19443939 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

劇場鑑賞「HELLO WOR… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

家に帰ると妻が必ず… New! はまゆう315さん

カミナリ&レッドガ… New! クルマでEco!さん

千葉県の台風災害へ… New! 鹿児島UFOさん

顛末>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2009年06月27日
XML
『学園はオレがまもる 笑顔の向こう側』

内容
タマちゃん(中村静香)とリツカ(中村優)がお食事をしていると、
タツヤ(久保翔)が女性といるのを目撃してしまう!!
まさか“タツヤに彼女?”
だが、Qスケから、タツヤが児童養護施設“ひまわり学園”で育ち、
女性は、ミエ先生(太田美恵)だと聞かされるふたり。

そのころ、情報管理センターがジャカエンの襲撃を受けていた。
ユウマ(川田祐)はひとり、ジャカエンと闘っていた。。。。。
なんとか撃退に成功したものの、
ジャカエンの目的がタツヤの個人情報であったと判明!!

狙いは“ひまわり学園”
学園を破壊し、焼き尽くそうとするウカエンの策略だった!!
ウカエンは、近くのオモチャを手に取り
火炎魔人“ロボットエン”を作り。。。。。。。。。


敬称略



今回良いですね。

タツヤが最も触れては欲しくない部分を破壊するという
ウカエンの悪意もキッチリ表現されているし

今まで以上にタツヤの気合いが目に見えてくるというものです。


ロボットエンの炎を胸で受け止めるという、、、
とんでもないことを、していますが、

気持ちは、ガンガン伝わってくるというものです。


そのうえ

隊長“この魔人だけは絶対に逃がすな!”

単純ですが、この言葉だけで、、、

タツヤ“こいつだけは~~~~~~~~~”

の気持ちに繋がりますよね。



やはり、気持ちが描かれていると、物語というのは面白くなるモノで、
たとえ“定番”であっても、納得出来ます。


にしても、
ロボットエン。。。。。
いくら何でも、気合い入りすぎ!!!(笑)


まぁ、、
レスキューファイアー側の合体メカが“アレ”ですので。。。。。

スタッフの
気合いを入れたい気持ちはよく分かります!!!!



最後までキッチリ、
みんなの頑張りと、笑顔の再建。


こういう物語が見たかったです!!!!

って言うのが正直なところですね。


戦いを魅せ、敵の悪意を見せ、
そして、主人公の思いを見せる!

最後は、明るく締めて。。。。

まさに、特撮ものの王道と言って良いお話でした。




次回、ついに追加メンバーですか!!


これまでの感想
第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2009年06月27日 17時44分00秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.