19645561 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

シカゴ・メッド2 … New! はまゆう315さん

LIVE TOUR 2019 “キ… New! クルマでEco!さん

劇場鑑賞「フッド:… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

来年の鳴尾浜にワク… New! YOSHIYU機さん

【スカーレット】第4… New! ショコラ425さん

いろいろの巻 New! 俵のねずみさん

引き抜き>『スカー… ひじゅにさん

失われた20年? 先進… 鹿児島UFOさん

制作中です シュージローさん

2009年06月10日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『母と母、衝撃の対面』


内容
第二回審判、結審に先立ち
被害者・清貴(佐藤詩音)の母・聖子(板谷由夏)からの手紙が、
葉子(田中美佐子)から、
智也(嘉数一星)さつき(稲森いずみ)和彦(山本太郎)へ読み上げられる。

“明るさゆえに清貴は遠慮もなく、
 思ったことを口に出してしまったのかもしれません。
 その結果、あなたを傷つけてしまって、ごめんなさい。
 けれども、あなたが見た清貴だけが、
 清貴の全てではないと言う事を分かって下さい。
 未来を失ってしまった清貴に代わって、貴方は心から愛し合える人と出会い
 あたたかい家庭を築いて下さい。
 あなたが愛する人との子どもを授かったとき
 その時、はじめて、あなたはあなたのしたことが、
 どんなコトだったのか知る事になるでしょう。”

そして、智也は、児童自立支援施設へ送致されることが決定される。

“お母さんの悪口を言われてカッとなったとしても
 幼い清貴くんの命を奪うという結果は、きわめて重いモノです。
 然るべき専門のスタッフと共に更生の道を歩んでもらうのが
 最善であるとの結論に達しました。”


その一方で、聖子が手紙を書いたことに、戸惑う秀昭(佐野史郎)

“キヨタンは、どんなに酷いことを言ったとしても
 悪気はなかったんだから。
 その事を犯人の子に知って欲しくて、
 知った上で、どんなに重い罪を犯したのか、感じて欲しかったの。
 そうじゃなきゃ、キヨタンがかわいそうじゃない
 でも、許したわけじゃない。
 許せるわけがない”

母・聖子の気持ちは、、娘・美帆子(川島海荷)にも理解できた。。
審判の記録だけでは、、キヨタンは、悪者になってしまう!!と。


その後、智也が、施設へ送致され、
それぞれが、新しい道を歩み始める。。。。。。

さつきにとって、聖子からの手紙を“道しるべ”として
そして葉子の言葉だけが、支えとなっていく。。

“きっと分かるときが来る
 お母さんのぬくもりで、未来の自分を考えられるようになるはずです。
 自分の犯した罪が、どんなモノだったかも。
 この先も避けては通れない険しい道は続きます
 頑張って下さいね


同じ頃、、悩み続けた秀昭は、家裁の葉子の元を訪ねていた。。

葉子“親である立場に違いがあるとお思いですか
  子どものために、生きていこうとしている母親。
  その親としての思いに、違いがあるとお思いですか

秀昭“もっと相手がイヤなヤツだったら良かったんだ。
  記録を読めば読むほど、どこにでもいる普通の家族。
  そんな人間を相手に、この気持ちをどうぶつけたら良いんですか
  私はあなたのように、出来た人間じゃない
  妻は分かると言いました。同じ子をもつ母親として。
  私は、その気持ちは分かりたくないんです。
  清貴が殺されたという現実がある以上
  この先も私たちの苦しみは、ずっと続きます
  全てを忘れるか、
  清貴が殺された悔しさを胸に憎しみを抱え続けて生きていくか
  それ以外、方法はないんです
  そしてこの家族を守ることが、私の役目なんだ。


敬称略
セリフは一部省略してあります。



↑もう、面倒なんですモードである。


内容は、既定路線“キレイ事”なので置いておくとして。
って言うか、

細かく書くほどのないようでもないし。


どうやら
菊池、小泉刑事を登場させて語らせたり。。。。して、
そのうえ、、秀昭にも語らせて、

加害者、被害者、、、両方が“普通”であることを、
強調する作業をしているようです



誰にでも、起こるかもしれない。
どこにでも、起こるかもしれない。

その事を強調して、“美しく”まとめようとしているようだ



ま、、それは、それでいいけどね。

どう見ても、その路線にしか進まないような、
加害者擁護の内容だったし。
加害者家族が苦しんでいる内容も、“なぜ、息子が?”というだけで、
後半まで、それ以上じゃない状態だったし。

逆に、被害者の悪を強調していたとも見える感じだったのも、
イヤな雰囲気にさせていたのも事実ですし。

どこかに落としどころをつけるためには、
“普通”が一番、分かり易く、まとめやすい部分であるのも確かなこと。

だから、まぁ、ドラマだし。
これはこれで良いんだけど。。。。。。

丁寧。。と言えば、丁寧に描いているし

で。

まだ、続くんですか???
内容がどうかよりも、この事の方が、一番の驚きです

もう、、ラストの対面で、なんとなく最終回で良かったんじゃ??


これまでの感想

第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2009年06月10日 22時56分42秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.