19451656 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

それぞれの断崖  … New! はまゆう315さん

パーソナルモビリテ… New! クルマでEco!さん

ネタバレ【なつぞら】最… New! ショコラ425さん

家政婦>『なつぞら… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「HELLO WOR… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

千葉県の台風災害へ… 鹿児島UFOさん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2009年06月20日
XML
カテゴリ:映画感想
内容
トランスフォーマーたちと人類の接触から2年。
メガトロンを深海に封印することで一定の決着をつけた戦いは、まだ続いていた。
セクター7は解体されると同時に、オートボットと結ばれた同盟。
人類とオートボットはディセプティコン掃討を行う部隊“ネスト”を設立した。

そんな、掃討作戦が、世界中で続く中、事件が発生する。
メガトロンを倒したキューブの破片を秘密裏に保管する基地が、
ディセプティコンの襲撃を受け、奪われてしまったのだった。
そして、、、、破片により、メガトロンは復活を遂げる!

一方、大学生となり、日常に戻りはじめたサム(シャイア・ラブーフ)は、
ひとり暮らしの準備を進める中、
あの事件出来ていたパーカーに“破片”が付着していたことに驚く。
破片を手にしようとした瞬間、謎の文字が頭の中に流れ込んでくるサム。
そして、手からこぼれ落ちた破片が次々とトランスフォーマーを生み出していき、
家の中は、大パニック!!!
おもわず“相棒”である護衛役のバンブルビーを呼んだために
家が大破してしまうのだった。
何か妙なものを感じたサムは、
破片をケースに入れ恋人のミカエル(ミーガン・フォックス)に保管を依頼し、
大学へと旅立っていく。

そのころ、メガトロンは、スタースクリームと合流し
ディセプティコンの“主”である“ザ・フォールン”と接触。
ディセプティコン復活、ザ・フォールン復活のため、地球へとふたたび降下。
復活の情報を持つ“サム”の捜索を開始する!!

同じ頃、ネストでは事件が発生していた。
ディセプティコンの暗躍は、オートボットの存在そのものにあるのでは?
と言う疑惑が持たれたためだった。。。。。。


敬称略



2年ほど前の映画の“続編”である。
ま、、続編であるため、登場人物の説明は割愛。

そういう状態ですが、
前作よりは、お話が飛んでいるように見えず、
目的が絞り込まれているために、分かり易くなっている感じですね。


とはいえ、
この手の映画が好きでないと、
何をやっているのか、サッパリわからない感じであるのも確かでしょう。

ただ、細かいことを気にせずに、、、
例えば、本来同じ種族のハズなのに、なぜ一方だけが求めるのか?

そんなコトを気にせずに、
単純にアクション映画としてみれば、
前作以上に、キッチリとオートボットvsディセプティコンが描かれているため、
結構オモシロ味のある映画には仕上がっています。


が、どうも、よく分からない点があるのは。
前作とは違い、オートボットに“個性”“キャラ”を感じにくいこと。
逆に、ディセプティコンには“個性”“キャラ”満載である。

バンブルビーとスタースクリームなんて、
最も“差”が見える部分ですね。

ディセプティコンには、“意志”が見えるため、
自分たちの目的のためにいろいろ行っている印象があるのですが、

オートボットなんて、、“人類”から指示される部分も多々あり
それも、“参謀格”まで!!
なんか、、、人類の“アイテム”“道具”に落ちぶれてしまっています。
高度な知性を持つ機械生命体であるトランスフォーマー。
オートボットの彼らにも“個”が当然ながらあるのである
なのに。。。。。

主人公は、サムなのだから。。といえば、それまでになるが。
彼らの意志と、サムの意志が1つになってこその
物語の本筋の1つだと思うんですけどね。

もちろん、もう一方の本筋である、ディセプティコンの目的は
過去のことも交えながら、キッチリ表現されているわけなのであるが、
“過去”は、“ジイサン”をのぞけば、知り得た感じでもないし。。。

どうも、お話がねぇ。。。。。

見どころ満載で、決して面白くないわけじゃありません。
主人公がキッチリ動いているし、物語に放り込まれていく姿は面白い。
アクションも悪くないし。。
ピラミッド部分なんて、圧巻ですし、、、
デバステーターなんて。。。。。


ただ、もうちょっと、お話とオートボットの個性が見たかったものです。
“双子”だけだと、飽きちゃいますし。







最終更新日  2009年07月14日 22時02分09秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.