19074606 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

警視庁ゼロ係 第1話 New! はまゆう315さん

究極のMYO(マヨネー… New! クルマでEco!さん

愛という名の欲望>… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「チャイル… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2009年06月30日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『連続殺人事件の鍵は東京の歴史にあり!』

内容
東城大学教授・葛城伊織(沢村一樹)は都知事の桐生大樹(西村雅彦)に頼まれ、
東京万博開催を応援する講演をした。

そんななか、警視庁捜査一課の羽柴美鈴(国仲涼子)と雨宮健明(池内博之)が、
事件についての捜査協力を依頼してくる。
4件も発生した“バラバラ殺人事件”
現場に残された“梵字”。。。。その意味を教えて欲しいと言う事だった。
事件の日付を聞いた葛城は、“今日、事件が発生する”と予言。
葛城の助手・森園守(市川知宏)も、同意見だった。
その通り、、5件目の事件が発生した。
現場には、“梵字”が存在した。
そして、、明日、明後日も事件が発生する可能性があると指摘する。
残されていた“平将門”の絵馬に何か関係があるかもと。。
そのうえ、万博の招致メンバーに名前があると言い、、
犯人のターゲットは、都知事かもと。。。意味深な発言!

その説を、美鈴が管理官の藤崎操(三浦理恵子)にするが、聞こうともしない。
理事官の日下部(鶴見辰吾)とともに、、、、、

が、美鈴の不安は的中する。。
桐生都知事の監禁映像と脅迫文が届いたのだった。
招致を中止しなければ、殺すと。。。

捜査から外された美鈴であったが、雨宮の協力を得て多くの情報を得る。
その事で、再び葛城に相談に向かうと。。。
偶然、知事を脅迫していた冴木龍一(鈴木一真)の関与が判明する。
美鈴は、単独で、冴木にもとに向かい、葛城と共に逮捕。
が、、、葛城は、冴木が犯人ではないと指摘する。
そして第6の犯行現場を特定する葛城。。
平将門。。。北斗七星。。。

しかし、、、犯行は行われた。
そんなとき、葛城は、、6人の被害者のウチ、身元不明の人物を特定。
全員が“将門会”、、、、
そして、、真犯人が、誰かを割り出すのだった。
15年前に発生した殺人事件。。。。
その一方で、次は自分だと、桐生都知事の部下の嘉山(中丸新将)が現れ、、


敬称略



IQ250の天才民俗学者が、女性刑事と一緒に
連続殺人事件を解決!!!


というお話だ。

ま、、
どこかで、聞いたような感じのお話ですが、
それは、、どうだっていいだろう

今回は、
一応、、、平将門、、、とか。北斗七星。。。とか

いろいろ、絡ませている。
もちろんそこに、“家紋”も含めて、いろいろと。。。


である。


ただこれ。。。事件自体に、、、ほとんど関係ないんだよね。。。
関係あると言えば、あるんだけど。

特に、それでなくても十分成立するお話で(苦笑)

そこがね。

どうも、モヤモヤとしたモノが残る部分。


事件ものとして、
オモシロ味のある“要素”は、散りばめられているし
沢村一樹さん、、国仲涼子さんも、、良い感じなんだよね。


でも、沢村さんのキャラだけでなく
もう少し“知識”を利用しているような印象を持った、、“解読”でなければ、

主人公の“聡明さ”さえ、、、中途半端気味である。

ホント、おしいんだよね。。。

一部では利用しているのに。。。。。

事件に密接していなければ、それは刑事が自分で調べても良いワケだ。
いや、刑事自身が、そういう学部の出身者だって。。。。
だって、予告はしても、結局防げない時点で、
そこさえ、意味が無いわけである。

もうちょっと、“要素”と“事件”がリンクしていればなぁ。。。。
悪くない感じなのに、物足りなさもあります。


何度も書くようだが、、ほんと、おしい。。。。


でもこれ、、もしも連ドラなら、
1時間という時間制限があるから、
違った雰囲気になるのでしょうけどね。。。







最終更新日  2009年07月01日 00時13分06秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.