17317770 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

この世界の片隅に … New! はまゆう315さん

「Contrail」 空は… New! クルマでEco!さん

サッポロ一丁>『半… New! ひじゅにさん

AKB48「センチメンタ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

安室奈美恵さん引退… ショコラ425さん

我慢ならない 日本の… 鹿児島UFOさん

何故かコメントの書… みやさとver.さん

マクロに続いての魚… 俵のねずみさん

【限定販売】NARUTO… 簡単支払さん

ニューストピックス

2009年05月16日
XML
カテゴリ:映画感想
内容
教皇が逝去され、“コンクラーベ”が行われることになったヴァチカン。
そして、スイスの巨大研究施設で殺人事件が発生し、“あるもの”が、盗まれた。

そんななか、
アメリカのハーバード大のロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)のもと
ヴァチカン警察が訪れていた。
研究のためヴァチカンの文書の閲覧を求めていたためと思われた、、、違った。
そして、一枚の紙を差し出すのだった。。。そこには“イルミナティ”の文字。
それは100年ほど前にヴァチカンにより潰された秘密結社の名前だった。

ヴァチカンに着いたラングドンであったが、
以前、騒動を起こしていたため、あまりウケが良くない。
しかし、それでもラングドンを呼び出したのには理由があった。
スイス衛兵隊隊長リヒター(ステラン・スカルスガルド)によると、
次期教皇候補だった4人の枢機卿が誘拐され、爆破予告があったという。
すると、近くにいた女性・ヴィットリア・ヴェトラ(アイェレット・ゾラー)が、
後を続ける。。。。スイスの研究所から、“反物質”が盗まれたと。
もしもの場合、数時間後には、ヴァチカンが消滅すると言う事だった。
脅迫の映像では、次々と4人を生け贄にすると言う。。。。。
イルミナティにおける4人の意味に気付いたラングドンは、
前教皇侍従“カメルレンゴ”パトリック・マッケンナ(ユアン・マクレガー)の
同意を得て、イルミナティの謎が書かれているという
ガリレオの文書の謎を解きはじめる!!!



敬称略

↑まあ、、、3割くらい。


先ず書いておきますが、
原作は読んでいませんし、

映画の中の表現が、現実ではあり得ないとか、
宗教が、、偉人がとかいうのは、完全無視します。

そう言うツッコミは、エンターテインメントである映画として考えれば、

“野暮”というものです。



ってことで、

ふたたび、“あの”物議を醸した小説、映画などの第2弾となる作品だ。


あくまでも、印象なのであるが。
前作よりは、冒険モノというか、そう言うのに近い感じかな。

基本的には、
主人公の学術的な調査を絡めた“事件”の解決話である。

イルミナティに関わる4つのサイン。
土、大気、火、水をもとに、主人公の知識などで、
タイムリミットが切られる中、なんとか救出作戦を!!

っていう感じなのだ。
とはいえ、、映画ですので、
4人中3人まで失敗ですけどね。

でも、良い感じのテンポと面白さで、
終盤にさしかかるまでは、ホント面白い感じだったと思います。



ただね。。ヤッパリ、終盤だよね。

その直前までは、良い感じで主人公の知恵などが利用されていたのに
(細かいことを言えば、一部は、利用されていませんが。。。。)
最終局面にさしかかったときの最も重要な局面で、
本来ならば、積み上げてきたネタを利用すべきなのに、

いきなりの“直接的証言”である!!
ハッキリ言って、
主人公の知恵、知識が利用されない程度ならば、まだ良いが
そこまで積んできたモノまで、ほぼ意味が無いという。。。

たしかに“結末”から考えれば、意味が無いのは分かるが、
が、だからと言って、ネタフリ、知識が利用されないのならば

この主人公である必要性が、全くないんですよね
おまけに、、“クロス”も意味無しだ。

あとは、大どんでん返しさえ、薄っぺらく見えてしまうほどの
全く違う映画を観ている雰囲気である。

まぁ、
分からないでもないんですよ。
真犯人が、真犯人だから。
でもなぁ。。。ほんと。。。。

たとえば、分かり易い例を出せば、
“インディ・ジョーンズ”シリーズ。。。
これなんて、最後の最後まで、イロイロを引っ張り、ネタを利用するわけだ。

が、この“天使と悪魔”は、ちがう。

印象としては、
どうしても真犯人を、この人物としたいがために
強引に物語を進めてしまった印象があるのだ。

結局、真犯人の意図が、どこまであったのかも曖昧だし。。。

魅せることは魅せているけど、
再終盤で、どんでん返し以前の展開になったような気がします。


かなり、曖昧に書いていますが、
途中までは結構楽しめるんですけどね(笑)

ほんと、評価に困る終盤でした。







最終更新日  2009年05月16日 16時17分56秒

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


映画感想


ランキング市場

総合ランキング
1位:【送料無料】 安室奈美恵 / namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜 (東京ドーム最終公演+25周年沖縄ライブ+5月東京ドー...
1位:【送料無料】 安室奈美恵 / namie amuro Fi…
最終更新日: 2018/09/18

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.