19053366 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

綾の光時通信、、、… New! 鹿児島UFOさん

日曜日>『なつぞら… New! ひじゅにさん

仮面同窓会  第6… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2009年06月21日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史!
 吉展ちゃん誘拐、三億円事件、
 伝説の取調室10日アリバイの壁3000キロの捜査!!
 感動の完結編』

内容
1963.3.31“吉展ちゃん誘拐事件”
小原保(萩原聖人)のアリバイ崩しのため、
福島に向かった平塚(渡辺謙)と石崎(高橋克実)
到着早々、本庁の指示で、山の掘り返し。
全く無意味な時間を過ごしてしまう。
そして、翌日。
誘拐した日に足の不自由な男を見たという佐藤カツヨ(大森暁美)に、聴取。
どうやら前日に親戚の佐藤吉蔵(菅原大吉)から、
怪しげな男の話を聞かされていたよう。
駐在(松沢一之)に報告していたと言う事で、記録を調べると。
犯行日ではなかった。。。。
そして、脅迫電話の日に見たという吉蔵の母・キミ(佐々木すみ江)
だがよくよく調べてみると。見たと言われる日は、違った。
本庁の担当刑事達が行っていたアリバイの“裏取り捜査”は、穴だらけ。。
そして、小原の実家へ。
兄嫁・房子の話から、ついに、アリバイの嘘に気付く。
完全にアリバイはなくなったことを、
槙原刑事部長(宅麻伸)尾藤課長代理(大杉漣)に報告する平塚達。
が。。。逆に、東京にいたという確固たる証拠がないと言い始める。
別件逮捕だと人権団体が騒ぎはじめ、勾留できる時間が10日だけ。。。
様々な情報を頭にたたき込み、
身代金。それとほぼ同額の、知り合いへの金を渡していることを
糸口にしての聴取を開始する。
その一方で、それまで調べていた刑事達との軋轢回避のために、
草間毅彦刑事(山本耕史)をつけられるのだった。

だが、いくら取り調べても、何も言わない。
話し始めたと思ったら、明らかに準備したセリフを並び立てた。
そんななか、元々捜査していた鈴原太一(山田明郷)和田勝義(六平直政)
が、、金が、何か妙なことをいっていたことをつかんで来るが、かわしていく。
あと2日になり、平塚はついに口火を切るが、、落ちない小原
そして、取り調べ最終日。
“詳細なアリバイ”を崩しにかかる、平塚と石崎。
動揺する小原。。。
追い詰めかけた矢先、津山課長(平泉成)が現れ取り調べは終了してしまう。

開かれた捜査会議。
平田茂光参事官()から、これ以上は無理と告げられる。
そして、最後の手段として、FBIに声紋鑑定を依頼することになったと。
その“声”を取るための、雑談で、
小原はつい、、“良いことをしたことがある。火事をみた”と。
それは小原が、自らアリバイを崩すだけでなく、東京にいた証拠であった。

ついに、小原は落ち。。。。遺体は見つかった。


あらためて、小原の取り調べが進む中、1本の電話。
“相棒”の石崎が、入院した。末期ガン。。。

事件関係者に贈られた警視総監からの功績賞
それは、半年後亡くなることになる石崎の生きた証であった。


1968.12.10“三億円強奪事件”
帳場が立って5ヶ月。本部に呼ばれた平塚。
尾藤の話では、完全に行き詰まっていると言う事だった。

捜査会議でモンタージュ写真を含め、疑問を呈する平塚。
モンタージュ写真が、逆に捜査の足を引っ張っていると指摘する
が、
水原洋平(野村宏伸)真下秀樹(相島一之)佐藤圭作(長谷川朝晴)
そして草間らは、もう反論し、対立していく。
平塚は、1人で捜査するしかなかった。
月日が経つにつれ、縮小していく捜査本部。
相棒は、西脇忠一(デビット伊東)との二人三脚状態。
そして、事件から4年後には指揮を執るようになったが、
初めは200人以上いた捜査員も、すでに20人を切る状態。
それでも、捜査を続けたが。。。
ついに、時効9か月前に、職を辞した。。。洗い直してくれと。


敬称略


ということで、前後編に別れた後編。

今回のお話は、8割方、誘拐事件。

あとは、オマケ、、かな。


とりあえず。
良い感じで奇跡を演出し、そこに俳優さん達の演技!!

若干、引き延ばしのようにも見えたが、

なかなか、良い感じの展開だったと思います。

ま、、1時間で十分だったかな(笑)


合計で、4時間半ではなくて、3時間程度ですね。

オモシロ味はあったので、
満足感はあったドラマだと思います。


それほど、前夜の印象と変わりませんが
登場人物が苦労をして、そこに何かを見つけるというのは、
ドラマでは、ベタな展開。

分かり易く、奇をてらわず、
時代が昔と言うだけでなく、昔の刑事モノを見ている感じで

面白かったと思います。



ただね、
前回、書かなかったことを、どうしてもヒトコト。

今回のネタって、
他局ですが、ちょうど半年前に、やっているんですよね。
特に“三億円”に絞り込んで!!

主人公は、中村梅雀さん。。。その時は、別の刑事ですが、山本耕史さんまで!
他にも多数。。。。。

ドキュメンタリータッチで描かれていたので、
全く違うと言えば、それまでなのですが、

なんかねぇ。。。。。。

ま、いいけどね。



でも、今回を見てヒトコト。

こういった、昔ながらの刑事モノって言うのは、
今の2時間サスペンスなどにもなく、良い感じの雰囲気ですよね。

こういった作品を、もっと見たいものです。
かなり、地味になってしまうのでしょうけど。。。

っていうか、一番近いのは、そろそろ放送される、NHKのヤツかな。。



刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史 第1部(2009.06.20放送)
感想






最終更新日  2009年06月23日 17時59分47秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.