19612927 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

スカーレット  第… New! はまゆう315さん

ラグビーワールドカ… New! クルマでEco!さん

聖徳太子-番外編 そ… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ビバ!大阪新生活>… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (10月1… New! BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

長かった一週間 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2009年06月06日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『透明人間が仕掛けた連続殺人!!脳トレが暴く透明の謎』

内容
突然倒れた九十九(木村拓哉)
帝王大学病院で、、、小島(杉本哲太)という医師に診てもらうと。
頭の使いすぎで、脳内の糖分不足だということだった。
その病院で、事件が発生する。
外科医の日向信一(品川徹)が備品倉庫で殺された。
駆けつけた丹原刑事(香川照之)と林田刑事(水嶋ヒロ)は、
防犯カメラの映像を見て驚きを隠せなかった。
被害者の日向が入ったあと、、、扉が突然ひらいただけ。。。
悲鳴を聞いた警備員と千原医師(小市慢太郎)が駆けつける5分程度の間。
誰ひとり、出入りがない。。凶器も見つからない。
犯人はまさか、、、“透明人間”なのか??

丹原刑事は、日向と同じ研究室の
千原、和久井雅和(亀梨和也)後藤めぐみ(相武紗季)に聴取するが
心当たりはない。
そんな中、新たな事件が発生する。
被害者は和久井の婚約者・後藤めぐみ。。。襲われて階段を落ちたようだった。
一命は取り留めたが、頭に負った傷のせいで言葉、記憶を失ってしまう。
防犯カメラに、犯人の姿はなく。ふたたび、透明人間なのか??

一方で、千原と業者の男・荒木にまつわる不正の噂。。。
丹原は、2人にターゲットを絞りはじめたとたん、
めぐみの記憶が、言葉と共に戻りはじめる。。。
“ながいかみ、ねずみのものさし、しろいふく、くろいめがね”

そんなとき、ついに科警研の船木淳平(平泉成)が、“透明人間”のナゾを解く!
千原は、日向のことについては認めるが、めぐみのことは知らないという。
そして、防犯カメラを見ていた九十九は、ある事に気付く。


敬称略



九十九『これから先は、僕の推測です
   でも、全てに折り合いのつく唯一の説明です


前回に比べれば、初回に近い雰囲気ですね。

1つの事件で、魅せておきながら、
本当の事件。。。今回のメインの事件の解決へ導いていく。

きっと、1つのパターンなのでしょう。


ただ、シッカリと分析する姿と、考える姿が表現されているため
トリックの単純さよりも、ドラマの分かり易さが目につく感じだ。

探偵モノ、刑事モノとして
主人公の『活躍』を魅せるだけでなく、
視聴者にも、考える余地を与えています。

たしかに、その方が、入り込みやすいし、納得しやすいんですよね。

さすがにラストあたりでは、
あれこれと話をし過ぎる主人公というのはありますが、

今回は、前回とは違い、“敵”がシッカリしているために
くどさが若干緩和されています。

ヤッパリ
セリフのバランスって重要なんだなぁ。。と言う感じですね。


もう一つ、これまでと違って良かったのは
科警研のほかのメンバーが、分析、解析しているのが明確であること。
今回は、、船木、、平泉成さんである。

これまた単純ですけど。
自分の分野と違う分野に、首を突っ込みすぎるというくどさの緩和になっている。

全体として、主人公のキャラで魅せて、ほかのメンバーによるサポート。
それは、、途中に捜査する丹原達の活躍も、そう!!

役割分担がシッカリしているから、
分かり易さと、面白さが両立できているのである。

ま、、カタチになってきたと言う事なのでしょうね。



これまでの感想

第2話 第1話






最終更新日  2009年06月06日 21時01分21秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.