20483446 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

帰ってきました! New! 俵のねずみさん

玉ねぎ>『スカーレ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

テセウスの船  第… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

山水治夫ヤンズさん… New! 鹿児島UFOさん

池江璃花子 松岡修… New! クルマでEco!さん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

【スカーレット】第19週ネタハ… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2009年06月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『愛の兜』


天正14年冬
景勝(北村一輝)は、兼続(妻夫木聡)に上洛しないと告げていた。
亡き御屋形様(阿部寛)が冷たいまなざしで見つめる夢を見たという。
だが、、相手は、関白秀吉(笹野高史)
上洛の約束を反故にするわけにもいかず、
石田三成(小栗旬)からの催促の書状も度々来るようになっていた。
そんななか、お船(常盤貴子)の提案で、生まれ故郷の上田庄を訪ねることに。。
その風景の懐かしさの中、景勝と兼続の2人は、
深沢利重(鈴木正幸)栗林政頼(平泉成)と再会していた。
『上杉の誇りだけは、お捨てになりませぬよう。』
そう告げられたあと、、、2人とお船は、かつて修行した雲洞庵へ向かう。
そして、、、北高全祝(加藤武)との再会。。懐かしき思い出を語り合う。
幼き2人、喜平次(溝口琢矢)と与六(加藤清史郎)であった日のことを。

あるとき。喜平次が、将来の不安を口にしたとき、
『大丈夫じゃ、わしがついておる。
 必ず喜平次様の役に立つ家臣になるつもりじゃ
と、、与六が言ってくれた。。。あの日のことを。

そして、翌朝、景勝は、上洛への覚悟を固めるのであった。
『兼続。ワシはもう、揺るがぬ
 上洛じゃ
 新しい世に、上杉の義がどこまで貫けるかわしには分からぬ
 だが、ワシにはこの生き方しか出来ぬ
 所詮人生は一時の夢じゃ、叶わなければ、それまでじゃ

一方の兼続は、、『義』の道に生きる景勝に触発され、
自分にふさわしい文字を考えはじめる。。。。景勝の『義』の旗印。。。
いったい、自分の心を支えるのは、なんなのか??と。

そして、、1つの文字にたどり着くのだった。。。

『愛』



敬称略




愛の兜や、義の旗印よりも

究極の手段ですよね。
生まれ故郷を訪れ、、視聴者が聞いたこともないような回想を入れ込む。

そのうえ、回想は、夢。。。そのうえ、合成?

もう、、、凄いことをしてくれる『大河ドラマ』である。

あくまでも、ほめています!!!

ホント、驚きましたので!(笑)

でもね、、“普通”ならば、
過去にいろいろあるから“回想”なのであって、
後付けでは、なんと言えば良いのか、困ってしまいます。


ま、、、キレイにまとまっているから、良いけどね。


ということで、、今回のお話。

今回のお話は、秀吉と約束したのに、上洛する決断が出来ずにいる景勝。
そんなとき、、兼続と、、生まれ故郷を訪ねることで、

いろんなコトを思い出し、
気持ちも新たに、、、、上洛を決断!!

ついでに、自分も愛の兜を作っちゃった兼続

そんなお話だ。


サスガに、重厚なドラマというわけではありませんが(苦笑)

回想、、、兼続と景勝の関係だけじゃなく、
謙信とのことを重ねることで、決断させるというのは、

そこに原点があるのだから、悪くないことだと思います。


最後には、カッコイイ感じの景勝だからね。

こういう部分を見ると、“上杉景勝”というのが、見えますよね。
いわゆる、、“殿”であるということである。

重臣とはいえ、、聡明とはいえ、、家臣である兼続とは違う部分。

作られているモノであるとは言え、カリスマ性が見えますから!

キッチリと、
景勝と兼続の主従関係も見えたし。
分かり易くて良いですよね。こういうのって。

難しいモノを見て、頭を悩ませてばかりいるよりも
こう言うのも、絶対に必要不可欠なこと。


ということで。他にも。


仁愛の愛じゃ。
越後の民を愛し、広く大きな心で国を治め
皆の幸せを思い、我が命を燃やす。
わしの力の源は何かと思うたら、その字が浮かんだ
しかしのう、あまり強そうには見えぬ
相手をひるませる、気迫にも欠けておるしの

良いではございませぬか。ぐっときております。
友を安じる心も、夫が妻を妻が夫をいたわる心も
親が子を慈しみ、子が親を思う心も
全てこの愛から始まりますゆえ


目立ちすぎるけど、
意外と内助の功のお船も見えています。

キャラも分かり易く、内容も分かりやすい。
ホント、分かり易くて、良かったんじゃないかと思います。



しかしまぁ、考えれば考えるほどスゴイよね
いまさら回想で、与六、喜平次の人間関係を表現って。。。

本来ならば、序盤でこう言うネタを1つでも多くやっておけば、
それから後の、主人公・兼続と、、殿・景勝の人間関係が、見えて、
もっと、ドラマとして、面白かったんですけどね!!

きっと、良い感じで有名になった子役を使っての、テコ入れなんでしょうけどね。
節操がないと言えば、それまでのお話。。。

ま、、いいけどね、そういうドラマだし。
ある程度、楽しけりゃ!



これまでの感想

第22回 第21回+ 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 







最終更新日  2009年06月07日 20時49分44秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.