこに、『おこんと奈緒の遭遇』という、
今まで、ありそうでなかった2人の顔合わせである。


そして今回のメイン。

『坂崎磐音、一命を賭して、若様の盾となりまする。』

と、武士としてやらねばならないことを表現しながらも、
若様へ『伝えることを伝える』など、

この手の時代劇のベタ展開だ!!


ネタとしては、面白いことは面白いですよね。
『ウナギ割き』から、人々の暮らしが見えるという、

そんな人生の先輩。。。いや、
ある意味・武家の道から外れた暮らしをする磐音に、
興味津々の次期将軍様である。

この手の物語。。
言ってみれば、上司に対して意見をするというのもまた、時代劇のベタ。
(正確には上司という立場ではないが)

このドラマにとってのネタ不足の一面もあることはあるが、
先ほども書いたように、
磐音が江戸暮らしから見えたモノを伝えるなど、

ドラマの中での磐音の成長が見える部分でもあり、
このドラマの第1シリーズから描いてきたこと、
それだけの経験を積んできたことを、表現したと言って良いだろう。


そんな磐音を見ながらの、

あとは、雑賀衆との対決である。


今回もまた長時間の殺陣で、手裏剣落としなど
カッコイイ磐音を見た感じ。

まぁ、佐々木玲圓も、カッコ良かったけどね!


その一方でネタフリ。磐音からおこんへの信頼を
今まで以上に表現しているのも、

2人の関係を表現するだけでなく、
奈緒の登場も絡めて、次回が楽しみな部分ですよね。

この部分なんて、
第2シリーズの経験が、第3シリーズで活かされているのも
よく分かる部分ですね。



全体として、結構テンポも良く、面白かったと思います。
さすがに、次期将軍というのは、やり過ぎの感もあるんだけどね。


それにしても
磐音。。。いつもながら、メシ食うときは、一心不乱だよね(笑)


これまでの感想
第4回 第3回 第2回 第1回 


NHKワンセグ2 プチかげ 陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙~
第6回 
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回






最終更新日  2009年05月16日 01時04分58秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.